MENU

キジハタ用ベイトロッドおすすめ12選!長さや硬さを解説!

ベイトタックルでキジハタを狙う、ハードロックフィッシュゲームが人気です。

パワーのあるベイトロッドを使うことで、ヒキの強いキジハタとのファイトを気軽に楽しめます。

とはいえ、キジハタ狙いのベイトロッドは、どのようなモデルが適しているのでしょうか。

今回はアコウの別名で知られる高級魚キジハタに適した、おすすめのベイトロッドを紹介いたします。

また商品選びの予備知識として、最適な長さや硬さを覚えておいてください。

タップできる目次

キジハタ釣りで使うベイトロッドの特徴

キジハタは掛かった後の強烈なヒキで知られる、ハードロックフィッシュゲームの人気ターゲットです。

そのため使用するベイトロッドは、どれもブランクスにパワーを備えており、一気に引き上げる力を持っています。

また足元を重点的に狙うのに適しており、手返しの良さはベイトロッドの特徴と言えるでしょう。

キャスティング性能はスピニングタックルに劣るものの、近年は遠投可能なモデルも次々とリリースされています。

船から陸っぱりまで、フィールドの幅が広いのもベイトロッドならではです。

キジハタ釣りでベイトロッドを使うメリット・デメリット

ベイトロッドは、キジハタゲームにどのようなメリットをもたらしてくれるのでしょうか。

メリットとデメリットをまとめました。

メリット

ベイトロッドは片手でもクラッチ操作が可能で、キャストとジャークを繰り返すキジハタゲームを効率良くこなせます。

手返しが良ければキャスト回数が増えて、キジハタと遭遇する確率を上げることが可能です。

スピニングタックルよりも巻き取る力が強いのは、ベイトタックルを使う大きなメリットでしょう。

根ズレに強いフロロカーボンの太糸が使えるので、根が荒い釣り場で効果を発揮します。

デメリット

ベイトロッドは強くてパワーゲームに適している反面、自重もそれなりに重く長時間キャストし続けると疲れやすくなります。

また避けて通れないのがバックラッシュで、キャストにコツを要するのが初心者にとって大きなデメリットの一つです。

最近はベイトリールの改良などで、ずいぶんとバックラッシュが少なくなっていきました。

それでもバックラッシュは、ベイトタックルに起きやすいので注意したいですね。

キジハタ用ベイトロッドの選び方

長さ

キジハタ狙いのベイトロッドは、船から磯までフィールドの幅が広いのが特徴です。

そのためロッドの長さも幅広く、船では6~7ftクラス、陸っぱりなら7~8ftクラスが適しています。

長さの違いによる使い心地は人それぞれなので、レベルやフィーリングに合わせて最適な長さのモデルを選んでください。

ただし船では、長すぎるロッドは使いにくくなるので注意が必要です。

硬さ

キジハタには、硬くて張りのあるベイトロッドが適しています。

一般的にはM~Hクラスの硬さを使いますが、初めての方はリグの重さに合わせて硬さを選んでみてください。

30g程度の重めのリグであれば、MH~Hクラスの硬めのベイトロッドが必要です。

逆に10g程度の軽いリグを使う時は、適度な硬さにセッティングされたMクラスのベイトロッドを使います。

リグの重さは狙うキジハタのサイズにも比例しますので、それによって硬さを変えるのも一つの手ですね。

重さ

スピニングロッドに比べてパワーがある分、自重が重くなるのがベイトロッドの宿命です。

そのため釣行中の疲れを極力少なくするためには、少しでも軽いベイトロッドが欠かせません。

軽さはタックル全体で考えるので、ベイトリールとのバランスを考慮することが大切です。

軽量モデルは価格が高くなりがちですが、予算と相談しながら最適なベイトロッドを選んでください。

安いキジハタ用ベイトロッドおすすめ4選

【ダイワ】ハードロックX(86MHB)

強力なバットパワーで、大型サイズのキジハタ狙いに適したベイトキャスティングモデルです。

パワーモデルでありながら、操作性に優れた細やかなセッティングが初心者に適しています。

上位機種と同じブレーディングXを搭載し、ネジレに強くキジハタのヒキにも決して負けません。

堤防や磯に気軽に使え、初めてのロックフィッシュロッドとしておすすめです。

【シマノ】ハードロッカーBB(B76M)

キジハタ用ベイトロッドのスタンダードモデルで、初めての一本としてもおすすめです。

基本性能が高いため様々な釣り場で使用できますが、特に堤防での使用に適してします。

ベイトタックルのメリットを活かして、テトラの際をピンポイントで狙ってみるのも良いでしょう。

Mパワーですが、実際にはもっとパワーがあるかのような強靭なブランクスが魅力です。

【メジャークラフト】トリプルクロス ハードロック(TCX-762M/B)

ベイトタックルの特徴を生かして、近距離エリアの根付近に潜むキジハタを狙うのに適したモデルです。

7.6ftはショアから船まで釣り場を選ばず、持ち前のフッキングパワーでターゲットを攻略できます。

4軸カーボンとカーボンテープで締め付けたブランクスは強靭で、タフな場面での高耐久性を実現しました。

安くても高スペックで人気のベイトロッドです。

【テイルウォーク】ノーザンロックVⅡ(C72MH)

堤防やボートなど、フィールドを選ばず良型のキジハタを狙えるローコストなベイトロッドです。

一般的なテキサスリグだけでなくハード系ルアーにも対応し、スイミングでバイトチャンスを作り出せます。

パワーのあるブランクスは、同時にスリムと軽量化も実現しました。

ロックフィッシュ全般を狙えるベイトロッドとして、初心者におすすめです。

コスパが良く人気なキジハタ用ベイトロッドおすすめ4選

【ダイワ】HRF(76MHB)

ベイトキジハタゲームのスタンダード仕様で、漁港や堤防だけでなくボートにも対応するレングスです。

硬めのブランクスはバットパワーがあり、トルクフルなファイトを思う存分に楽しめます。

根に潜ろうとするキジハタを一気に引き上げ、決してアドバンテージを渡しません。

上位機種譲りの性能で、コスパに優れたベイトロッドです。

【ダイワ】HRF AIR(83MB)

軽さと高い操作性を両立し、上級者も納得するスペックを備えたベイトロッドです。

バランスが取れたセッティングで汎用性が高く、8.3ftレングスは釣り場や魚種さえも選びません。

小さなアタリを取る感度に優れ、掛かったキジハタを瞬く間に引き寄せるパワーを持っています。

レベルを問わず使え、高いパフォーマンスを誇るモデルです。

【アブガルシア】ソルティーステージKR-Xキジハタ(SXKC-682MH-KR)

張りの強いティップで、リフト&フォールなどで足元を探る釣りに適したベイトロッドです。

6.8ftのショートレングスはリグを動かすための操作性が良く、初心者が初めてのベイトロッドとして使っても違和感がありません。

またMHパワーの強靭なバットが、一瞬でキジハタを根から剥がして浮かせてくれます。

高性能でコスパに優れた、期待のキジハタ専用モデルです。

【ゼスタ】ブラックスター ロック ロッキンボートハンター(B611MH)

ボートでのキジハタゲームに特化した6.1ftモデルで、キャスト時のライントラブルが少ないベイトロッドです。

強靭なバットパワーによる強引なかけひきとともに、スイミングによるバイトを感知するしなやかさを兼ね備えています。

足元を泳ぐキジハタが根に潜る隙を与えず、大型サイズも苦にならない性能を実現しました。

軽快な操作性は、初心者でも使えそうですね。

ハイエンドな高級キジハタ用ベイトロッドおすすめ4選

【ダイワ】HRF AGS(910H/XHB)

荒磯から大型サイズのキジハタを狙うための一本で、XHクラスの圧倒的パワーが魅力です。

また9.1ftのロングレングスが遠投を可能にし、岩礁や障害物も全く苦にしません。

軽さと感度を最上級へと引き上げるAGSを搭載し、性能はプロがトーナメントで使うほど優れています。

ハイエンドとしての実力と人気を誇る、高機能なベイトロッドです。

【シマノ】ハードロッカーエクスチューン(B76H+)

キジハタとのパワー勝負に最適な一本で、トップクラスの人気と実力を誇るハイエンドロッドです。

ベイトタックルならではの圧倒的なパワーにより、掛かった魚を根に潜らせません。

そればかりか一気に引き上げるゴリ巻き力は、ロックフィッシュロッド随一の性能と言えます。

高強度なブランクスと独自のリールシートで、モンスター級に対しても安心です。

【ヤマガブランクス】バリスティック ベイトNANO(103MH)

キジハタなどのロックフィッシュからシーバスや小型青物まで狙える、汎用性の高いハイエンドモデルです。

10ftのロングレングスは磯での使用に最適で、キジハタとのパワーゲームを楽しめます。

MAX45gまでのルアーに適合し、重めのリグをピンポイントでキャストできる性能を実現しました。

荒磯でパワーが必要な時に役立つベイトロッドです。

【テンリュウ】ロックアイヴォルテックス(RV85B-HH)

遠投に適した8.5ftレングスで、タフなコンディションでもパワーを生かしてゲームを組み立てるハイエンドモデルです。

ヒキの強いキジハタに、有無を言わさずゴリ巻きで釣り上げます。

また長めのロッドは根をかわして誘えるため、根がかり等のトラブルが起きません。

強力なバットパワーで、大型サイズのキジハタ狙いに最適です。

まとめ

キジハタに適したベイトロッドは品揃えが豊富で、予算に合ったモデル選びが可能です。

まずは長さや硬さ、ロッドの重さを考え、ご自身に最適な一本を見つけましょう。

お気に入りのロッドで、ヒキの強いキジハタとのファイトを楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる