MENU

Lクラスのシーバスロッドおすすめ10選!ライトの使い道は?

シーバスは捕食しているベイトによって攻略方法がパターン化されており意識している方も多いはずです。

中でも攻略が難しいのがバチパターンやハクパターンで軽量ルアーを繊細に扱う技術が求められます。

そこでおすすめなのが食い込みも抜群なL(ライト)クラスのシーバスロッドです。

バチパターン以外でも使い道が多くLクラスはMLやMクラスでは攻略出来ない釣りを可能としてくれます。

ロッドの特徴や使い道、メリット・デメリット、そしておすすめ商品までまとめましたので上手く活用して釣果を伸ばして下さい。

タップできる目次

L(ライト)クラスのシーバスロッドの特徴や使い道

L(ライト)クラスのシーバスロッドの特徴は10g以下の軽量なルアーをキャスト出来る柔軟性を持っている事です。

ロッドを手にするとメバリングロッドのような柔らかさと軽さを感じるのでMLよりもかなり下のクラスに感じるはずです。

ティップも非常にしなやかで少しの負荷でも簡単に曲がる特徴を持っています。

その為、ルアーに激しいアクションを加える釣りには向いておらず、デッドスローでただ巻きする釣りが最も得意です。

特に、ロッドを立ててシンペンを巻きながら引き波を立てる釣り方に向いておりバチパターンやハクパターンには欠かせません。

また、ナーバスなシーバスは派手なアクションを嫌う事があるので水押しの弱いルアーを繊細に操ってバイトさせる釣りも可能です。

ルアーを必要以上に動かさない静の釣りでシーバスを攻略出来るのがL(ライト)クラスのシーバスロッドなのです。

L(ライト)クラスのシーバスロッドを使うメリット・デメリット

メリット

軽量ルアーを使った繊細な釣りが楽しめる

シーバスはカラーローテンションも有効ですがルアーサイズをダウンさせる事はさらに有効な手段です。

7㎝以下の軽量ルアーを静かにただ巻きで泳がせれば途端に興味を示す事も珍しくありません。

このサイズのルアーはLクラスのシーバスロッドでなければキャストが難しくMLクラスではライントラブルを多発してしまいます。

また、ティップが柔軟で必要以上にルアーへアクションを伝えないので繊細な釣りが可能となります。

バチパターンやハクパターンが攻略出来る

シーバス釣りの中でも最も攻略が難しいのがバチパターンやハクパターンです。

ロッドを立てて軽量なシンペンをデッドスローで巻く釣りが有効ですが潮のヨレを的確に流す必要があります。

しかし、MLクラス以上のロッドでは引き抵抗の少ないシンペンから伝わる僅かな変化を受け取る事が出来ません。

その為、Lクラスのロッド出なければこれらのパターンを攻略出来ないと言っても過言では無いのです。

Lクラスのシーバスロッドのメリットを最も感じられるのがバチパターンやハクパターンと認識して下さい。

ワームを使ったアミパターンが攻略出来る

シーバス釣りで攻略が難しいと言われるパターンはいくつか存在しますがその一つがアミパターンです。

水面を漂うアミの動きにシンクロさせるにはプラグよりもワームの方が適しています。

柔軟なティップの反発力だけでキャストして水面を漂うように繊細に攻める釣りが効果的です。

軽量なジグヘッドで水面を流す釣りはメバリングに似ておりLクラスのシーバスロッドなら同じ感覚で攻める事が出来ます。

メバリングロッドと違ってパワーもあるのでシーバスを掛けてから苦戦する事もありません。

ロッドを曲げるスリリングな釣りが楽しめる

Lクラスのシーバスロッドはロッド全体が柔らかくセイゴクラスがHITしても綺麗にロッドが曲がります。

手元に魚の反応がしっかり伝わりMLクラスのロッドよりも掛けたシーバスが大きく感じるはずです。

その為、普段は楽にファイトしているサイズでもスリリングな釣りが楽しめます。

ライトタックルでシーバスを掛けた感覚に似ておりサイズアップが見込めない状況でも満足した1日が過ごせます。

フッキング率が上がる

Lクラスのシーバスロッドはティップが非常に柔軟で吸い込みの弱いバイトも弾く事がありません。

ルアーがスムーズにシーバスの口の中へと運ばれるのでフッキング率が上がります。

特に春先の産卵を終えて体力の無いシーバスを相手にした時はこのメリットを大きく感じるはずです。

シビアなコンディションでも貴重なバイトをしっかりフッキングさせる事が出来るので釣果の伸びが期待出来ます。

バラシが軽減出来る

ティップが柔らかく、ロッド全体が柔軟なLクラスのシーバスロッドは魚を掛けると動きに合わせてティップが追従します。

その為、シーバスが激しく暴れても衝撃を吸収してフックの穴が広がりません。

不意に突っ込まれてもロッドが衝撃を吸収してラインブレイクも防いでくれるのです。

その為、Lクラスのシーバスロッドに持ち替えるとバラシが軽減出来てランディング率が上がります。

デメリット

ディープエリアの攻略が難しい

Lクラスのシーバスロッドはロッドの性質上、25g超えるバイブレーションやスピンテールジグはキャスト出来ません。

その為、ディープエリアのボトムに潜むシーバスをターゲットにする事が出来ないのです。

無理にキャストしようとすればロッドが破損する事もありますから注意して下さい。

港湾部や湾岸エリアで釣りをするときはMLクラス以上のロッドを合せて持ち込むと便利です。

デイゲームでの攻略が難しい

デイゲームのシーバス釣りはルアーを見切られる事が多いので超ハイスピードでの巻きの釣りが主体となります。

更にトゥイッチやダートを多用してリアクションバイトを誘うのが釣果を伸ばすポイントです。

しかし、Lクラスのシーバスロッドはロッドが柔らかくキレのあるアクションを演出出来ません。

その為、デイゲームでの攻略が難しくなりますから活躍する場面が多くありません。

操作性高いML以上のロッドに持ち替えて釣りをする方がバイトを拾いやすくなります。

ランカー狙いには向いていない

LクラスのシーバスロッドはMLクラスとバットパワーを比較すると格段に落ちてしまいます。

同じシリーズで比較してもワンランク以上下になってしまう事がありパワーファイトには向いていません。

ランカークラスを掛けてしまうと確実に主導権を握られて苦戦しながら腕でカバーするファイトを強いられます。

その為、狙いをランカーサイズに絞る時はLクラスのロッドを敢えて外すほうが無難です。

Lクラスのシーバスロッドおすすめ10選

【ダイワ】ラブラックス AGS 90L

高弾性のブランクスを使用しておりキャストがしやすく遠投性、コントロール性が高いシーバスロッドです。

感度も高く潮の僅かな変化やシーバスのショートバイトも的確に手元に伝えてくれます。

細身のブランクスとAGSにより徹底的に軽量化されたロッドですからルアーの操作性も抜群です。

水押しの弱いシンペンやリップレスミノーとの相性が良くバチシーズンにおすすめの商品です。

【ダイワ】シーバスハンターX 90L・R

セカンドロッド用にコスパ良いシーバスロッドをお探しの方におすすめのロッドです。

Kガイドが採用されているのでPEラインとの相性も良くライントラブルを気にせず釣りが楽しめます。

ブランクスはカーボンテープで締め上げられているのでねじれが少なくLクラス特有のダルさを感じません。

軽量ルアーもテンポ良く繊細に操作出来るので攻めの釣りが楽しめるロッドです。

【シマノ】ムーンショット S90L

シャープな操作性と軽快なキャストフィーリングが味わえるコスパ良いシーバスロッドです。

柔軟なティップはバイトを弾く事が無く確実にルアーをシーバスの口に届ける事が可能です。

ファイト中はロッドが綺麗に曲がるので不意な突っ込みにも対応出来、ラインブレイクを防げます。

ロッドのねじれも少なくダイレクトな操作感を味わいながら釣りを楽しむ事が出来ます。

【シマノ】エンカウンター S86L

カーボン強化素材で作られたリールシートが採用されており感度の高さが魅力的なロッドです。

フルキャストしてロッドが捻れないので飛距離が伸び、狙ったポイントを正確に狙い撃ちする事が出来ます。

24gのルアーまでキャスト出来るので、小型のバイブレーションやローリングベイトまでキャスト出来る汎用性の高いロッドです。

【メジャークラフト】「三代目」クロステージ シーバス CRX-862L 

安価な商品ですがコントロール性が高くストラクチャーをタイトに攻める釣りにおすすめのシーバスロッドです。

RFテーパーのロッドでクセが無いので扱い易く意のままにルアーを操作する事が出来ます。

ティップの柔軟性も高くショートバイトも弾かないのでただ巻きで乗せの釣りが楽しめるロッドです。

10g以下の軽量ルアーとの相性が良くミノー、シンペンで繊細な釣りを楽しむ事が出来ます。

【メジャークラフト】ファーストキャスト シーバス FCS-862L

魚を掛けると1ピースロッドの様にしなやかなカーブを描くシーバスロッドです。

グリップ周りの品質が高く上位機種のような軽快な操作感を味わいながら釣りが楽しめます。

中断性カーボンを使用したブランクスはハリと柔軟性を両立しておりクセがありません。

価格も手ごろでパターンに合わせてロッドを持っち買えたいと考えている方におすすめのロッドです。

【アブガルシア】SALTYSTAGE KR-X Seabass SXSS-862L-S-KR

ソリッドティップを採用しバチパターンをワームで攻略する為に作られたシーバスロッドです。

0.8g以下のPEラインとの相性が良くメバリングのような精細なワームの釣りが楽しめます。

軽量なミノーやシンペンの操作にも長けておりアミパターン、バチパターンの攻略におすすめです。

繊細なだけでなくバットパワーも十分ですから80㎝オーバーのシーバスを掛けてもスリリングなファイトでランディング出来ます。

【アピア】GRANDAGE STD 76L

漁港のような小場所の常夜灯周りでバチシーズンに活躍するシーバスロッドです。

小型のプラグを操作しやすく感度が高いので水押しの弱いルアーでも水中の様子が手に取る様に判ります。

食い込み抜群のティップはショートバイトも弾かず確実にフィッキングさせる乗せの釣りが楽しめます。

反発力が強過ぎないのでコントロール性も高くストラクチャーをピンポイントに攻める事も可能です。

【オリムピック】アルジェントRV  GOARVS-862L

国内工場で徹底した品質管理の元、製造されたハイクオリオティなシーバスロッドです。

ティップのブレが少ないのでコントロール性が高くピンポイントにルアーを投げ込むことが出来ます。

感度高いティップは水押しの弱い軽量ルアーを使用しても的確に情報を手元に伝えてくれます。

ロッド全体にハリも持たせてあるので遠投性能も高く広範囲を探る釣りでも活躍するロッドです。

【メガバス】ASTELION AST-77L

コントロール性が高く小規模河川の水門周りや漁港のような小場所でピン撃ちする釣りにおすすめのシーバスロッドです。

ダブル・アップロックシステムでリールをガッチリ固定出来るのでリールの緩みを気にせず釣りに集中出来ます。

繊細さが特徴のロッドですがバットパワーも十分でランカークラスとスリリングなファイトが楽しめます。

まとめ

Lクラスのシーバスロッドは軽量ルアーを繊細に操作する釣りが楽しめます。

MLクラスのロッドとは一味違った攻略が出来るので1本あればシーバス釣りの幅が広がります。

ぜひ、お気に入りの1本を見つけ出して思い出に残るシーバスフィッシングをお楽しみ下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる