MENU

キジハタ用ラインおすすめ10選!太さや素材(PE・フロロ)の選び方!

大きさからは想像もつかない豪快なヒキを楽しめるキジハタゲームは、人気急上昇中の釣りです。

地域によってはアコウの名で呼ばれる高級魚で、専用タックルも各メーカーからリリースされています。

では強いヒキに耐えうるには、どのようなラインシステムを構築したら良いのでしょうか。

今回は、キジハタ(アコウ)用におすすめのPEラインやフロロカーボンを紹介いたします。

素材や太さの選び方も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

タップできる目次

キジハタ釣りのラインに求められる性能

ヒキの強いキジハタに力負けしない強度を持つことが、ラインに求める必須条件です。

さらにキジハタは根や岩礁に潜むことが多く、根ズレや障害物との摩擦に強くなければいけません。

ライン自体の伸びも重要で、伸縮率はアタリの感度やパワーの吸収に直接影響します。

キジハタゲームに必要な性能を満たすラインとしては、PEラインやフロロカーボンラインがあります。

豊富なPEラインやフロロカーボンラインの中から、最適な商品をぜひ見つけてください。

キジハタ釣りに適したラインの選び方

素材

キジハタ用ラインの素材には、PEラインとフロロカーボンラインが適しています。

それぞれの特徴や選び方をまとめました。

PEライン

ルアーフィッシング用に開発されたPEラインは、直線的な引っ張り強度が非常に強いのが特徴です。

スピニングタックルとの相性が抜群で、ルアーを遠投するのに適しています。

キジハタに対してはアタリを取る感度が高い反面、根ズレなどの摩擦に弱いため、ショックリーダーが欠かせません。

またライン自体は伸縮率が低く、ダイレクトにルアーアクションを繰り出せます。

初心者は、PEラインで釣り方のコツを覚えるのが最適です。

感度重視や細いラインでの遠投であれば、PEラインを選んでください。

フロロカーボンライン

伸縮性が高くPEラインより伸びるフロロカーボンは、摩擦に対してもPEライン以上の強さを持っています。

そのため、ショックリーダーを使わずルアーに直結しての釣行が可能です。

フロロカーボンは小さなアタリを吸収してしまうので、初心者はアタリを感じにくいかもしれません。

その点においては、経験者向きのラインと言えます。

とはいえ、摩擦に強いので根や岩礁付近を積極的に攻めれるメリットも持ち合わせています。

太さ

キジハタ用のラインは、使用するタックルや釣り場、狙う魚のサイズに合わせて最適な太さを選びましょう。

PEラインは0.6~2号程度、フロロカーボンラインなら6~20lbの太さがおすすめです。

どちらのラインも太すぎるとキャストしにくく、細すぎるとブレイクが起きやすくなります。

スピニングタックルとベイトタックルによっても適合ラインの太さが違うので、注意して選んでください。

使用タックル

キジハタゲームはスピニングタックルとベイトタックルから、釣り方に合わせて選ぶことが可能です。

最適なラインもそれぞれ違うため、スピニングとベイトに適したラインの選び方をまとめました。

スピニングタックル

細いラインを使ってのロングキャストに適していますが、糸ヨレが出やすい特徴があります。

そのためスピニングタックルは、PEラインが圧倒的に有利です。

ラインは釣り場に応じて太さを使い分けるのが一般的で、細いPEラインで大物を釣り上げることも可能です。

ベイトタックル

スピニングタックルよりも太いラインを使えるのが、ベイトタックルのメリットです。

近距離のボトムに潜むキジハタをパワーで釣り上げるのに適しており、太めのフロロカーボンが向いています。

ただしベイトタックルで感度重視の釣りをするならば、PEラインを使ってください。

キジハタ用PEラインおすすめ5選

【シマノ】ピットブル8(PL-M58R)

0.6~2号まで、キジハタゲームに適した太さを揃えた150m巻きのキャスティング用PEラインです。

超低伸でありながら、ナイロンやフロロ並みのしなやかさと滑らかさを兼ね備えています。

独自工法の8本撚りは強度が極めて高く、トップクラスの強靭さを実現しました。

性能の割にリーズナブルな価格が好評で、初心者にもおすすめのモデルです。

【よつあみ】Xブレイド アップグレードX8

狙うキジハタのサイズやフィールドに合わせて、最適な太さを選べる8本撚り仕様モデルです。

直線強度と耐摩耗性が高く、強烈なキジハタのヒキに耐えうるスペックを持ち合わせています。

1mごとにマーキングされたグリーンカラーは視認性がよく、アタリを取る感度も申し分ありません。

ロックフィッシュ全般からシーバスまで、幅広く使える実用的なPEラインです。

【よつあみ】Gソウル アップグレードX8

ハイスペックでリーズナブルなPEラインとして、アングラーに幅広く認知される人気モデルです。

メーカー独自技術を多く搭載することで、強度と耐摩耗性のさらなる向上を実現しました。

8本撚りは初心者にも扱いやすく、ルアーをコントロールする操作性も抜群です。

一般的なPEラインと比べてハリとコシがあり、長く愛用できる製品です。

【クレハ】シーガーPEX8

低伸度のグランドマックスPEを使用し、コスパに優れた8本撚り仕様のおすすめモデルです。

0.4号の極細タイプから6号まで、豊富なラインナップが釣行のサポートをしてくれます。

ピッチマーキングされたラインは視認性が良く、キジハタに対する強度も問題ありません。

スピニングタックルと好相性で、ロングキャストに適しています。

【デュエル】アーマードF+プロ ロックフィッシュ

ロックフィッシュに特化した0.6~1.5号のサイズ構成で、従来モデルに比べて約2倍の耐久性を実現しました。

根ズレに強いため、キジハタを根から強引に引きずりだすことが可能です。

ハードロックフィッシュに適合するだけあって、パワーでの真っ向勝負を挑めます。

遠投や操作性能が良く、トータルバランスに優れたPEラインです。

キジハタ用フロロカーボンラインおすすめ5選

【モーリス】バリバス ロックフィッシュプレミアム

撥水機能を備え、タフな環境下で抜群の性能を発揮するロックフィッシュ専用フロロカーボンです。

クリスタルクリアカラーは、様々な釣り場の海水に対応して視認性も問題ありません。

強度と感度、粘り強さを兼ね備え、これまでのフロロカーボンとは一味違うセッティングが魅力です。

14~18lbの太めラインで、ベイトタックルを使ったパワーゲームを楽しむのに適しています。

【クレハ】シーガーフロロマイスター

リーズナブルな価格設定でルアーマンからの信頼も厚い、キジハタに適したフロロカーボン製です。

ボビンタイプの容量は14lbまでが320mで16~20lbが240mと、複数回の釣行に使えます。

しなやかさの中に強さを秘めているので、ショックリーダーとして使用しても構いません。

根や岩礁帯を果敢に攻める時に使いたいコスパの良い商品です。

【サンヨーナイロン】APPLAUD ロックフィッシュ専用リアス式

ショアからの遠投や岩礁帯の際を攻略するなど、ロックフィッシュの住処を攻め落とすために生まれた専用フロロカーボンです。

ナイロンに使われる加工技術を応用し、フロロ製とは思えないしなやかさを実現しました。

リアス式海岸のタフなフィールドで育ったラインは、高感度で強度に優れています。

12~20lbの4タイプから構成される注目のラインです。

【ユニチカ】ナイトゲーム ザ・ロックFC

ベイトタックルでの大物狙いに最適で、高い操作性と強度を持つフロロカーボンラインです。

8~20lbまでの6モデルをラインナップし、フィールドや釣り方に合わせてモデルを選べます。

吸水性が低く水中でも安定しているのが特徴で、根ズレでのラインブレイクも起きません。

ソフトタイプモデルの中では、抜群のコスパ力を発揮してくれます。

【ダイワ】HRF ロックフィッシュフロロ

強靭かつしなやかな特性を活かし、岩礁や障害物周りを積極的に攻めることが可能です。

PEラインに負けない飛距離が魅力で、ベイトタックルのバックラッシュを軽減しました。

耐摩耗性が高いため、根からキジハタを強引に引き上げることができます。

14~20lbの商品ラインナップは、まさに「キジハタを攻めるためにある」と思えるフロロカーボンラインです。

まとめ

キジハタに適したラインは、タックルや釣り方、狙うキジハタの大きさに合わせて最適なPEやフロロを選びましょう。

初めてのキジハタ釣りや初心者の方は、扱いやすいPEラインがおすすめです。

最高のラインシステムで、大型サイズを釣り上げてください。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる