MENU

キジハタ用ジグヘッドおすすめ8選!重さやサイズの選び方!

キジハタ(アコウ)は、根や岩礁を好む幻の魚と呼ばれる高級魚です。

生息数が少ないアコウは、陸っぱりからワームを使いジグヘッドで狙うのに適しています。

とはいえ、ジグヘッドは根掛かりしやすく、特に初心者は予備知識を持って製品選びしたいですね。

そこで今回は、キジハタにおすすめのジグヘッドを紹介いたします。

適した重さやサイズの選び方も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

タップできる目次

キジハタ用ジグヘッドの選び方

サイズ

ジグヘッドは、狙うターゲットの大きさによってフックサイズを使い分けるのが一般的です。

フックサイズには最も大きな#1/0から小型サイズのものまで、様々な種類がラインナップしています。

ロックフィッシュは#1/0~#10/0程のフックサイズを使い、その中でキジハタには#1/0~#3/0と大きめのモデルを使ってください。

フックが大きいと根掛かりもしやすくなりますが、確実にフッキングできるサイズを選びたいですね。

重さ

キジハタ狙いのジグヘッドは、7~30gの重さを釣り場やターゲットの大きさによって使い分けるのがおすすめです。

また水深で判断することも可能で、4m未満の水深では7~15gのジグヘッドで構いません。

港湾での小型狙いや足場の低い堤防では10g前後、足場の高い堤防や磯などでは10~20gのジグヘッドが適しています。

それ以上の重さのジグヘッドは、大型サイズのキジハタ狙いに有効です。

ヘッド形状

よく見かけるジグヘッド形状は、大まかに3タイプがあります。

それぞれの特徴をまとめましたので、製品選びの参考にしてください。

ラウンド型

丸形とも呼ばれ最も一般的に使われるタイプで、汎用性が高く釣り場を問いません。

重心が先端方向にあるためフォールしやすく、適度な抵抗感で初心者にも操作しやすい形状です。

円柱型

後方に重心があることで遠投性に優れ、スイミングアクションでキジハタを誘う釣りに適しています。

ストラクチャーを避けてロングキャストが必要な場面や、磯での釣行に最適です。

デルタ型

抜群のダート性能を誇り、トゥイッチすることでヘッドを左右に大きく振ります。

ダート専用のワームを装着すれば、さらに大きなアクションが可能です。

反面、根掛かりが多いので、ボトムのキジハタ狙いには注意が必要ですね。

キジハタ用ジグヘッドおすすめ8選

【エコギア】3Dジグヘッド

釣り場やターゲットの大きさに応じて、選べる重さのバリエーションが豊富なジグヘッドです。

ラインアイが2か所あるため、1か所にアシストフックを装着してキジハタを確実にフッキングへと持ち込みます。

標準のフックは高強度で、ヒキの強いハードロックフィッシュに対しても力負けしません。

オリジナル形状と高いフッキング性能で、初心者にもおすすめです。

【ISSEI】海太郎 スイミング根魚玉

#2/0、#3/0サイズのフックに、10~45gのヘッドを組み合わせた全6種類から選べるジグヘッドです。

多目的アイが付いており、アシストフックやブレードで自分好みにカスタマイズできます。

独自のヘッド形状が、浮き上がりにくく抜群のレンジキープ力を実現しました。

スイミング系ワームとの相性が良い、ロックフィッシュに適したモデルです。

【がまかつ】ボトムノッカー オフセット

大型ロックフィッシュ専用設計で、根掛かり回避能力の高いオフセットフック搭載モデルです。

針先をワーム内に隠せるため、根の荒いボトムを積極的に攻めても問題ありません。

丸形のヘッド形状は操作性に優れ、初めてのジグヘッドとしてもおすすめです。

ウエイトバリエーションが豊富で、釣り場に合わせて6種類の重さから選べます。

【カツイチ】スライドボムヘビー(SV-45H)

ワームのポテンシャルを最大限に引き出し、抜群のスイミング性能で人気のジグヘッドです。

最大28gまでのウエイトに合わせて、最適なフックサイズが装着されています。

フックとヘッドのジョイントが独特で、独自性を活かしたキレのあるアクションが楽しめるでしょう。

大型サイズのキジハタ狙いに欠かせない、ヘビーウエイトなモデルです。

【ダイワ】SWライトジグヘッドSS ロックフィッシュ(7g)

港湾などで、比較的近距離に潜む小型サイズのキジハタを気軽に狙えるジグヘッドです。

低重心のバランス設計が、安定したフォールとスイミング姿勢を実現しました。

ワームキーパー搭載で、ワームがズレにくく魚に見限られる心配もありません。

ヘッド形状とリアルアイが、低活性時のキジハタをも誘いだしてフッキングに持ち込んでくれます。

【マルシン漁具】D-Head Attack PACK

15~50gまでの重さとフックサイズのバリエーションが豊富な、ワームキーパー付きのジグヘッドです。

初心者でも扱いやすく、アシストフックやブレードを装着して自分好みにチューンナップできます。

レンジを問わず安定姿勢を保つので、表層からボトムまで積極的に攻めができるでしょう。

大型狙いに使える、リーズナブルなモデルです。

【オーナー】カルティバ 静ヘッド(JH-61)

ロックフィッシュから青物まで、多種多様な魚種に対応する高性能なジグヘッドです。

7~36gまでのラインナップから、ターゲットに合う重さを選べます。

アタック中は「静かに」そして「自然に」ターゲットを誘い、フルキャストによる遠距離攻略も苦にしません。

シンプルであるからこそ、初心者にも使いやすい注目のモデルです。

【オーナー】カルティバ ラウンドヘッド(JH-11)

ジグヘッドの最も基本的な丸形形状で、フィールドを選ばない汎用性の高さは初心者におすすめです。

先端重心は沈下しやすく、バーチカル方向に垂直に沈んでいきます。

根掛かりリスクはあるものの着底後の始動が早く、操作性も全く問題ありません。

フックサイズもキジハタには充分で、何よりリーズナブルな価格が魅力のモデルです。

まとめ

とりあえず手に取ったものを選んでしまいがちなジグヘッドですが、予備知識を持つことで製品選びの幅が広がります。

キジハタ用は、釣り場や魚のサイズに合わせて最適なジグヘッドを選びましょう。

お気に入りのジグヘッドで、幻の魚を堪能してください。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる