MENU

投げサビキ竿おすすめ10選!遠投ロッドの選び方も!

足元を探るサビキ釣りと違って、沖の魚も狙う事が出来るのが投げサビキ釣りのメリットです。

遠投すればサイズアップも狙えますし、岸際に寄り付かない魚もターゲットに含まれます。

しかし、ロッドの長さや号数を考えて選択しなければ、思い通りの釣りが展開出来ません。

通常のサビキロッドでは思うように遠投して広範囲を探る事が出来ないのです。

そこで今回は投げサビキ竿の選び方やおすすめ商品をご紹介させて頂きますので参考にして頂ければ幸いです。

タップできる目次

投げサビキとは

通常のサビキ釣りは、足元に仕掛けを落としてしゃくりながら岸際に寄った魚を狙います。

一方、投げサビキでは遠投して広範囲を探りながら沖を回遊している魚を狙います。

このように、同じサビキ釣りでも狙うポイントが全く異なるので、専用のロッドが必要となるのです。

釣れる魚はサイズアップが見込めますし、足元に寄らない青物などもターゲットに含まれます。

また、普段はサビキ釣りが出来ない石畳やテトラ帯などのポイントからも釣りを楽しむ事が出来ます。

釣り場の選択肢が増えると言う事は混雑を避ける事にも繋がるので、場所取りの必要も無くなるのです。

投げサビキ竿の選び方

長さ

投げサビキでは長い仕掛けを遠投するので、最低でも3.5mの長さが必要となります。

これより短いロッドは仕掛けが地面に付いてキャスト時に引っかける危険があるのでおすすめしません。

ロッドは長い方が遠投性は高くなるので、身長が高くしっかり振り抜ける方でしたら4m以上のロッドを使用しても構いません。

ただし、5mを超えてくるとロッドの重量も増しますし取り回しが悪くなるので気を付けて下さい。

号数

投げサビキの仕掛けはカゴオモリと飛ばしウキを使用するので、キャスト時にロッドへ掛かる負荷が大きくなります。

主に投げ竿や磯竿を使用するのですが、しっかり負荷に耐えられるロッドを選ばなければ折れてしまう事もあるのです。

投げ竿を使用する時は、オモリ負荷が10~20号を使用すれば安心してフルキャストする事が出来ます。

また、磯竿を使用する時は3~4号を選択すれば繊細なティップを破損する事がありません。

使用出来るオモリの号数、錘負荷の数字をチェックしてからロッドを購入して下さい。

ロッドの素材

投げサビキは安価な投げ竿や磯竿を使用して楽しむ事が出来るのですが自分に合った素材で作られたロッドを選択して下さい。

ロッドの素材は主にカーボン、グラスに別れており、それぞれメリット、デメリットが存在します。

おすすめなのはカーボンで、ロッドの反発力を利用して少ない力でも遠投する事が出来ます。

しかし、グラスに比べて価格が高いデメリットがありますが、他の釣りへの流用も可能です。

一方、グラスは価格が安くカーボンよりも丈夫なので、初心者でも気軽に投げサビキ釣りを楽しめます。

しかし、反発力が弱いので遠投し難く自重が重いと言うデメリットも存在します。

ロッドの種類

投げサビキは投げ竿、磯竿を使用すれば、長さを生かして遠投して広範囲を探る事が出来ます。

釣り初心者の方やお子様と投げサビキを楽しむ方は、ティップを破損し難い投げ竿がおすすめです。

使いやすさを優先する方は、弾力性のある磯竿を使用すれば遠投して投げサビキらしい釣りが楽しめます。

他にも、汎用モデルとして販売されている振出し竿を使用して楽しむ事も可能です。

使い勝手は悪くなりますが、10fクラスのシーバスロッドを流用して楽しむ事も出来ます。

リールシートの形状

リールシートはフード部分をスライドさせるプレートシート、ナットで締め上げるパイプシートに別けられます。

投げサビキ釣りでは、遠投性を生かすために大型リールを使用するのが基本です。

その為、キャストを繰り返してもリールにガタ付きが発生しないパイプシートを装着したロッドを選択して下さい。

プレートシートに比べて頑丈ですから、長期間使用しても破損する事がありません。

投げサビキ竿おすすめ10選

【ダイワ】リーガル 3号-45遠投

感度の高いチューブラーティップを搭載しており、穂先を破損し難いので初心者でも扱いやすいロッドです。

大型リールを装着してもしっかり握り込む事が出来るので、パワーロスの無い遠投が出来ます。

グリップ部分は滑り止め防止加工が施されているので、手を洗った後、濡れたままロッドを持っても大丈夫です。

【ダイワ】インターライン リーガル 遠投 3号-45遠投

中通しタイプのロッドで、風が強い日でもガイドへの糸絡みを気にせず遠投する事が出来ます。

エントランスガイドは足の高い大口径タイプが採用されているので、ラインの放出がスムーズで飛距離が落ちません。

ブランクス内部はリニア構造と呼ばれる技術が採用されており、ラインがベタ付かず外ガイドロッドと同じ感覚で使用出来ます。

【ダイワ】リバティクラブ ショートスイング 15号-360・N

仕舞寸法が76cmと携帯性に優れた振り出しロッドで、電車で釣りに行っても邪魔になりません。

バットセクションをカーボンテープで締め上げているのでねじれが少なく、反発力を生かして仕掛けを遠投する事が出来ます。

グリップエンドにはゴム素材を使用しているので、初心者でもしっかり握り込んで振り抜けます。

【シマノ】ホリデーイソ 3号-400

カーボンチューブラーテイップを搭載しているのでキャスト時にブレが少なく、初心者でも遠投しやすいロッドです。

非常に軽く振り抜きやすいので、キャストが苦手な方でもロッドの性能を引き出す事が出来ます。

竿尻が短いので操作性にも優れており、潮の流れが速い場所でも快適に投げサビキ釣りを楽しめます。

【シマノ】ホリデースピン (405EX-T)

初心者向けのロッドですが、ガイドフレームやリールシートがステンレスで作られており耐久性に優れています。

反発力の強いカーボン素材で作られているので、仕掛けの重さをロッドに乗せて簡単に遠投する事が出来ます。

カーボンの目地がしっかり浮き出たかっこ良いデザインで作られており、上位機種のような仕上がりです。

【シマノ】サーフチェイサー (385FX-T)

長さが4mを少し切るロッドなので、小柄な女性やお子様でも簡単に振り抜いて遠投する事が出来ます。

グリップ部分は手が滑りにくく握り込みやすい特殊ラバーを使用しているので、パワーロスの無いキャストが楽しめます。

ブランクスはねじれ防止を目的としたカーボンテープの補強が施されているので巻き上げも楽です。

【ライズウェイ】サビキMASTER 360

漁港の中のように狭い場所で投げサビキを楽しむのに最適な柔らかいロッドです。

通常のサビキと併せて楽しむ事が出来るので、魚の回遊によって仕掛けを使い分ける事が出来ます。

グリップ部分はEVAシートを巻きつけてあるので、手に馴染みやすく濡れた手で使用しても滑りません。

頑丈で折れにくく、コストパフォーマンスにも優れているので、釣り初心者におすすめのロッドです。

【OGK】ブロード磯アップグレード 4-450遠投

リールシートにはパイプシートを採用しているので、大型リールを装着しても釣りの最中にズレる事がありません。

カーボン含有率が30%と低いので反発力が強すぎず、不意に大物が掛かっても粘りを生かしたファイトでランディング出来ます。

バットパワーも強いので、遠投しても回収が楽で手返し良い釣りが楽しめます。

【タカミヤ】H.B concept HIBIKI ISO FUKASE-EX 遠投 3-450

胴の部分にハリを持たせた設計になっているので、仕掛けの重さを乗せやすく初心者でも気軽に遠投出来るロッドです。

青物を掛けても引き寄せるパワーを持っているので、沖を回遊する大物狙いにも使用出来ます。

ブランクスは軽量なカーボン素材を使用して作られているので、振り抜き速度が上がり飛距離が伸びます。

【宇崎日新】ロッド N'S 遠投 3号4505

大型リール対応のリールシートを搭載しており、キャストを繰り返してもガタ付きが発生しません。

ルアーロッドで使用されるKガイドを搭載しているので、風の強い日でもライントラブルが軽減されます。

シャープな調子で作られているのでキャストしやすく、操作性の高いロッドです。

軽量化も徹底されているので、振り抜き感が抜群で気持ち良く遠投する事が出来ます。

まとめ

投げサビキのメリットは、岸際に寄り付かない魚をターゲットに出来る事です。

手前が浅い石畳やテトラ帯など、サビキ釣りには不向きな場所からでも楽しむ事が出来ます。

釣れる魚のサイズアップや狙えるターゲットに幅が出るのでぜひ、チャレンジしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる