MHパワーのシーバスロッドおすすめ8選!ヘビーロッドが活躍する状況は?

シーバスはストラクチャー周りや橋脚周辺に居付きのもの、回遊しているものなど狙うポイントもレンジも多種多様です。

そこがシーバスフィッシングの楽しさでもありますが、ルアーのセレクトも悩みどころなはず。

特に重いルアーについてはロッドとの兼ね合いもあり、選ぶのが大変になる事もあります。

今回は重めのルアーでも気軽に扱えるMHパワーのシーバスロッドに焦点を当て、その特徴やヘビーロッドが得意とするフィールドなどもお話しながら、おすすめのシーバスロッド8選をご紹介します。

MHパワーのシーバスロッドの特徴

MHクラスのロッドは硬さの中で言うと「硬め」に位置します。

バット部が硬いと言う事で利点もあり、弱点も発生してくる水準です。

中間に位置するMLは一般的でバランスが良く使い易いですが、よりテクニカルな操作をしたい方が選ぶロッドの硬さがMHになります。

MHロッドが適したフィールド

魚がスレておらず、狙うポイントが遠投を必要とするフィールドではMHクラスのロッドが活躍します。

従ってサーフや干潟、ロッドによっては磯なども候補にして良いでしょう。

大物を狙うタイプのロッドに多い硬さなので、必然的に長めのロッドに多い硬さになります。

MHロッドのメリット

ロッドが硬い為、重量のあるルアーを遠くへキャストすることに優れています。

しっかりと荷重をかけてキャスティングする事が出来る為、重量級のルアーも豪快にロングキャストが可能です。

また、ロッドの硬さは感度にも関係してきますので、ボトムの形状やショートバイトを振動として手元に感じ易くなります。

MHロッドのデメリット

ロッドが硬い分、しなりが悪いという点が挙げられます。

しならないという事は、軽いルアーをキャストする際にしなりの反動が十分にかからず、飛距離を伸ばす事が出来ないと言うことにつながるので注意が必要です。

逆にロッドが受ける反動は大きくなりますので、シーバスがバイトしてきた際に弾き易くなってしまいます。

ショートバイトを感じ取れてもバラしてしまうのは硬めのロッドにはよくある現象です。

MHパワーのシーバスロッドおすすめ8選

それでは使用に適したフィールドなども合わせながらおすすめのMHパワーのシーバスロッドをご紹介します。

【シマノ】ルアーマチック(S80MH)

MHクラスの汎用性があるロッドとして、エントリーモデルにおすすめするのがこのロッドです。

港湾部や河川などとにかく万能型な為、まずはこのロッドでMHクラスの硬さに慣れていく事でフィールドの感触やテクニックを磨いていける入門用ロッドとなっています。

使い易い上に値段も低価格帯なので、気軽に購入出来るのが嬉しい所です。

【シマノ】ディアルーナ(S100MH)

サーフや河口を攻めるのに適した長さのロッドになります。

10ft以上の長さでロングキャストする事で、MHクラスのロッドのルアーキャスト性能が体感可能です。

粘りと強さのあるブランクスは、大型のシーバスがヒットしても力強く寄せてくる事が可能になります。

ミドルクラスに位置するロッドとして、安定と安心感を持ちながら釣行する事が可能です。

【ダイワ】シーバスロッド レイジー(96MH)

河口やサーフ、広い堤防などで使い易いロッドになります。

本体の重さが180gとスマホ並みの軽さながら、適合ルアー重量は12〜60gまで使用可能な為、重いメタルバイブレーションなども気持ち良くフルキャスト可能です。

広範囲を探っていくフィールドではアングラーへの負担も少なく、シーバスフィッシングを心ゆくまで楽しむ事が出来ます。

【シマノ】ルナミス(S106MH)

大きめのミノーやバイブレーションでサーフ、河口などを広範囲に探る釣り方の他、ライトショアジギングで回遊してくる小型の青物狙いなどにも適したロッドです。

ねじれなどにも強く、潮の流れや強風でもルアーをしっかりとキャスト可能な加工が施されています。

ハイエンドモデルとして高品質な性能をみせてくれるロッドです。

【ダイワ】ラブラックス AGS BS(72MHS)

オフショアでのボートシーバスに適したロッドになります。

取り回しが容易で振り抜き易く、軽量ながら適合ルアー重量が10〜40gまであり、ボートシーバスゲームならこの1本で全て事足りてしまうほどの使いやすさです。

ボートシーバスではロングキャストが不要な事が多い為、MHパワーのデメリットを感じずに釣行が出来ると言う利点もあります。

【テイルウォーク】ソルティーシェイプダッシュ シーバスゲーム(83MH WIND)

ワームを使用した「ワインド」による釣行専用モデルという少しピーキーなロッドになります。

MHクラスのロッドながら柔軟性があるので、軽めのルアーをロッドを振り切ってキャスト出来る点が優秀です。

その場から扇状にエリアを探っていける為、足場が限定されがちなフィールドを得意としています。

【テイルウォーク】ソルティーシェイプダッシュ シーバスゲーム(116MH Hira)

“ヒラ”の名を冠していますが、ショアシーバスでも十分な性能を発揮してくれるロングロッドです。

豪快なファイトを楽しみつつも、フッキングしたシーバスをパワーで強引に寄せて来られる剛性のあるロッドはタフなフィールドでも信頼出来ます。

ロッドの長さがあるので水中の障害物からシーバスを誘導しやすく、常にアドバンテージを取りながらファイトを行えるロッドです。

【ダイワ】レイジー(T106MH-6)

ロッドキャストでサーフや磯を攻める事の出来る振り出し式のロッドです。

前述しているレイジーのシリーズですが、折りたたみサイズが65cmと非常に携行性が良く、大荷物になりがちな磯での釣行も比較的軽い装備で向かう事が出来ます。

振り出し式に良くある糸絡みも、ガイドに加工を施す事で低減しているので安心して大物を狙う事が可能です。

まとめ

硬さのあるロッドは使いこなす事で、よりシーバスフィッシングを楽しめる醍醐味があります。

柔らかいロッドよりも更に戦略性のある釣り方でシーバスフィッシングを満喫出来るようになる為、今までの釣り方から更にレベルアップした釣行を楽しみたい方におすすめするロッドです。

是非、今回おすすめしたロッドを手にして新しいステージを開拓していって下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました