MENU

メバルの船釣り用リールおすすめ10選!サイズ等の選び方も!

釣り味も食味も良く、数釣りもできることから釣り人の間で大人気の船からのメバル釣り。

メバル釣りは船釣りのなかでもマニアックなベテランが多く、長年魅了されている釣り人が後を絶えません。

そのような魅力があるメバル釣りではロッドに次いでリール選びが重要で、悩んでいる人も多いはず。

そこで今回は、船からのメバル釣りにおすすめのリールを紹介します。

選び方についても解説するので、ぜひご参考にしてください。

タップできる目次

メバルの船釣り用リールの選び方

タイプ

メバルの船釣りでは両軸リールを使用します。

メバル釣り専用ロッドにはこの両軸リールに対応したグリップを搭載しています。

そのため、スピニングリールをセットすると握り込みにくくなり、操作性が著しく低下し、釣りがしにくいです。

まずは両軸リールを購入し、メバル釣りを楽しんでみましょう。

メバル釣りでは一日手持ちでも疲れにくく、操作性も高い手巻きリールを使用します。

一方、メバル釣りで50mほどの深場を探る場合や、40号以上の重たいオモリを使用する場合には電動リールも使用可能です。

電動リールは深場から仕掛けを回収するときでも楽々と仕掛けを回収でき、手返しアップにも貢献します。

サイズ

船からのメバル釣りではPEライン1号をメインラインとして使用します。

また高切れやライントラブルが起こるのを考慮し、そのPEラインをリールに200mほど巻いておくと安心です。

そのため、使用する両軸リールにはPEライン1号を200m巻ける糸巻き量が必要になります。

シマノ、ダイワのいずれも100番、150番がPEライン1号を200m巻けるサイズでメバル釣りには最適です。

200番以上のサイズはPEライン1号を200m以上巻けますが、重量が重たくなります。

重量が重たくなると操作性が低下するため、おすすめできません。

また電動リールを選ぶ場合にはシマノ、ダイワともに200番をおすすめします。

ギア比

船からのメバル釣りでは、基本的にハンドル1回転あたりの巻き上げ長が長いハイギアをおすすめします。

ハイギアは仕掛けを素早く回収しやすいため、手返しアップに貢献。

船からのメバル釣りで数を伸ばすには、この手返しの速度が重要です。

手返しが早くなればなるほど、仕掛けを海中に投入している時間が長くなり、よりチャンスを広げられます。

一方、メバルを多点掛けしたときに仕掛けを楽に回収したい人は、巻き上げが楽にできるノーマルギアも使用可能です。

ノーマルギアは巻きが軽い特性があり、魚がヒットしてもスルスルと軽く巻き上げられます。

機能性

両軸リールには水深がわかるカウンターが付いているモデルがあります。

メバル釣りでは底付近しか探らないため、カウンターがなくても釣りは可能です。

しかし、カウンターがあるとより正確なタナ取りができるようになり、また再現性が高い釣りができます。

正確なタナ取りができると、船長から指示があったメバルが濃い層に仕掛けを留めやすくなります。

再現性が高い釣りができると、一度メバルが釣れた層に再び仕掛けを沈めて、メバルの数釣りができる可能性もアップ。

そのように、レンジをよりテクニカルに攻略し、数釣りを狙いたい人にはカウンター付きのリールをおすすめします。

カウンターが付いているとやや重いですが、近年では軽量なカウンター付きリールも増えています。

メバルの船釣り用リールおすすめ10選

【シマノ】バルケッタBB

シマノが販売しているさまざまな釣りに使用できる両軸リールで、コスパに優れていると大人気のおすすめ商品です。

1万2千円ほどで購入できる低価格なリールながら、カウンター付きでタナを確認するのに役立ちます。

またハンドルが長く、ハイギアでもパワフルな巻き上げをサポートし、多点掛けをしても楽にキャッチに持ち込めます。

【シマノ】ゲンプウXT

シマノが販売する1万円以下で購入できる低価格なリールで、150番で195gと軽量にできたおすすめの商品です。

大型のハンドルノブを搭載し、かつ55mmのロングハンドルを採用していて、パワフルな巻き上げを実現しています。

船からのメバル釣りはもちろん、ライトアジやタイラバなどさまざまな釣りに流用できる点も魅力的です。

【シマノ】スティーレ SS

軽量な両軸リールを探している人必見、2万円台のリールで160gと非常に軽量にできたおすすめの商品です。

通常はハンドル側に付いているメカニカルブレーキをパーミング側に配置してあり、よりリールがコンパクトになっています。

そのため、握り込みやすく、またバランスにも優れていて、軽さと相まって抜群の操作性を実現しています。

【シマノ】バルケッタ プレミアム

シマノの大人気両軸リールのバルケッタシリーズのなかで、最高峰に位置する高性能なおすすめの商品です。

フォール速度を調節できるレバーを搭載していて、スローなフォールに反応しやすいメバルには最適な機能といえます。

またマイクロモジュールギアを搭載し、巻き心地も非常にスムーズで、まさに最高峰と呼ぶに相応しい仕上がりです。

【シマノ】フォースマスター 200

シマノがリリースしている大人気の電動リールであるフォースマスターシリーズでは、200番のモデルもラインナップ。

PEライン1号を220m巻ける糸巻き量があり、船からのメバル釣りにも対応できます。

小型電動リールながらパワーも十分で、素早く仕掛けを回収可能です。

またロッドを持つ手で巻き上げ速度を調整でき、より操作性も向上しています。

【ダイワ】PR100

ダイワの両軸リールから低価格なモデルを購入したい人におすすめしたい商品です。

信頼が高いダイワの製品ながらなんと3千円台と、非常に低価格で購入できます。

本来はルアーフィッシングに対応しているキャストができるモデルですが、船釣りにも十分使用可能です。

これから船のメバル釣りを始める入門者には特におすすめします。

【ダイワ】フネ X

1万円を下回る低価格な両軸ながら、190gと非常に軽量で、コスパに優れているおすすめの商品です。

ロングハンドルとEVAのハンドルノブを搭載し、多点掛けしても楽々と巻きあげられる魅力があります。

またPEライン1.5号を200m巻ける糸巻き量があるので、メバル釣りだけでなく、さまざまな釣りに流用できる点も魅力的です。

【ダイワ】ティエラ IC

ダイワが販売しているカウンター付きの両軸リールで、非常に軽量にできたおすすめの商品です。

カウンター付きの両軸リールながら165gで、ロッドに合わせてもタックル全体を軽くできる魅力があります。

軽量でも耐久性がしっかりとあり、また巻き心地も軽く、スムーズで使い勝手が良いリールに仕上がっています。

【ダイワ】スパルタン IC

ダイワが販売する1万5千円ほどで購入できる両軸リールで、強度が高いアルミフレームを搭載したおすすめの商品です。

カウンターにはLEDバックライトを搭載していて、夜に船からメバルを狙うときでも見えやすい利点があります。

またドラグ性能も十分に高く、大型のメバルがヒットしてもラインブレイクを防げます。

【ダイワ】ライトSW X IC

ダイワが販売しているカウンター付きの両軸リールで、1万円ほどで購入できるコスパに優れた商品です。

強度が高いスーパーメタルフレームを採用していて、メバル釣りでスズキなどの外道がヒットしても問題ありません。

また低価格でも水深5mより1m間隔でアラームが鳴る機能も搭載し、穂先の巻き込みによるトラブルも防止できます。

まとめ

今回は船からのメバル釣りにおすすめの両軸リールを紹介しました。

メバル釣りは比較的釣果が出しやすく、数釣りもできる魅力的な釣りです。

タックルを揃えて、ぜひメバル釣りの魅力を堪能してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる