MENU

エリアトラウト用ベイトフィネスライン5選!PE等の種類についても解説!

ベイトフィネスはライン選びが重要ですが、使うフィールドがエリアトラウトになると、よりラインの重要性は上がります。

キャスティングできることはもちろんですが、制限の多い管理釣り場に適したライン選びが必要になるからです。

PEやナイロンなど素材はもちろん、太さなども加味して選ばなければ、快適にキャスティングすることは難しいでしょう。

そこで今回は、エリアトラウトのベイトフィネスに使うラインについて、選び方やおすすめ商品をご紹介します。

タップできる目次

エリアベイトのライン選びの重要性

エリアトラウトにおいても、ベイトリールにもメリットがありますが、軽量ルアーとの相性が悪いデメリットがあります。

このためベイトタックルを使うのであれば、軽量ルアーを投げられるタックル構成にしなければいけません。

ラインもキャスティング時に抵抗を生む要因になるため、慎重に選ぶ必要があります。

また、投げるだけでなく、魚をかけた後のことも考えなければいけません。

それらを踏まえると、スピニングタックルよりも、エリアベイトのライン選びは、より深く考える必要があるでしょう。

エリアトラウトのベイトフィネスに適したラインの選び方

エリアベイトの場合はキャスティング、魚とのやり取り、ルアーのアクションとの相性まで考えてラインをチョイスしなければいけません。

そのためにはどういったポイントに注目するべきか、選び方のポイントを解説します。

素材

エリアトラウトでは、ナイロン、PE、フロロ、エステルと、使うラインの素材はさまざまです。

とくに人気が高いのは、柔軟性が高く軽量ルアーとの相性がいいPEラインです。

フロロカーボンラインは比重が重いため、ルアーを沈ませやすいので、ボトム狙いでの使用がおすすめです。

エステルラインはコシが強く、スプールへのなじみが悪いため、エリアベイトではおすすめしにくいラインです。

ナイロンラインは、ベイトフィネスリールの場合、伸縮性によってスプールが変形するリスクがあります。

ナイロンの伸縮性がほしい場合は、ナイロンライン対応のリールを使い、ベイトフィネス対応のナイロンラインを選ぶといいでしょう。

太さ

エリアトラウトでは3~6lbを使用しますが、ベイトリールはスピニングリールよりも太いラインが使いやすい特性があります。

エリアベイトの場合も、スプールへのなじみがよければ、スピニングよりも太いラインは使いやすいでしょう。

また、バックラッシュからの復帰のしやすさや、スプールと本体の隙間への糸がみを避けるためにも、やや太めのラインを使うのがおすすめです。

エリアベイトなら、プラグなど重めのルアーであれば12lbまで選択肢に入るでしょう。

もちろん、あまりに太いとラインを放出しにくくなったり、ルアーの動きを阻害することもあるので、必要以上に太いものは厳禁です。

柔軟性

通常、ラインは魚との相性を考えますが、ベイトフィネスの場合はキャスティングへの影響も重視しましょう。

不要に硬いラインだと、軽量ルアーで伸ばしきれないため、バックラッシュの原因になったり、飛距離が著しく落ちてしまうためです。

スピニングに比べると太めのラインは使いやすいですが、太いと硬くなるので、ルアーウエイトなどに合わせたラインチョイスが必要になります。

とくに、ごく軽いマイクロスプーンなどでは、それに合わせて細いものや、柔軟性の高いラインを選ぶようにしましょう。

PEラインの場合は、撚り数の多いものにすると柔軟性が高いので、太めでもトラブルが起こりにくくなります。

エリアトラウト用ベイトフィネスライン5選

上記したポイントも踏まえ、エリアベイトにおすすめのラインを厳選してご紹介します。

ラインの特性も多様化しているので、それぞれのラインの売りと活きるシチュエーションも合わせて解説します。

【サンライン】トラウティストエリアFC 150m 0.7号/3lb

エリアトラウト用に開発されたフロロカーボンラインで、ベイトリールとの相性がいい柔軟性の強さが売りです。

フロロカーボンラインの高比重を活かし、軽量ルアーで深いレンジを探るときにおすすめです。

【サンライン】トルネードVハード 50m 0.8号

水中での視認性が低く、ラインにスレたトラウトに対しても効果が期待できるフロロカーボンラインです。

やや硬さがあるので、比較的大きめのトラウトや広いポンドなどに、重めのルアーを使いたいシーンにチョイスしたいラインです。

【サンライン】ソルトウォータースペシャル PEエギULT 180m 0.6号

ライトエギング用のPEラインですが、適度にコシがあるのでエリアベイトにも適したラインです。

明るめのグリーンのカラーラインなので、バイトが甘いときなど、ラインで素早くアタリを取りたいときにもおすすめです。

【シマノ】ピットブル 4 ライムグリーン 150m 0.4号/8.6lb(PL-M54R)

低価格なPEラインの代表格でもあるピットブルはエリアベイトにもおすすめで、筆者もよく使うラインです。

PEラインなので擦れによる消耗は激しいですが、この値段なら頻繁に交換しやすいのもありがたいですね。

【サンヨーナイロン】APPLAUD BFT ベイトフィネストラウト 50m 4lb

渓流ベイトフィネス用に開発されたラインで、細くてもコシがあるので直進性が強く、軽量ルアーを使うエリアベイトにもおすすめです。

耐摩耗性も高いので、ストリームエリアでのメインラインにもぴったりです。

まとめ

エリアベイトにもメリットはありますが、軽量ルアーとの相性などで、よりラインチョイスが重要になります。

今回紹介したようなポイントに注目し、快適に魚を釣り上げられるラインを選らんで、エリアベイトを楽しんでくださいね。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる