MENU

5000円以下の激安アジングロッド10選!入門に最適な竿を紹介!

漁港や近海に多く生息し季節を問わず楽しめるターゲット〝アジ〟

美味しく身近な庶民の魚ですが、釣りのターゲットとしてはタナ取りやアワせの難しさから、アジングと呼ばれるルアーフィッシングのジャンルを築くに至る好ターゲットそして人気を博しています。

しかしロッドの価格帯の幅が広く性能もマチマチ、入門者は何を使っていいのか迷いますよね。

本稿ではアジングロッドの選び方の解説と、入門者が使いやすい5000円以下の激安モデルのアジングロッドを厳選しご紹介いたします。

タップできる目次

5000円以下の激安アジングロッドは使い物になる?

結論から申し上げますと激安のアジングロッドも使い物になります。

ただし、ハイエンドモデルに比べると感度が低かったりルアーの操作性が低かったりとデメリットもありますが、釣り人の技術力でカバーできる範囲です。

むしろ、激安ロッドを使用したほうが釣り人の技術レベルの向上の一助になるでしょう。

5000円以下の激安アジングロッドを使うメリット・デメリット

メリット

アジングが自分に合っている釣りなのかまだわからない入門者には、値段が安いのが一番のメリットになります。

また、ジャンルのロッドの代用ではなく専用のアジングロッドを使用した方が、ロッドの持つ性能で釣りが捗るでしょう。

代用品と比べると性能は少々拙いながらも、激安のアジングロッドに軍配が上がります。

デメリット

ハイエンドモデルはもちろん、平均的な価格帯のアジングロッドに比べると性能はどうしても落ちてしまします。

しかし、釣り人のもつ技術力でカバーできる範囲ですので、ただ釣りを楽しむ分には激安のアジングロッドで十分でしょう。

更に激安のアジングロッドを使い続ける事で知らず知らずのうちに釣り人の技術レベル自体が向上するのでデメリットばかりではありません。

5000円以下の激安アジングロッドを選び際のポイント

長さ

足場から海面までの距離が短ければ5~6ftのショートサイズのアジングロッドが障害物に引っ掛かりにくく使いやすいです。

また、沖にアジの群れがいるポイントでは、ロッドの長さでルアーの飛距離がかせげますので7ft以上のモデルが良い仕事をしてくれます。

オールラウンドで使えるのは6ftモデルで、ショートサイズとロングサイズのロッドの丁度中間に位置する長さで、コツはいりますが近距離と遠距離両方をカバーできるので初心者には特におすすめです。

竿先(ディップ)

ソリッドディップ

中が詰まっている素材で出来た竿先が〝ソリッドディップ〟と呼ばれています。

ソリッドディップは、曲がりやすくこれがルアーの位置把握の一助となり、フッキングが自然に決まります。

また、口の柔らかいアジの口を痛めにくくフックアウトしにくいのが特徴です。

チューブラーディップ

中が空洞になっている穂先が〝チューブラーディップ〟です。

チューブラーディップには弾性があるので、魚の微細なアタリを手元に伝えてくれます。

ただし、弾性によって魚に気付かれやすいことと、アジの口切れによるバラしの可能性もソリッドより高いです。

微細なアタリを感じやすいので、しっかりフッキングが出来れば数を稼げるロッドです。

ルアーウェイト

0.5g~7gくらいの幅があるロッドだとワームを使た繊細な釣りから、小型のハードルアーを使用したダイナミックな釣りもこなせますのでおススメです。

メタルジグを使用し遠投を繰り返す〝大物狙い〟の場合は10gまである方が使用しやすいでしょう。

ラインキャパシティ

アジは目の良い魚ですので出来るだけ細いラインを使用した方が効率が良いです。

また、アジは小型の魚なので引き味を楽しむためにも細さは重要な要素です。

大体0.4号から1.5号くらいのラインが使用できるモデルが汎用性が高くおススメです。

5000円以下の激安アジングロッド10選

【OGK】アジングショット2

感度が高い〝チューブラーディップ〟を採用し、長さは5.6ftとショートレングスのモデルです。

また、0.3gの小さなジグヘッドも使用できますので、主に漁港で船の間の明暗を狙った釣り方や、常夜灯周りのアジを釣るのに最適なロッドです。

価格も安く優れた性能も併せ持っているので入門用におススメします。

【遠里釣具】フライデー アジ&メバル 73ML 

アジングロッドの中では遠投に向いている7.3ftのモデルです。

ルアーウェイトは0.8g~10gまでと、汎用性も高くさまざまなルアーを使用した戦略的なゲームが楽しめます。

また、カーボンソリッドディップですのでアタリをとりやすくフッキング率も高いので頼もしいモデルです。

【PRO TRUST】BATTLE AXE AJINGバトルアックスアジング BAJ-642

値段は5000円以下ながらデザイン性と性能が優れているコスパの良いアジングロッドです。

ルアーウェイトも幅広く0.5g~8gと繊細な釣りから、軽いジグまで投げられますので尺越えの大物アジも狙えるスペックがあります。

夜釣りの際も竿先が白いので目立ち、ガイドとルアーが絡まるトラブルを軽減してくれるでしょう。

【turingmonkey】ツリモン モバイルパック アジ&メバル TMAM-66L

テレスコピックロッド(振り出し竿)なので飛行機内持ち込み可能な50㎝の仕舞寸法の携帯性に優れたアジングロッド。

適合ルアーウェイトは0.5g~7gと汎用性もたかく、さまざまな戦略でアジングを楽しめます。

もちろん値段も5000円以下と非常にコスパが良いので、メインでの使用はもちろん出張や旅行のお供に欲しくなるモデルです。

【DAIWA】 スピニングロッド LURENIST

グラスファイバーの〝粘り〟が口の柔らかいアジのフックアウトを軽減してくれるグラスアイバーとカーボンの混合素材グラスコンポジットのロッドです。

適合ルアーウェイトは2g~10gのキャパは遠投して大物を狙うのに向いています。

5000円を少し上回りますが一流メーカーの性能は、やはり本物。

遠投してアジを狙うようなポイントの近くに住んでいるなら最適解のアジングロッドです。

【Gokuspe】FRIDAY TROUT(フライデートラウト) SPIN 602UL オリーブ

トラウト様にデザインされたロッドなのでグリップ部のデザイン性とオリーブ色の色調は美しくデザイン性に優れたロッドです。

アジング用としても申し分なく、足場の近くのアジをターゲットに最適な長さ

6ftで、適合ルアーウェイトは0.8g~5g。

4000円以下で購入できるコスパの良さは最大の魅力です。

【Shares】 SOLFIESTA(ソルフィエスタ) Glassy(グラッシー)562FUL / グリーン

グラスファイバーロッド特有の粘りがアジのフックアウトから守ってくれる頼もしいロッドです。

長さは5.6ftと常夜灯周りや船の隙間の明暗を狙うのに向いているモデル。

使っていて面白いロッドですが、クセが強いので初心者には向かないかもしれません。

ただし、バス釣りをやりこんでいる釣り人がアジを始めたり、他分野からのアジングへチャレンジするにはこれ以上面白い竿はありません。

【FIVE STAR】 カーボンロッド ジェットシルバースティック2 56

適正ルアーウェイトが0.5g~7gと汎用性が高く5.6ftのショートレングスが漁港で抜群の使用感があります。

また、メバリングロッドとしてもしようできますのでその日の活性が高い魚種を狙ってルアーを使い分けた使い方が出来るのも嬉しいですね。

少しだけ5000円を上回りますが、自信をもっておすすめできる一本です。

【TAKAMIYA】H.B concept ライトステップII アジング

0.5g~7gの適正ルアーウェイト、アタリを取りやすくバラしにくいソリッドディップを採用、更に穂先の白い塗装が夜間の視認性の一助になる使いやすいモデルです。

「本格的にアジングを始めたい」と思っているアングラーの最初の一本におススメです。

このロッドで安定した釣果が得られれば、ハイエンドモデルに買い替えた時に更に上のレベルのアングラーになるでしょう。

【つり具TEN 】ロックフィッシュ ロッド PAWER MEBARU 76UL

7.6ftなので比較的遠投を想定した釣りに向いている〝大場所〟向けの長さのロッドです。

小型のジグ使用した沖にいるアジを釣る釣り方や、小型のプラグの使用にも向いています。

また、さまざまな魚種を想定しているので時間帯でターゲットを変えて使用できる汎用性の高さから一本持っておきたくなるモデルです。

まとめ

年中釣れる身近なターゲットして知られる〝アジ〟

しかし、ルアーで専門的にねらうアジングともなると難易度は上がり、そのゲーム性から多くの釣り人を虜にしています。

本稿を参考に入門用のアジングロッドを選んでいたただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる