MENU

キハダキャスティング用PEラインおすすめ8選!太さ(号数)等の選び方も!

キハダマグロキャスティングゲームは近年のオフショアビッグゲームの中では、非常に人気で、年々多くの人がキハダマグロのキャッチを夢見てこの釣りに挑戦しています。

大きな水飛沫を上げるド派手なバイト、圧倒的な引き、食べて美味しい魚ともあって、この釣りの魅力は無限大です。

ここでは、そのようなキハダマグロキャスティングゲームの要とも言えるPEラインの選び方や太さ(号数)、おすすめの製品をご紹介していきます。

タップできる目次

キハダキャスティングに使うPEラインの特徴

まず第一にキハダマグロは他の魚種と比較しても非常に力強く走る為、ラインシステムを始めとしてタックルに想像以上に負荷が掛かります。

ですからPEラインに求められる性能もそれ相応の性能が求められます。

特にラインの安定性や信頼度は長時間のファイトを行う上で非常に重要です。

一つでも不安要素があると勝負を掛けるところで、勝負を掛けられずファイト時間が延びる他、ラインブレイクやフックオフの確率も高くなっていきます。

また近年では長時間のファイトによる影響やドラグからの熱の影響(放熱性)を少なくするコーティング処理済のラインも販売されています。

キハダキャスティングに適したPEラインの選び方

太さ(号数)

キハダマグロキャスティングゲームを行うにあたってラインの太さ(号数)を選ぶのに迷う方も多いです。

一概には言えませんが、狙うサイズによって以下の太さを基準にしてみて下さい。

・~30kg:PE4~5号

・~50kg:PE5~6号

・~80kg以上:PE6~8号(必要に応じて10号)

あくまでも基準ですが、ライン選びの際の目安にして下さい。

しかし一点注意して頂きたいのは、ラインは太くなればなるほどルアーの飛距離が落ち、遠くのナブラを撃ち難くなる他、ベイトサイズに合わせた小型ルアーの扱い(キャストを含め)が難しくなります。

この点は経験を積みながらご自身で調整してみて下さい。

編み数

キハダマグロキャスティングゲームで使用するPEラインは基本的に8本撚り以上が多く、太糸になればなるほど4本撚りのラインはあまり販売されていません。

8本撚りであれば引っ張り強度も強く、ガイドを通る際の糸鳴りも少ない為、キャスティングゲームでは非常に扱い易いです。

また太糸になれば編み込む際のPEラインの原糸が太くなる為、キャスティングの際の指によるラインへの影響も細糸と比較すると少なくて済みます。

長さ(糸巻き量)

ヒットしてからのファーストランだけでも100m以上走ることも珍しくないキハダマグロキャスティングゲームでは300m以上のラインキャパシティは必要不可欠です。

極稀に200m程のラインキャパシティで挑む方を見かけますが、ルアーを70m程キャストし、ヒット後100m走られたら残りは30m程しかラインが残らず、ファイトの仕方も変わってきます。

ヒットしたキハダマグロは確実にキャッチできる様、必ず300m以上のラインを用意して下さい。

信頼性

キハダマグロは数多く存在するルアーフィッシングのターゲットの中でもトップレベルに引く魚です。

その為、ファイト時は極限のやり取りをする事も多く、思い切ったファイトをする為にもラインシステムを始めとしたラインへの信頼性は必要不可欠です。

もし仮に以前不明なラインブレイクや高切れをしたラインを使用すれば、ファイト中に度々脳裏を過ぎり、勝負を掛けるところで勝負を掛けられなかったり、不要にファイトタイムを伸ばし、フックオフの確率を上げてしまいます。

自分自身が信頼できるラインを見つけることは、ビギナーの内は簡単ではないですが、好みもありますので、ぜひ信頼できるラインを見つけて下さい。

キハダキャスティング用PEラインおすすめ8選

【YGK】Xブレイド キャストマンブルースペシャル

YGKが販売する廉価タイプのラインでブリやヒラマサ、カツオと言った魚はもちろん30kgクラスのキハダマグロにも対応するコスパの高い製品です。

ラインとしてのクセも少なく、FGノットやPRノット等の摩擦系ノットも組み易く、耐久性も並み以上ある為、初心者の方でどのラインを選んでいいかわからない方には非常におすすめです。

YGKのラインは廉価版といえども信頼できる製品が多い為、選んで失敗が少ないのも特徴と言えます。

【ダイワ】UVFソルティガセンサーX12EX+Si

ダイワが販売するソルトウォーター向けPEラインです。

12本撚りのPEラインでガイド抜けが良い為、飛距離が出し易く、また引っ張り強度、耐摩耗性、マーキング等々、数あるラインの中でもハイクラスのラインで、本格的にキハダマグロを狙いたい方にもおすすめ出来ます。

また400m巻き、600m巻きなどラインナップが豊富な点もこのラインの大きな特徴と言えます。

【YGK】Xブレイド フルドラグX8

YGKのハイクラスラインです。

コシのあるラインで耐久性、引っ張り強度、システムの組み易さ等、大物を目指すアングラーにとって必要な性能がしっかりと備わっています。

私自身このラインを良く使用していますが、不意のラインブレイク等が無く、安心して思いっ切りファイトできる為、非常におすすめ出来ます。

キハダマグロはもちろん超大型のヒラマサやクロマグロにも使用できるラインです。

【シマノ】オシア8(LD-A71S)

シマノが販売するオフショア向けPEラインで高強度、放熱性、耐摩耗に優れたハイクラスモデルです。

このラインの大きな特徴は、ヒートシンクコーティングをされている為、ドラグ熱によるラインのダメージが少なく、まさにマグロゲームに最適な製品と言えるでしょう。

8号でこのラインを使用しましたが、ノットの組み易さはもちろん、毛羽立ち難さもあり、価格以上の性能を実感しました。

50kg以上の大型キハダマグロを目指す方にもおすすめの製品です。

【バリバス】アバニキャスティングPEマックスパワー

ラインメーカーのバリバスが販売する廉価版キャスティングPEラインです。

廉価版ですが、基本性能は充分備わっており、過去使用していて困った事は一度もありませんでした。

他のPEラインと比較すると少々柔らかめのラインですので、好みが別れるところではありますが、選んで間違いはありません。

【バリバス】アバニキャスティングPE SMP

バリバスのハイクラスモデルの中でも知名度、実績がある信頼のラインです。

キハダマグロはもちろん大型のヒラマサゲームにも高い人気を誇るラインですが、使用していて圧倒的な安心感があり、多くのプロアングラーの方も愛用しています。

しっかりとしたコーティングが施されている為、毛羽立ちもし難く、擦れにも強い為、他のラインと比べると寿命が長いのもこのラインの特徴です。

【バリバス】アバニキャスティングPESi-X

クロマグロキャスティングゲームの第一人者である佐藤偉知郎氏がプロデュースしたマグロキャスティングゲーム専用PEラインです。

他のラインにない特殊素材を練り込んでいる為、超大型のマグロとのファイト中に発生してしまうドラグ熱にもしっかりと対応されているなど、まさにマグロゲームに特化したラインと言えます。

100kgオーバーのクロマグロをキャッチする前提で設計されていますので、キハダマグロの中でも80kgクラスの夢の超大型サイズを狙う方に非常におすすめです。

【よつあみ】オッズポートWXP1

ベテランアングラーの中でも知る人ぞ知る超有名ハイクラスラインです。

性能に関してはプロアングラーの中でも折り紙付きで、どのような大型魚に対しても一切怯むことなくファイトすることが出来ます。

性能が非常に高い分、価格もそれなりにしますが、究極を求める方にとってはこれ以上にないラインと言えます。

まとめ

現在ではキハダマグロキャスティングゲームに使用できるPEラインは数多く販売されてきており、様々な種類があります。

経験の少ない方はどれを選べばいいか迷う方も多いかと思いますが、極論言ってしまえば価格に関係なく自分自身が安心して使用できればそれに越したことはありません。

これについては個人の好みや経験に左右されることでもある為、色々試してみてぜひ最適なラインを見つけて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる