MENU

投げサビキリールおすすめ10選!遠投向けの機種を厳選!

投げサビキは名前の通り、サビキ仕掛けを遠投して魚にアプローチする釣り方です。

その為、普段のサビキ釣りとは違って遠投性に優れたリールが必要となります。

単純な釣りだからこそ道具による差が出やすいので、リール選びが釣果に響くのです。

そこで今回は投げサビキに適したリールを使うメリット、リールの選び方、そしておすすめ商品をご紹介させて頂きます。

初心者でも気軽に楽しむ事が出来る敷居の低い釣りですから、普段のサビキ釣りと併せてお楽しみ下さい。

タップできる目次

投げサビキに適したリールを使うメリット

より広範囲を探る事が出来る

投げサビキで狙う魚はアジやサバ、そしてカマスなどなど回遊性の強い魚です。

これらの魚は日によって回遊ルートが異なるので、必ず岸近くに寄ってくるとは限りません。

しかし、遠投性に優れたリールを使用すれば広範囲を探る事が出来るので、釣果が安定します。

今までフルキャストしても届かなかった新しいポイントを見つける事も出来ます。

沖の潮目を狙う事が出来る

魚は餌が貯まりやすい潮目に溜まる性質を持っているので、遠投性が高いリールを使用すれば居場所をピンポイントで叩けます。

ブリやカンパチなどの若魚は特にこのような場所に溜まりやすいので、普段は出会えない魚を釣りあげるチャンスも生まれます。

また、アジやサバも大きくなると潮の付近に溜まる事が多いので、普段よりも大きいサイズを狙う事が出来るのです。

サビキ釣りに不向きな場所でも釣りが楽しめる

遠投性の高いリールを使用すれば、手前が浅い石畳の釣り場もポイントにする事が出来ます。

サビキ釣りで込み合う足場の良い堤防を避けてのんびり釣りを楽しめるのです。

また、サーフに回遊してくる尺超えのアジや小型の青物も狙う事が出来るようになります。

サビキ釣りが出来るポイントが増えるという事は、それだけ魚と出会うチャンスも広くなるという事です。

投げサビキリールの選び方

リールサイズ

糸グセが付きにくい大型リールの方がラインの放出がスムーズになり飛距離が伸びます。

使用するラインはPEライン、ナイロンラインのどちらかになるのでこれらが100mほど巻けるリールが必要となります。

この条件を満たすリールは番手の数字で示すと2500~3000番になるので選ぶ時の目安にして下さい。

大きいものは重量も増して手持ちでは使いにくくなるので、より遠投性を求める方も4000番までにして下さい。

リールの種類

リールはスピニングリール、ベイトリールに別けられますが、遠投性を生かすにはスピニングリールを選択して下さい。

ベイトリールはパワーを生かした巻き上げが出来ますが、ライントラブルを多発するのでお勧めしません。

仕掛けの重量、魚が掛かった時の負荷を考えても十分、スピニングリールでカバーする事が出来ます。

スピニングリールを選択しておけば、ぶっこみ釣りなど他の釣りへも流用しやすくなるメリットが得られます。

ギア比

投げサビキで狙う魚は回遊魚なので、常にポイントでステイしてくれるとは限りません。

その為、魚を掛けたらすぐ回収してまた仕掛けを投げ込む、手返しの良さが求められる釣りです。

よって、ギア比は巻き上げる速度が速いハイギアのリールをおすすめします。

リールの型番にHやXHと英語で表記されているので初心者の方でも簡単に見分ける事が出来ます。

ハンドル

ハイギアのリールは巻き上げ速度が速いのですが、ローギアのリールに比べて巻き上げる重さを感じます。

これはギア比の特性でありリールの性能による差ではありませんから、ハンドル形状によってカバーするしかありません。

出来るだけ長いハンドルを搭載し、手でしっかり握り込めるノブを採用したリールを購入して下さい。

ルアー用のリールでしたらこのようなハンドルを標準装備している商品も多く販売されています。

投げサビキリールおすすめ10選

【ダイワ】クレスト LT3000-CXH

大口径で逆テーパーのスプールを搭載しており、ライントラブルが起きにくく遠投性にも優れたリールです。

ラインローラーに角度を付けて巻き取る事が出来るので、ナイロンラインを使用しても糸ヨレを抑える事が出来ます。

ボディーはダイワオリジナルのファイバー強化特殊プラスチックで作られており、軽くて剛性も高いです。

【ダイワ】レガリスLT4000D-CXH

4000番のリールですが、非常に軽く作られているので手に持ったまま釣りをしても疲れません。

エアローターを採用しているので回転性能が高く、糸ヨレをマメに巻き取る動作が楽に行えます。

また、LC-ABSスプールと呼ばれる大口径、逆テーパーのスプールを搭載しているので、初心者でも飛距離が伸びやすいリールです。

【ダイワ】カルディア LT3000-XH

ハイギア搭載のリールですが、エアローター、大口径のデジギアを搭載しているので巻き心地が滑らかでストレスを感じません。

本体はカーボンを含んだ特殊樹脂で作られており非常に軽く、高い剛性を有しています。

また、マグシールド搭載の機種ですから防水性が高く、コマセで汚れても水洗いして綺麗に保つ事が出来ます。

【シマノ】セドナ C3000HG

エントリーモデルのリールですが、遠投性に優れたAR-Cスプールを搭載おりライントラブルも抑制出来ます。

スプールを前後させる駆動部分を本体上部に設置してあるので、手に持っていても重さを感じる事がありません。

ギアにはシマノの金属加工技術が生かされており、密に噛み合うのでノイズの少ない巻き心地が味わえます。

【シマノ】サハラ C3000HG

サイレントドライブと呼ばれる特殊な機能を搭載しているので、巻き心地が滑らかでスムーズに仕掛けを回収出来ます。

ノイズやガタ付きも少ないので巻き感度にも優れており、回収中に針に掛かった魚のアタリも見逃す事がありません。

AR-Cスプールを搭載しているのでラインの放出がスムーズで、初心者でも簡単に遠投出来るリールです。

【シマノ】ナスキー C3000HG

耐久性の高いギアを搭載しているので、滑らかな巻き心地が衰えないリールです。

負荷が掛かってもギア同士がしっかり噛み合うので、多点掛けした仕掛けも安心して回収出来ます。

また、隙間から水の侵入を防ぐコアプロテクトを搭載しているので、お手入れも簡単です。

レスポンス良く巻き上げる動作も得意ですから、ラインを操作して潮目に流し込む事も出来ます。

【アブガルシア】OCEANFIELD 3000H

ロケットスプールと呼ばれるラインの放出性に優れたスプールを搭載しているリールです。

ラインの広がりを抑える形状になっているので、トラブルを気にせずフルキャストが楽しめます。

ベール周りも糸絡みしにくい形状に作られているので、風が強い日でも安心して使用出来ます。

浅溝替えスプールが付属しているので、ターゲットに合わせてラインを使い分ける事も可能です。

【アブガルシア】Revo MGX 3000SH

ラインを均一に巻き取る事が出来るので、キャストを繰り返してもスプール内でバックラッシュを起こしません。

また、ベール接合部は凹凸の無いスムーズな形状に仕上げられているので、ベール周りの糸絡みも発生しません。

カーボン素材を贅沢に使用して作られているので、非常に軽く剛性も高いリールです。

【テールウォーク】SPEAKY 3000HGX

3Dアルミマシンカットギアを採用しており、シルキーな巻き心地でストレス無い釣りが楽しめるリールです。

ハンドル長が60mmあるのでハイギア特有の重さを感じにくく、少ない力でも楽に巻き上げる事が出来ます。

また、ドラグの滑り出しも滑らかで大型の青物やボラのスレ掛かりも柔軟に対応出来、ラインブレイクを防げます。

【Goture】スピニングリール 3000

ギア比6.2:1のハイギアを搭載しているので、遠投しても素早く仕掛けを回収する事が出来ます。

また、駆動部分には耐久性の高いステンレス製のベアリングが9つ搭載されており、滑らかな巻き心地を味わえます。

安価な商品ですが軽量化も徹底されており、ワンランク上の実釣性能を持っているリールです。

まとめ

遠投性能に優れたリールを使用すれば、沖の潮目を回遊する魚も狙い撃ちする事が出来ます。

サイズアップも狙えますし、ブリやカンパチなどの若魚もターゲットにする事も可能です。

ぜひ、お気に入りのリールを見つけてフルキャストしながら釣りをお楽しみ下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる