MENU

【エリアトラウト】ボトム専用ロッドおすすめ5選!

エリアトラウトはテクニカルな釣りが必要で、状況に対応できるようさまざまなメソッドが生まれました。

その中でもロッドにこだわるべきなのが、ボトムをクランクやミノーで攻めるメソッドです。

基本になるマイクロスプーンでの釣りとは違い、硬めのロッドが必要で、各社ボトム用のエリアトラウトロッドを展開しています。

今回は、エリアトラウトで欠かせないものになったボトム狙いにおすすめのロッドを、厳選してご紹介します。

タップできる目次

【エリアトラウト】ボトム専用ロッドとは

エリアトラウトの、とくにポンドエリアでは、状況に合わせて釣るためのメソッドがいくつかあります。

エリアトラウトにおいて、重要になるポイントの一つに「レンジ」がありますが、とくに渋い状況や大物狙いでポイントになるのがボトムです。

ボトムを狙うためには、重めのルアーや、クランクやミノーを使うのが有効で、柔らかいロッドでは重さに負けたキャストになります。

さらに表層を狙うよりも水の抵抗も大きいため、柔軟なロッドでは操作性やフッキング率も低下します。

そこでボトム専用ロッドでは、通常のエリアトラウトロッドよりパワーがあり、かつ適度に柔軟性を活かした設計のロッドが有効です。

それらはボトム専用ロッドとして販売されており、エリアトラウトでのロッドの使わけの1つの選択肢になっています。

【エリアトラウト】ボトム専用ロッドを使うメリット・デメリット

ボトム専用ロッドは、エリアトラウトで釣る戦略の一つに有効ですが、もちろん使いこなさなければ意味がありません。

ボトム専用ロッドを的確に使うために、メリットとデメリットを覚えておきましょう。

メリット

ボトム専用ロッドを使えば、ボトム攻めに強くなるのはもちろんですが、ロッドを使い分けることで、より状況に合わせた釣りが可能になります。

ボトム専用ロッドは基本的にブランクスを硬くすることで、ボトムでのルアーの操作性や、アワセを決めやすくしています。

汎用ロッドでボトムにも対応しようとすると、マイクロスプーンのキャスタビリティが落ちたり、硬すぎてアタリをはじくこともあるでしょう。

ボトム用にはボトム専用ロッドを用意することで、それぞれの状況に最適なロッドを用意することができます。

また、近年大型の魚を放す管理釣り場も増え、大型魚はボトムを好むので、ボトム専用ロッドを用意する価値は十分あると言っていいでしょう。

デメリット

なによりのデメリットが、ボトム専用ロッドを用意するということは、ほかの状況に使えるロッドを別途用意する必要があることです。

ボトム専用ロッドですべての状況に対応するのは難しいので、ボトム攻めしないときはほかのロッドが必須です。

こだわるならラインも使い分けたいので、リールも別途用意するなら、それだけでタックルのコストは倍になります。

また、ボトム用に作られたロッドも考え方がさまざまで、場合によっては使い方に適さない場合もあります。

せっかくロッドにこだわるのであれば、自分の使うルアーの特性や、よく行く管理釣り場の環境を踏まえて選ぶと失敗が少なくなるでしょう。

【エリアトラウト】ボトム専用ロッドおすすめ5選

ボトム専用のエリアトラウトロッドから、おすすめモデルを厳選してご紹介します。

さまざまなグレードからモデルをピックアップしたので、初心者の方から上級者の方まで、ぜひ参考にしてくださいね。

【ダイワ】イプリミ(62ML)

ダイワはエリアトラウトロッドにとくに力を入れているメーカーで、エントリーモデルにも多様なラインナップが並びます。

イプリミがその一つで、さまざまなメソッドに対応できるラインナップがあり、ボトム攻めにも適したMLモデルもあります。

ティップもハリがあるので、ボトムクランクなど、重めで引き抵抗の強いルアーとの相性が良好です。

【ダイワ】プレッソ ST(62ML)

ボトムで反応の渋い魚を狙う場合、ロッドには強さだけでなく、食い込みの良さと感度も重要になります。

プレッソSTは、ミドルクラスの価格帯ながらそれらのスペックを有し、軽量化も実現したハイコスパなロッドに仕上がっています。

ある程度予算に余裕があるなら、このクラスのロッドを用意しておくと長く使えるでしょう。

【ダイワ】プレッソ-LTD AGS(58L)

トーナメンターの愛用者も多い、ダイワのエリアトラウトロッドのフラッグシップモデルです。

バイブレーションなどボトムに欠かせないルアーとの相性も良く、ランディングも考えられた設計で、より攻めたボトム狙いにも対応します。

とくにスレたシチュエーションで、数を狙った釣りでは非常に心強いボトム専用ロッドと言えるでしょう。

【ヴァルケイン】ブレイクスルー ゼロヴァージ(6’0 ISS)

プラグとの相性を最大限に引き出し、ボトムでもキレのある釣りを実現できるハイコスパモデルです。

ソリッドティップ採用で食い込みもよく、PEラインやエステルラインなど伸びの少ないラインでの鋭い釣りを可能にします。

プラグだけでなく、ディープレンジ用スプーンなど、幅広いルアーでボトム攻めしたい方におすすめです。

【メジャークラフト】ファインテール エリア(FAX-S552UL)

トーナメントシーンも視野に、各メソッドに対応する本気のラインナップで新登場したメジャークラフトの自信作です。

高感度ソリッドと高弾性マテリアルで感度を向上し、ショートレングスなのでボトムコンタクトを重視したアクションも可能です。

ボトム用ロッドとしては柔軟なULセッティングなので、比較的軽いスプーンでのボトム狙いにも最適なモデルになっています。

まとめ

ボトム狙いはエリアトラウト攻略の重要な戦略の一つで、ボトム専用ロッドも多数発売されるようになりました。

紹介したように、ボトム専用ロッドもさまざまなので、よく吟味して理想の釣りを実現できる相棒を手にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる