MENU

キジハタ用リールおすすめ12選!番手の選び方を紹介!(スピニング編)

キジハタは初夏に旬を迎える、ルアーフィッシングの人気ターゲットです。

陸っぱりからロングキャストして広範囲を探るなら、スピニングタックルが適しています。

中でもリール選びがとても重要なポイントで、キジハタのサイズに合うスピニングリールが欠かせません。

そこで今回は、アコウの名で知られる高級魚キジハタに適したスピニングリールのおすすめを紹介します。

最適な番手も解説しますので、リール選びの参考にしてください。

タップできる目次

キジハタ釣りで使うスピニングリールの特徴

ヒキがとても強いキジハタに適したスピニングリールは、耐久性や剛性が高いモデルが好まれています。

近年は安いスピニングリールであっても上位機種譲りのスペックが多く、耐久性や剛性は決して侮れません。

またドラグを締めてのゴリ巻きで釣り上げるため、ドラグ力が高いのもキジハタ用リールの特徴です。

さらには根に潜られてラインブレイクの可能性があるため、PE0.6~1.0号で200M以上巻けるラインキャパシティのリールが適しています。

もちろんソルトゲーム仕様モデルが必須であることも忘れないでください。

キジハタ釣りに適したスピニングリールの選び方

番手

キジハタゲームに使用するスピニングリールは、2500~4000番手のサイズがおすすめです。

おすすめの番手に幅があるはスペックに適性があるからで、釣り場に合わせてスピニングリールを選びます。

それでは番手ごとに適した釣り場を見ていきましょう。

2500番手リール

漁港や堤防などで比較的足場の低い釣り場。

シャローエリアなどで根が激しくない場合に適しています。

3000番手リール

同じ漁港や堤防などで根が激しくパワーを要する場合に適しています。

最もオールラウンドに使える番手です。

4000番手リール

地磯で大型サイズのキジハタを狙う場合に最適。

スーパーライトジギング用としても使える番手です。

ギア比

ドラグをきつく締めてのゴリ巻きで一気に引き上げるキジハタゲームは、アングラーの好みが分かれるもののノーマルギアは適していません。

そうなるとハイギアかパワーギアの選択となりますが、ラインの巻き取りスピードが速いハイギアがおすすめです。

手返しが良く、長時間釣行での疲れも少ないスピニングリールをぜひ選んでください。

耐久性

ヒキが強くて根に潜る習性のあるキジハタとのやり取りには、高剛性で耐久性の高いスピニングリールが必要です。

剛性の弱いリールを使うと、経年劣化が早く故障や不具合が起こる確率も上がってしまいます。

リールを巻いている時のゴリゴリ感やシャリシャリ感は気持ちいいものではありません。

とはいえ、耐久性の高いリールは価格も高くなりがちです。

予算を考慮したうえで、耐久性に優れたスピニングリールを選びましょう。

安いキジハタ用スピニングリールおすすめ4選

【アブガルシア】クロスフィールド(3000SH)

シーバスをメインにあらゆるフィールドで活躍するクロスフィールド。

3000番手はロックフィッシュ用リールとして、堤防などからのキジハタ狙いに適しています。

キャスト時のライン放出がとてもスムーズで、抵抗を極力抑えて安定した飛距離を実現しました。

低価格リールでありながら、高いパフォーマンスを発揮する初心者におすすめのモデルです。

【ダイワ】レブロスLT(3000-CH)

低価格にもかかわらず軽さと強さを両立した、幅広いルアーゲームに対応するエントリーリールです。

港内で中型サイズのキジハタ狙いに最適で、ハイギアによるアップテンポな釣りを楽しめます。

ロングキャストに役立つABSスプール搭載で、安いリールといえども性能は侮れません。

予算を抑えながらハイパフォーマンスを発揮するモデルです。

【ダイワ】レガリス(3000-CXH)

レブロスLTと同じく軽量化と強さを追求し、気軽に購入できる価格設定が魅力のスピニングリールです。

安い性能面を見逃しがちですが、スペック的には上位機種に負けないポテンシャルを持っています。

3000番手はキジハタ狙いのオールラウンダーとして、釣り場をほとんど選びません。

ゴリ巻きに対しての強さも備わった、初心者向けのモデルです。

【シマノ】ナスキー(C3000HG)

低価格リールの中で、とりわけ高機能を持つリールとして評価を受けるスピニングモデルです。

ハイエンドに搭載されるHAGANEギアを採用することで、パワーゲームでの耐久性を実現しました。

さらにドラグ性能に長けており、きつく締めてのゴリ巻きでも全く苦にしない実力です。

それでいて安く購入できるため、ベテランアングラーも多く愛用しています。

コスパが良く人気なキジハタ用スピニングリールおすすめ4選

【テイルウォーク】SPEAKY(2500HGX)

スムーズな巻き心地とドラグ性能で、様々なルアーゲームに対応するスピニングリールです。

高いドラグ力とハイギアが、パワーの必要なキジハタとのファイトを楽にこなしてくれます。

オプションのシャロースプールを装着すれば、細いPEラインの使用も全く問題ありません。

エントリーリールとして人気の、コスパに優れたキジハタ用リールです。

【ダイワ】フリームス(LT3000-XH)

一台のリールを様々な釣りに使いたいアングラーにおすすめです。

まさにバーサタイルな使い方ができ、初心者であってもコスパの良さを実感できます。

LTコンセプトの導入で、軽さと強さはもちろん、大型サイズのキジハタを一気に引き上げるパワーも手に入れました。

予算を抑えつつ、とはいえ性能はワンランク上を目指すならぜひ選びたいリールです。

【シマノ】ストラディック(C3000HG)

上位機種並みのギアと防水性能を持ち、「巻き」と「飛び」のフィーリングが良い人気リールです。

サイズ選びに悩んだら3000番手を選択することで、使う用途の幅が広がります。

ロックフィッシュとの相性がよく、キジハタが掛かっても根に潜る隙を与えません。

価格以上の高いパフォーマンスを発揮する、質実剛健なスタンダードモデルです。

【シマノ】ツインパワーXD(C3000HG)

ハイエンドに負けない機能を搭載しながら価格を抑え、抜群のコスパ力を持つ実力派リールです。

ハイギア仕様の3000番手は、高級魚キジハタを攻略するタックルとして最適。

ドラグ性能がとても高いので、ターゲットに根に潜られる心配もほとんどありません。

ロングキャストとワイドレンジに適した、初心者にも使いやすい人気モデルです。

ハイエンドな高級キジハタ用スピニングリールおすすめ4選

【ダイワ】イグジスト(LT2500S-XH)

ダイワのフラッグシップにして、最高の汎用スピニングリールの呼び声も高い注目機種です。

モノコックボディは抜群の耐久性を誇り、ドライブギアを大型化することでタフに使いこなせます。

またXHギアは使い勝手がよく、キジハタとの効率的なやり取りを可能にしました。

業界屈指の実力を持つハイエンドとして、一度は手にしたいリールですね。

【ダイワ】セルテート(LT3000-CXH)

コンパクトで軽いリールとして、ハイエンドに相応しいスペックを有するスピニングリールです。

タフな使い方をしても壊れない耐久性は折り紙付きで、3000番手は大型サイズのキジハタとの真っ向勝負に適しています。

細部までしっかり作り込まれたボディは、ダイワテクノロジーの宝庫と言えるでしょう。

ハイギアで手返しの良い釣りを楽しめる名機です。

【シマノ】ステラ(C3000MHG)

キャストフィール、巻きのフィール、何をとっても超一流という言葉が似合う、シマノ最高峰のスピニングリールです。

ギアの耐久性が非常に高く、巻いている時の静粛性も他の追随を許しません。

さらに高い回転トルクやドラグ性能を持ち、ヒキが強いキジハタに対してアドバンテージを持ち続けます。

ロックフィッシュを攻略するなら、3000番手が最もおすすめです。

【シマノ】ヴァンキッシュ(C3000MHG)

徹底的に軽さと強さを追求し、シマノ独自のHAGANEギアを搭載したハイエンドモデルです。

ベールやワッシャーなど細部にまでこだわりを持ち、トップクラスのタフさを実現しました。

バーサタイルに使える3000サイズはジギハタに最適で、スピニングならではのドラグ性能を活かせます。

極めてパフォーマンス力の高い人気リールです。

まとめ

ロングキャストして広範囲を探るキジハタゲームは、ロッドや釣り場に合ったスピニングリール選びが重要です。

番手や剛性を見極め、さらには予算を考慮して最適なリールを選んでください。

お気に入りのリールで、キジハタのヒキを楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる