MENU

ナマズ釣り用ナイロンラインおすすめ6選!太さ等の選び方も!

今回の記事では、ナマズ釣りに使用するナイロンラインについて特集します。

ナイロンラインは靭やかで強度があり、大物釣りに非常に有効です。

トップウォーター主体のナマズゲームにおいて、ナイロンラインの使用は数多くのメリットがあります。

ラインの特性、ナマズ釣りに適した太さなど、しっかりと解説していきます。

また後半には、実際に筆者が使用してきたおすすめラインも紹介しますので最後までよろしくお願いします。

タップできる目次

ナマズ釣りでナイロンラインは使えるの?

ナイロンラインの特性である『水に沈みにくい性質』『強度』『伸縮性』その全てがナマズ釣りにとってのメリットであり最適です。

トップウォーターを操るのに水に沈みにくい性質は最適であり、ナマズの強烈な引きにも余裕の強度があります。

ガシャガシャと水面をうるさく誘うノイジー系の釣りでは、捕食目的では無く威嚇バイト多発がするためなかなかフッキングが決まりません。

そんな時、伸縮性のある柔らかいラインの方がバイトを弾かず絡みとるように針に掛けることが可能です。

また一昔前では『ナイロンライン=弱い』といった考えが一般的であり、渓流やライトゲームなど小物釣りに使用するイメージでした。

しかし、その強度や耐摩擦性など様々な面が見直され現在では大物=ナイロンラインが一般的になってきました。

ナマズ釣りに適したナイロンラインの選び方

太さ

筆者のおすすめはナイロン20〜30lbが最適だと考えています。

PEラインのリーダーであれば、30〜40lbが良いです。

ナマズはバスのように『ラインが細い方が警戒されない』と言った繊細な傾向はありません。

また、引きも強烈であり、足場の高い水路での抜き上げにも対応する必要があります。

以上のことから、太ければ太い方が強度も増すので安心です。

しかし、あまりにも太すぎるとルアーのアクションに悪影響です。

ナマズの引きをしっかりと往なすことができ、抜き上げにも対応し、ルアーのアクションを損なわない太さが最適と言えます。

カラー

カラーは正直言って好みでOKです。

色で警戒して食わなくなる、といったことはまずありません。

視認性の高い蛍光色でもOKですし、地味なダーク系、一般的なクリア系、何でもOKです。

自分の使用しているロッドやリールに合う色を選ぶのも面白いです。

ナマズの生息する水路は、濁りの入った水域も少なくありません。

ラインがすぐに汚れてしまうので、汚れが目立つカラーの場合は傷などのダメージを見逃してしまう恐れがあります。

自分が通うフィールドの水質に合わせて選ぶと、危険を回避できます。

特殊コート

ノーマルのナイロンラインでも十分な強度はあります。

しかし、濃いカバー周り、もしくはフロッグを使用してカバー上を通す場合はラインの表面に特殊コートを施した耐摩擦最強モデルを使用してください。

特殊コートで表面がツルツルであればカバーに対しての抜けもよく、快適にゲーム展開が楽しめます。

また、濃いカバーの一等地に着いている魚は大型の場合があります。

念には念を備える意味としても、特殊コートラインであれば更に安心です。

ナマズ釣り用ナイロンラインおすすめ6選

【サンヨーナイロン】GT-Rウルトラ

村田基氏プロデュースの、最強ナイロンラインです。

特殊コートが施されており、フロロを凌ぐ耐摩擦性を実現しています。

20lb、22lb、25lb、30lbと細かく刻まれているのもありがたい特徴です。

強度、使用感共にトップクラスでありながらリーズナブルな価格設定でコスパも最強です。

【DAIWA】BASS X ナイロン

DAIWAの300mコスパ最強ナイロンラインです。

必要十分の強度と性能を兼ね揃えており、非常にリーズナブルです。

交換頻度が高い方や、初心者の方におすすめです。

色も汚れが目立ちにくく、濁りの入った小規模水路にも向いています。

各サイズありますが、ナマズ釣りの場合は25lbを選びましょう。

【東レ】ソラローム BIG BASS ナイロン

ネーミングの通り、ビッグバスを捕るための強度にこだわったラインです。

ナイロン特有の、伸縮性が成す粘り強さはそのままに、コシのある材質を追求しています。

靭やかで感度のある、特殊なナイロンに仕上がっています。

耐摩擦だけでなく、耐摩熱にも優れており、ガイドの擦れによる劣化に強いです。

【EVERGREEN】 バスザイル フレックスハードHD ナイロン

エバーグリーンがジャイアントベイトを快適に扱えるよう開発したラインなので非常に強度が高いです。

独自の製法により靭やかさはそのままで、フロロカーボン並の低伸縮を実現しています。

強度と硬さがあるので、ヘビーカバーに最適です。

直線の引張強度が非常に強く、カバー内で掛けた魚も思い切りフッキングして引きずり出せます。

【バリバス】グラン ノガレス デッドオアアライブ ストロングナイロン

引張強度に徹底的にこだわったモデルで、同じ太さであれば1ランク上の強度を持っています。

耐摩耗性、耐久性にも優れており、ヘビーカバーの大物にも屈しません。

表面の特殊フッ素加工により、ラインの滑りが格段にアップしています。

とにかく強度があり、なおかつ扱いやすいナマズにぴったりのナイロンラインです。

【バリバス】ナイロンショックリーダー

リールにPEラインが巻いてある場合は、巻き換える必要はなくナイロンのリーダーを長めに入れればそのままナマズ釣りが可能です。

バリバスのナイロンリーダーが最も強度、使いやすさ、コスパの全てに優れています。

リーダーは割高な感じはしますが、数メートル毎に釣行時交換すれば、毎回新品で挑めるので安心感が違います。

まとめ

ナイロンラインはメインもリーダーも、ナマズ釣りに最適です。

PEの直結も良いですが、バイトを弾いてしまったりライン絡みが多発したりトラブルが多いので、ぜひナイロンを試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる