コスパ最強!安いナマズ釣り用ベイトロッドおすすめ12選!最適な硬さや長さを紹介!代用・兼用はできる?

ナマズは住宅地に流れる小規模河川や田んぼの用水路から、大規模河川まで幅広く生息している身近なルアー対象魚です。

ナマズの生息環境から、ナマズ釣りはスキマ時間に手軽にできるのが魅力です。

また、安くて高性能なタックルが多く、ブラックバス用のタックルを代用できるので初心者にも嬉しいです。

ナマズ釣り用のロッドの適切な硬さや長さを含む性能の説明と、コスパの良いおススメのロッドをご紹介します。

ナマズ釣り用ロッドの選び方

最適な長さ

ナマズ釣りに使用するロッドは、ブラックバス用のロッドと同じくらいの長さが良いです。

ブラックバスと生息環境が似ているので、取り回しの良い長さが同じくらいになるからです。

基本的には6フィートから7フィートのものが使いやすいのでしょう。

対岸まで5mくらいの用水路で使用する場合は、ショートロッドが使いやすいので釣り場によっていろいろ試してみるのも楽しいです。

硬さ

ナマズ釣りに最適なロッドの硬さはミディアムクラスをおススメします。

なぜならナマズの口は平たい形状で硬いので、ヘビークラスの硬いロッドを使用する場合フッキング成功率が低くなります。

またライトクラスのロッドの場合、フッキング成功率が上がるものの、最大70㎝をこえるナマズを抜き上げるには心細いです。

ライトクラスとミディアムクラスの中間のミディアムクラスのロッドがバランスよく使えるでしょう。

材質

硬くフッキングしにくい口の形状をしているナマズは、反発力の強いカーボン製のロッドより、グラスファイバー製のロッドやカーボンとグラスファイバーの長所をあわせ持ったグラスコンポジットのような低反発でしなやかな粘りのある材質のものが良いでしょう。

フッキング率が高いのはもちろん、ファイト中のフックアウトのリスクを軽減してくれる効果があるのでおススメです。

テーパー

テーパーとは竿の曲がる場所を指す言葉です。

ファスト、レギュラー、スローに大きく分類され、ファストは竿先、レギュラーは竿の真ん中、スローは竿全体が曲がる特性があります。

グラスファイバー素材のロッドを使用する際は、全体がまがるレギュラー~スローテーパーのロッドが引き味も楽しめますので楽しいです。

カーボン製のロッドを使用する場合、竿先の曲がるファストテーパーは感度が高くフッキング成功率を上げてくれるのでおススメです。

安いナマズ釣り用ロッドおすすめ12選

【Shares】SOLFIESTA特攻 鯰(CT-662M-G)

長さは使いやすい6.6フィートのカーボン繊維とグラス繊維の混合素材、グラスコンポジットロッドです。

グラスコンポジットロッドならではの「粘り」がノイジータイプのトップウォータールアーの操作性を高めるのと同時に、ナマズの硬い口にもフッキングが決まりやすいです。

一万円を切る低価格ながら、ナマズ釣りに必要な性能を高レベルで備えている頼もしいロッドです。

【UNLOCK】NAMAZU(CT682F)

価格が手ごろながら、ナマズ釣りに必要な性能を高いレベルで兼ねそろえている6.8ftのグラスコンポジットロッドです。

カーボン30%、グラス70%の割合のブランクなので比較的粘り重視になっています。

ロッドの粘りの効果により、ナマズの力がダイレクトに手元に伝わってくるのでファイトの時間が楽しいロッドです。

【Piscifun】Torrent 2 2.08m Medium

使いやすい長さの6.9フィートで、ブランクはカーボンとグラスファイバーの合成素材グラスコンポジットのロッドです。

グラスファイバーの長所である「粘り」が、ナマズのフッキングとバレにくさの一助になっています。

また、竿の中心が曲がるレギュラーテーパーですので、トップウォーターの操作性が高いのが魅力的です。

低コストなロッドなので、エントリーモデルとしておススメです。

【TURINGMONKEY】鯰レンジャー(CT66II)

材質はグラス繊維で、ブランクの中が空洞になっていないソリッドタイプの特徴のあるロッドです。

グラスならではの粘りのあるブランクはナマズの引きを存分に味わえ、ソリッドタイプの長所であるキレイなしなりは釣りを盛り上げてくれることでしょう。

癖のあるロッドですが使い慣れると他のロッドじゃ物足りなくなる魅力があります。

【FIVE STAR】NAMAZIST(BC70)

カーボン含有率が97%のグラスコンポジットロッドです。

粘りがやや少なく硬いため、フッキングの際にコツが要りますが剛性があるため大物向けのモデルです。

最大28グラムのルアーを投げることがでるので、ビッグベイトでアピールするときなどは真価を発揮するでしょう。

大物狙いの豪快な釣りに向いています。

【Major Craft】Speedstyle(SSC-610MHGC)

バス用のロッドですがナマズ用として優秀なロッドです。

用水路で特に役に立つ短めの長さ6.1フィートのロッドで、名前の通り手返しの良い釣り方に向いています。

グラスコンポジットロッドの特徴である粘りも健在で、アタリも取りやすくバラしにくさも秀逸でしょう。

ブラックバスとナマズが狙えますのでお得感があります。

【Major Craft】SELVA CATFISH BAIT model(SVC―662M/CAT)

このロッド一本で小規模河川から湖沼、用水路までカバーできる使いやすいモデルです。

ナマズ特有の硬くて扁平な口にもフッキングしやすく、粘りのあるブランクはフックアウトのリスクを軽減してくれるでしょう。

ノイジータイプのルアーの操作性も高く初心者からベテランまで満足のいくモデルです。

【SHIMANO】LUREMATIC(B66ML)

1万円未満で買える、財布に優しく使いやすいコスパに優れたモデルです。

硬さはミディアムライトなのでナマズの引き味が楽しめます。

ラインはナイロン22LBまで適応していますので、大型のナマズ相手でも安心してランディングできます。

ブランクの素材はカーボン83%と、カーボン特有の反発力が抑えられフッキングさせやすいでしょう。

【HOOTERS】ROOTS(HTRT-B692MH)

デザインに優れ、Fujiガイドを採用していながら1万円を切るコスパの良いロッドです。

汎用性が高い設計になっていますが、やや硬めですのでトップウォーターよりもワームやバイブレーション、スピナーベイトを使用するのに向いています。

硬さはミディアムヘビーなので、根がかりや強引なファイトでも安心です。

初めてのポイントでナマズの居場所を探るのに便利です。

【タカミヤ】H.B concept ライトステップII バス (C662M)

バス用に発売されているモデルですがナマズ釣り用に開発したのではないかと、うたがいたくなる性能のロッドです。

カーボン含有率60%のグラスコンポジットロッドで硬さがミディアムですので、フッキング、ランディングに最適な性能をもっているといえます。

さらに値段が3000円前後と、とてもコスパの良いモデルです。

【Quantum】EMBARK 6.6ft(MBTELC665MH)

遠征や仕事帰りやすきま時間での釣行に便利な仕舞寸法48㎝モバイルロッドです。

竿の先が曲がるファストテーパーなので、アタリが取りやすいです。

ブランクはグラファイト製ですので、特有の「粘り」がフックアウトを軽減してくれます。

価格もお手頃で携帯性も良いので、サブとして便利なロッドです。

【PRO MARINE】CB ワンダーバス DX(602C-M)

1500円前後のコスパの良いバスロッドですが、ナマズ釣りに向いているスペックを持っています。

カーボン含有率50%、グラス含有率50%の反発力が低くなめらかな粘りのあるブランクはナマズとのやり取りで力を発揮してくれます。

ラインは、ナイロン14LBまで適応していますので大型のナマズにも安心の剛性を持っています。

【tailwalk】Namazon G-MODEL(C68MH/G)

テイルウォーク社がナマズ釣り黎明期に開発した評判の高いモデル「マッディーナマジー」の後継モデルです。

ブランクの性能が高くナマズ釣りに必要な条件を全て高レベルで持っています。

フッキングの成功率、ランディングのしやすさ、ルアーの操作性のバランスは秀逸です。

怪魚釣り用としても紹介されていることが、このロッドの汎用性の高さを証明しています。

【AbuGarcia】WMonster(WMCC-654M MGS)

怪魚用として開発されたシリーズです。

グラスファイバーとカーボンの長所をバランスよく引き出したグラスコンポジットロッドですので汎用性は高レベルと言えます。

ナマズはとてもフッキングしにくい魚ですが、このロッドはその課題さえも問題としていません。

ナマズ用としても優れていますが、このロッド一本で色々な魚種にチャレンジできますのでコスパが良いでしょう。

まとめ

ナマズは身近なところに生息している魚です。

夜の静けさを破ってナマズがバイトした瞬間の興奮は最高です。

コスパの良い道具も各メーカーから発売されていますから、ナマズ釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました