MENU

船メバル用サビキワームおすすめ6選!選び方も!

ヒットすると小気味良い引き味で釣り人を魅了する人気ターゲットのメバル。

船からメバルを狙う船メバルはマニアックなベテラン釣り師も多く、年々攻略方法が増えています。

そのなかで特に注目を集めているのはサビキ仕掛けに使用できるワームです。

そこで今回は、船メバルでサビキ仕掛けに使用できるおすすめのワームを紹介します。

ワームのサイズやカラーの選び方についても解説するので、ぜひご参考にしてください。

タップできる目次

船メバルのサビキ仕掛けはワームでも釣れる?

船メバル用のサビキ仕掛けにワームをセットしてもメバルの釣果を出せます。

サビキ仕掛けには針に擬似餌がつけられているため、ワームを使用しなくても釣りは可能です。

しかし、サビキの針につけられた擬似餌だけではアピール不足のときには、ワームをセットするとより多くの釣果を望めます。

またサビキ仕掛けでなく、擬似餌がついていない通常の胴付き仕掛けにもワームをセットしてメバルを狙えます。

ワームはさまざまな場面に役立つので、船メバルに行くときには用意しておきましょう。

船メバルのサビキにワームを使うメリット

船メバルのサビキ仕掛けにワームを使用するメリットは、なんといってもアピール力をアップできることです。

サビキ仕掛けの針につけられた擬似餌だけでも十分に釣果を出せますが、ときにはなかなか反応が得られない場面も。

特にメバルの活性が低いときにはワームのアピール力が効果を発揮し、アタリが多くなることがあります。

また通常の胴付き仕掛けでエサの代わりにワームを使用すると、アタリがあってもエサのように取られにくい点もメリットです。

そのため、胴付き仕掛けでメバルのアタリが多く、エサがすぐに取られる状況ではワームを使用してみましょう。

エサを付け替える必要がなくなり、手返しがアップし、より多くの釣果を期待できます。

船メバル用サビキワームの選び方

形状

サビキ仕掛けに使用できるワームには、メバルが好むエビやシラスの形状に似せたタイプがあります。

まずはこのエビやシラスに似せたワームを使用してメバルを狙ってみましょう。

またワームでメバルを狙うルアーフィッシングのメバリング向けに作られたワームも使用可能です。

メバリング用のワームを使用する場合には、ストレート形状をしたピンテールワームをおすすめします。

ピンテールワームは細長いテールがヒラヒラと動き、メバルにアピールできます。

またワームのテールにティンセルが付けられた珍しい商品も。

ケイムラカラーのティンセルが採用されている商品もあり、カラーでメバルに強くアピールします。

サイズ

サビキ仕掛けにセットするワームは1〜3インチのサイズをおすすめします。

1インチは2.54センチなので、覚えておきましょう。

1〜3インチのなかで特に出番が多いのが1〜2インチです。

1〜2インチのサイズを中心に、大型サイズが狙える場面には3インチを使用してみてください。

3インチ以上のサイズでも使用できますが、小型サイズが中心となる場面では食い込みが悪くなることも。

またワームのボディが太いと食い込みが悪くなることもあるので、注意が必要です。

アタリがあってもなかなかヒットしないときには、なるべく細身で短いワームを使用するようにしましょう。

カラー

船メバルにはグリーンやレッド、グロー、クリア、ブラウン、ピンクなどさまざまなカラーのワームを使用できます。

さまざまなカラーのワームを用意し、サビキ仕掛けの針にカラーが異なるワームをセットして反応を探る方法もいいでしょう。

そのなかで反応が良いカラーのワームを見つけ出すと、より数釣りに期待できます。

釣り人には不人気ですが、黒系のカラーにメバルの反応が良いことも多くあります。

上記に挙げた定番カラーで反応がないときには、黒系のワームを使用してみるのもおすすめです。

メバリング用のワームには黒系のカラーリングがされたモデルも数多く販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

船メバル用サビキワームおすすめ6選

【ヤマシタ】ワームバケⅡ シラス

エサ釣り用の仕掛けを多数販売し、船釣りから堤防釣りまで幅広く人気が高いヤマシタが販売するおすすめの商品です。

ソフトで収縮性抜群の素材を採用していて、強度も高く、メバルを釣っても壊れにくい魅力があります。

またサイズは6種類、カラーは3色のラインナップがあり、サイズやカラーの違いによる反応も探れます。

【ヤマシタ】ワームバケⅡ モエビ

ヤマシタが販売する船メバルでは定番のエサであるモエビを模した形状でおすすめのワームです。

サビキ仕掛けにはもちろん、胴付き仕掛けにも使用でき、エサを付け替える手間を省き、手返しアップに貢献します。

またMサイズは25mm、Lサイズは30mmとメバル釣りには最適なサイズがラインナップされている点も魅力的です。

【オルルド釣具】夜光 小エビソフトワーム

低価格でも実用的な商品を販売し、コスパ最強との声も多数あるオルルド釣具のおすすめのワームです。

100個、200個、300個入りの商品がラインナップされていて、いずれも低価格でコスパ最強といえます。

サイズは30〜40mmでカラーには夜光が採用されていて、サビキ仕掛けはもちろん、エサを使用した夜釣りにも使用可能です。

【フィッシュアロー】フラッシャーワーム 1インチ SW

ワームボディにティンセルがついていて、サビキとワームのハイブリッドとなるおすすめの商品です。

ティンセルはケイムラカラーで、紫外線が当たると発光し、メバルに対して強くアピールできます。

またワームボディのカラーラインナップが豊富で、カラーによるメバルの反応の違いも探れる点も魅力といえます。

【ジャッカル】アミアミマイクロ

メバリングやアジングで人気が高いワームで、サビキ仕掛けにもおすすめの商品です。

1インチアンダーの超極小ワームでありながら、味と匂いでメバルにアピールでき、食い込みやすい点が魅力といえます。

またテールが非常にしなやかで、吸い込みやすさ抜群。

小型のメバルでもしっかりと吸い込み、フッキングに持ち込めます。

【メジャークラフト】パラワーム フォール虫

メジャークラフトが販売している8本入りで400円ほどと、低価格で購入できるおすすめのワームです。

メバリングやアジング用のワームで、特にフォール中の動きが良い特徴があります。

そのため、仕掛けを竿でゆっくりと上げ下げしてフォール中にメバルの反応を探る釣りに最適です。

また12本の足が微波動を出し、メバルにアピールできます。

まとめ

今回は船からのメバル釣りでサビキ仕掛けに使用できるおすすめのワームを紹介しました。

サビキ仕掛けにワームを使用すると、より強くメバルにアピールできます。

またワームは胴付き仕掛けにも使用できるので、ぜひ導入してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる