MENU

大容量の釣り用バッグおすすめ12選!人気フィッシングバッグを厳選!

遠征する時や1日の中で様々なターゲットを相手にする時はどうしても道具が多くなってしまいます。

沢山のフィッシングバッグに小分けして持ち運ぶとバッグが持ちにくくて機動性が下がったという経験者も多いはずです。

そんな時におすすめなのが大容量の釣りバッグでショルダーバッグ、ヒップバッグ、リュックなど様々な商品が販売されています。

メリット・デメリット、選び方やおすすめ商品をご紹介させて頂きますので活用して頂ければ幸いです。

タップできる目次

大容量の釣り用バッグを使うメリット・デメリット

メリット

大容量の釣り用バッグを使用すれば、リールやバッカンなどの道具も小物と一緒にまとめて運ぶ事が出来ます。

荷物が一つにまとまるので移動しやすく、電車の中で沢山の荷物を網棚に載せて迷惑を掛ける事もありません。

また、餌釣りやルアーフィッシングなどジャンルの異なる釣りをしてもバッグ1つで出掛けられます。

渡船で磯や波止場に渡ったり、船釣りを楽しむ時に荷物の受け渡しが楽になるというメリットも生まれます。

デメリット

大容量の釣りバッグを使用して最もデメリットを感じるのは持ち込む荷物が少ない時です。

無駄な空間が生まれるだけで、わざわざ重さの増す容量の大きなバッグを持つメリットが何も感じられなくなります。

また、バッグが大きいと言う事は、その分持ち運ぶのが面倒になり思う様に釣り場の移動も出来ません。

特にランガンスタイルが主流のルアーフィッシングではこのデメリットを大きく感じます。

その為、小さな携帯用のバッグも合わせて持ち込み、大きなバッグは車に置くなどしてデメリットを打ち消して下さい。

大容量の釣り用バッグの選び方

種類

ショルダーバッグ

ショルダーバッグは肩に掛けたまま欲しい荷物をさっと取り出す事が出来ます。

ランガンススタイル歩き回る釣りに適しており、さっとルアー交換できるのでチャンスを逃しません。

取り出し口が大きく開き、上からしっかり中身を確認出来るので物を探す時にも便利です。

また、リュックと違って電車の中で立っていてもさっとバッグを床におけるので周りに迷惑を掛けません。

ヒップバッグ

ヒップバッグを利用すれば、腕周りがすっきりするので荷物を持ったままでもストレス無くキャストが楽しめます。

腰全体で荷物の重みを支えることになるので、重量が分散されて重い物を持ち運んでも体への負担を軽減してくれます。

荷物をさっと取り出せますし、床に置くことは無いのでバッグが汚れる事もありません。

リュック

荷物の重みを両肩に分散させることが出来るので重い荷物を持ち運ぶのに便利です。

ショルダーバッグと違って腕周りの自由度が高いのでロッド操作を邪魔する事もありません。

ヒップバッグに比べて容量が大きく雨具やバッカンなども一度にまとめて運ぶことが出来ます。

難点は荷物を取り出す度に背中から下ろさなくてはいけない事、中の荷物が取り出し難い事です。

防水性

大容量のバッグは傘を使用すると必ず傘からはみ出て濡れてしまうので表面が防水加工された商品を選んで下さい。

汚れても水を含んだタオルでさっと拭き取れば綺麗になるのでいつでも綺麗な状態で使用する事が出来ます。

防水チャックを使用した商品を選べば傘からはみ出たり、急な雨に襲われても中身が濡れる事はありません。

ポケットの数

大容量の釣りバッグは沢山の物を収納出来るのですが、頻繁に使用する物を取り出す時に不便さを感じてしまいます。

その為、荷物が整頓しやすいようにポケットの数が多い商品を選ぶのがポイントです。

ルアーケースが入る大きさ、厚みのポケットがあるものを選択すれば荷物を沢山持ち込んでもルアーや消耗品がすぐに取り出せます。

カラナビの装着出来る商品を選ぶ

釣り場ではフィッシンググリップやニッパー、懐中電灯などを使用する頻度が多いです。

これらのアイテムは片手にロッドを持ったまま扱う事も多いので手が滑って海に落としてしまう事もあります。

その為、落下防止のカラナビ付きスパイラルコードがセット出来るバッグを選択して下さい。

カラナビ自体が装着されているバッグも販売されているので落下防止に役立ちます。

大容量の釣り用バッグおすすめ12選

【ダイワ】タックルバッグ WPトートバッグ L(A)

縫い目が少なく表面の防水加工、止水ファスナーと急な雨からしっかり中身を守ってくれるショルダーバッグです。

内面もしっかり銀鏡仕上げが施されているので汚れがつきにくく濡れた物を収納する事も出来ます。

開口部が大きいので畳みにくいフローティングベストや小さいタモ網などの収納にも困りません。

【ダイワ】EMT(B)ヒップバッグ

エギンガーにおすすめの大容量釣りバッグでエギマット付きのポケットからすぐにエギを取り出す事が出来ます。

サイドにはランディングツールやドリンクを収納する場所も設置されておりロッドだけを手にしてランガンが楽しめます。

小物の収納に便利なポケットが外側、内側に付いているので荷物を整頓するのも簡単です。

【シマノ】ベースバックパック 20L

ポーチやサコッシュを前面に取り付けて欲しいものがすぐに取り出せる状態が作れるリュックです。

20Lの大容量ですから雨具や防寒着などを楽に収納して持ち運ぶことが出来ます。

天面、上面のファスナーにポケットが付いているので小物の収納に困る事もありません。

ファスナーを開ければ全体の半分近くまで開くことが出来るので底の物を取り出すのにも便利です。

【シマノ】ヒップバッグ

プライヤーホルダー、ロッドレスト、そしてドリンクホルダーと機能性が高いヒップバッグです。

ウエストパッドの面積が大きいので派手な動きをしてもズレにくく快適なランガンが楽しめます。

また、錆びることが無い樹脂製のファスナーは太番手が使われているのでグローブをしたままでも簡単に開閉出来ます。

【アブガルシア】ベースダッフルバッグ

折りたたみ式のチェアーを同時に運ぶ事が出来る大容量のリュックサックで手軽にベース基地を作り出せます。

ターポリン製の生地で作られているので防水性が高く、雨に打たれても中まで水が浸透する事がありません。

ショルダーベルトを外して付け替えるとショルダーバッグとしても使用出来る便利な商品です。

【HAKAWAFLY】釣り リュック

ポケットの数が多く、フィッシンググリップやプライヤーもセット出来るリュックです。

オックスフォード生地で作られているのでひっかき傷にも強く渓流の釣りにも最適です。

容量が25Lと大きいので防寒具や雨具を収納してもルアーケースを入れる余裕が残ります。

ベルトを付け替える事によってショルダーバッグに変更する事も出来る商品です。

【MAZUME】渓流バッグ MZX CONTACTウエストバッグ

MEIHO 3010 ルアーケースを同時に3個収納出来る容量を持っているヒップバッグです。

ドリンクホルダーがサイドに付いており、ベルト部分にはプライヤーホルダーも付いています。

ロッドホルダーも付いているのでルアー交換の際、地面にロッドを置いて傷付ける心配もありません。

また、腰全体を包むように装着出来るのでズレにくく、重さを分散してくるので疲れません。

【Bassdash】ショルダーバッグ

容量が大きいので一度に5つのルアーケースを収納して気軽にランガン出来るショルダーバッグです。

上蓋には小物の収納に便利なメッシュポケットが付いているのでワームを袋ごと収納するのに便利です。

また、ドリンクホルダーやプライヤーホルダーも付いているのでバッグ一つで快適な釣りを楽しめます。

【リアドベント】釣りリュック

上段下段に別れたリュックで下段は内部も防水処理が施されているので濡れたレインコートも気にせず収納出来ます。

サイドポケットは収納に便利なだけで無く、紐が付いているので開いた状態で固定すればテーブルの代わりなるので便利です。

底部分の耐久性が高いので岩場やコンクリートの上に気にせず置いて荷物を取り出せます。

【Umibozu】フィッシングバッグ

手持ちバッグやショルダーバッグとしても使用出来る大容量のヒップバッグです。

速乾性、耐摩耗性に優れた900Dのナイロン素材で作られているので過酷な釣りシーンでも活躍します。

ポケットが4つ付属しているので小物が整頓しやすく欲しいものがすぐに取り出せます。

自転車やバイクに取り付けて運ぶ事も出来るので都会で釣りを楽しむ方にもおすすめです。

【F-grip】タクティカルバッグ

収納部分が頑丈に出来ているので椅子の代わりにも使用出来るリュックです。

この収納部分はクーラーボックスとしても使用する事が可能ですから魚の持ち帰りにも困りません。

また、ポケットが3つに加えてドリンクホルダーも付属しているので使い勝手も抜群です。

表面生地は耐久性と防水性の高いオックスフォード生地が使われており裁縫が丁寧なので価格以上の価値が味わえます。

【ドレス】ホールディングショルダーバッグ

ランガンスタイルにおすすめのショルダーバッグでロッドを差したまま移動することも出来ます。

ベルト部分にはD管も付いているのでフィッシンググリップをぶら下げる事が出来ます。

ポケットの数も多いので整頓しやすいですしドリンクホルダーもあるので夏場の釣りでも水分補給に困りません。

腰ベルトも付いているのでフィット感が高くロッド操作の邪魔にも感じません。

まとめ

大容量の釣りバッグは沢山の荷物を釣り場に持つ込む時に重宝するアイテムです。

荷物の数を減らすことが出来るので船へ乗り込む時に荷物の受け渡しも楽になります。

必要と感じる物をしっかり詰め込んで釣り場で快適な釣りをお楽しみ下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる