MENU

バス釣り用おかっぱりバッグおすすめ15選!便利な収納で快適に!

今回の記事ではバス釣りで使用する、おかっぱりバッグについて書いていきます。

おかっぱりに特化した性能は、釣行時の身体的負担を軽減するために各メーカー様々な工夫がされています。

また、便利な収納は荷物が限られるおかっぱりにおいて必須条件です。

もし現状に不満を抱えている場合は、この記事をぜひ参考に選び直してみてください。

筆者が実際に使用しているおすすめや、各メーカーのアイテムを紹介していきます。

タップできる目次

バス釣りのおかっぱりに適したバッグの特徴

バス釣りのおかっぱりに適したバッグとして抑えたいポイントは、身体的負担の軽減、防水性、収納力、この3つが最大の特徴です。

おかっぱり釣行では、1日立ちっぱなし歩きっぱなしなんて状況は当たり前であり、非常に過酷な状況下での釣行になります。

更にバッグの使用感が悪く肩や首にダメージがあれば、釣りを続けることが難しくなります。

また自然相手の遊びですので、突然の雨や雪によりずぶ濡れになることもあります。

そんな中、バッグの防水性が悪ければ中身が濡れてしまい、財布やスマホも危険に晒してしまいます。

また、おかっぱりは荷物が限られるため、コンパクトかつ様々な収納スペースや工夫が備えられていると大変便利で使いやすいです。

この3つの特徴は必須で抑えておきましょう。

バス釣り用おかっぱりバッグの選び方

種類

大きく分けて『バックパック』『ショルダーバッグ』『ウエストバッグ』『バッカン』の4タイプが主流です。

バックパック

リュックサックで、背中に背負うタイプです。

容量が確保できるため、荷物が多いが両手を空かせたい時におすすめです。

ショルダーバッグ

肩に斜め掛けで背面に背負うタイプです。

バス釣りバッグとしては最もポピュラーであり、バッグ本体を背中から前方にずらすだけで開閉が可能で使いやすいです。

ウエストバッグ

ベルトのように胴回りを通し、腰に装着するタイプです。

肩への負担が無いので身体的ダメージを軽減したい場合におすすめです。

バッカン

防水性の高いEVAで作られている、ボックスタイプのバッグです。

移動する釣りには不向きですが、おかっぱリであっても1か所で粘る場合にはおすすめです。

容量

バス釣りおかっぱりバッグの容量は、自らの釣りスタイルによって見極める必要があります。

例えば、ワーム中心のアングラーであれば小型で良いですが、プラグを中心にあれこれ何でも投げたい方はそれなりのキャパが必要です。

特に、ビッグベイトを使用する場合はルアーもボックスも大型になりますので大容量が必要になります。

しかし、ネットで探す際にバッグの容量は〇〇リットルという表記が使用されますが、それを見ただけではどのくらい入るかイメージは湧きません。

メーカーのHP等で、縦横高さの記載があればそちらも確認することをおすすめしますし、実際に使っているレビューなんかも参考にしましょう。

何個か使用していく中で、自分に合ったサイズ感を掴めてきますので経験を積みながら楽しく選んでいきましょう。

防水性

釣りに限らず、自然の中で遊ぶアウトドア用品全般に求められる防水性はバッグ選びにとっても非常に重要であると言えます。

バッグに収納するのはルアーやプライヤー類だけでは無く、財布やスマホ等、貴重品類の浸水は絶対に避けたいはずです。

また季節によっては雨の日の方が釣れる、なんて状況も経験した方は多いのではないでしょうか。

突然の雨や雪に対して臆することなく挑むことが可能であり、釣果に直結します。

しかし、防水性能の高いアイテムほど素材が重くなってしまう傾向があるので使い分けが必要です。

また、防水に力を入れているアイテムほど高額かつシンプルな見た目になります。

予算やファッション性との兼ね合いも自分に合った物を選びましょう。

身体への負担軽減

おかっぱり釣行において、バッグによる身体的負担は致命的と言っても過言ではありません。

用途を間違えて選択してしまうと、肩や背中がすぐに痛くなってしまい釣りになりません。

分かりやすく、大容量のショルダーバッグを例に挙げてみます。

一本の肩掛けで背負おうショルダータイプは、ルアー交換等で頻繁に開閉を要するバス釣りバッグとして高い人気があります。

しかし、重点が肩に一点集中するため重量物を持ち運ぶと負担が大きく長時間持ちません。

このような矛盾が生じないようスポーツバッグや旅行バッグとは違い、しっかりとおかっぱりに使用前提で設計されたバス釣り用バッグを選ぶ必要があります。

収納力

バス釣り用バッグには、その他のバッグにないような釣りに特化した収納技術が詰め込まれています。

メインの収納スペースの他に、小物類のポケットが複数、スマホ等を入れるサイドポケットに、プライヤーホルダー、ロッドホルダー、ドリンクホルダーなど盛りだくさんです。

また、リーシュコードを装着するリングなども多いほうが使い勝手が良いです。

ワームの場合、フックやシンカーなど小分けしたい場合にはこのようなポケットの多いバッグが活躍します。

ハードルアーのみ、ボックス一個入れば十分と言った使用の場合はもっとシンプルなバッグに絞れば良いと思います。

メーカーによって多種多様に工夫された収納スペースがありますので自分のセンスに合った物を探すのも醍醐味です。

アウトドアメーカー品の流用

どうしても気に入ったバッグが見つからない場合は、他のアウトドアメーカーのバッグを流用すると良いです。

おすすめは、登山系に力を入れているブランドです。

登山においても、収納力と防水性は重要視されており非常にクオリティが高く十分釣りに使えます。

釣り専用ではないので、プライヤーホルダーのような特化した細かなギミックはありませんが、必要十分な収納スペースと小物ポケットは備えています。

また、登山用ということもあり長時間歩く前提で設計されているので、ベルトにクッション性があったり身体的ダメージの軽減もされています。

おかっぱり釣行との相性も抜群ですので、釣りに使える登山バッグも後ほど数点紹介させていただきます。

バス釣り用おかっぱりバッグおすすめ15選

【SHIMANO】XEFO タフスリングショルダーバッグ

SHIMANOの大人気釣り用ショルダーバッグです。

パーツを縦横自在に組み合わせることで、縦向き横向き両方での使用が可能です。

防水加工と止水ファスナーでしっかりと雨や浸水をガードします。

クッション性の高いスリングベルトにより、負担を軽減し1日背負っていても疲れません。

ロッドホルダーやドリンクホルダー等のパーツも充実です。

【DAIWA】サイドフィットバッグ

頻繁な開閉から取り出しまでを考慮し、楽々行える大開口部と身体へのフィット感を重視したDAIWAの人気ショルダーバッグです。

小物用ポケット多数、別パーツ取付け可能なベルトループ装着、プライヤーホルダーにDリング付きと充実な内容です。

また、歩いている最中にズレを防止するウエストの補助ベルトも備えており、おかっぱリ攻略に向いています。

【Deps】メッセンジャーバッグ

小型のボックスであれば複数個収納できる余裕があり、開閉もマジックテープで簡単に行えるため、おかっぱリバッグとして非常に優秀です。

シンプルな見た目にDepsのロゴが映えており、街でも使用できるくらいお洒落な仕上がりになっています。

小ポケットもあり、小物も仕分けれます。

耐久性のあるコーデュラ生地の採用で、タフに使い込んでも長期間安心です。

【DRESS】フィッシングリュック

フィッシングギアを多数リリースしてる、ドレスの大容量多機能リュックです。

様々なギミックが盛り込まれており、ロッドケースやランディングツールも横のスペースに収まります。

ポケットに小物やワームを細かく分けて収納できるよう、釣りに特化したモデルです。

防水はもちろんのこと、2層構造になっており、汚れたブーツや濡れたタオルや服も収納可能です。

【ストリームトレイル】ドライタンク 防水リュック 40L

ストリームトレイルのリュックは、釣りに使用するバックパックとしては最強クラスの防水性を誇ります。

5〜60Lがラインナップされていますが、おかっぱりで大容量で使用するには40Lが最適です。

ポケットが背中に1個しかありませんので、小分けにする場合は別にインナーバッグが必要ですが用途としては防水メインですので工夫して使用しましょう。

【アブガルシア】システムバックパック

アブガルシアのおかっぱリに適したサイズの防水バックパックです。

防水性の高いアイテムほど浸水を防ぐためにポケットを減らしがちですが、こちらは内部にポケットを配置しており充実の収納スペースです。

ワームやフックも見やすいクリアポケットも完備で、とても使いやすいです。

普段使いにも使用できるお洒落さで、ファッション性の高さも嬉しいポイントです。

【EVERGREEN】B-TRUE バンクスタイルヒップバッグ

エバーグリーンの関和プロが設計した、おかっぱりアングラー専用ウエストバッグです。

腰への負担軽減を考慮した無段階調整ベルトで、使用感は抜群です。

ロッドホルダーやプライヤーホルダーはもちろんのこと、小物を収納するポケットが充実しておりサイズ感以上に持ち運ぶことが可能です。

素早く交換を行うため、外したルアーを一時的に入れるポケットまで存在します。

【SHIMANO】 レインストームヒップバッグ WB-071N

SHIMANOがリリースしている、釣り用防水ウエストバッグです。

防水に特化したウエストバッグは希少であり、探している方は必見です。

表面は防水加工生地で、つなぎ目には溶着ウェルダー加工が施してあり高い防水性能です。

更にフロントポケットには止水ファスナーに樹脂ループ付で鉄壁ガードです。

Boaクロージャーシステムにより、腰にしっかりホールドすることで体感重量を軽減しています。

【DAIWA】ヒップバッグ D

DAIWA特有の、開閉しやすい大開口部を採用しています。

ドリンクホルダーには針が引っかかる荒いメッシュは使用せず、樹脂製を使用することでトラブルを回避しています。

フロント、サイド共に大きなポケットそ備えており、充実の収納スペースです。

バッグを前に持ってくる際に引っ張りやすい引手ベルトを採用し、ルアー交換も素早く可能です。

【VARIVAS】タックルバッグ VABA-77 33cm

バス釣りのおかっぱりであっても、車から直接アクセス可能で移動のない粘る釣りであればバッカンも有効です。

防水性と収納力に優れており、1個持っておくとボート釣りや他魚種にも使えて便利です。

バリバスのこのモデルは、ショルダーベルトにロッドスタンドも装着されておりとても使いやすいです。

回遊待ちの釣りにぜひおすすめです。

【Megabass】マルチインナーケース

小規模野池の様なフィールドでは移動も無く、大きな荷物やバッグはかえって邪魔になる場合があります。

こちらのメガバス小型バッカンは、小規模フィールドでちょっとした小物やルアーをまとめて釣りする場合に活躍します。

コンパクトで使い勝手の良いサイズ感なので、足元に荷物を置いてのんびり楽しみましょう。

スタイリッシュで見た目もクールでかっこいいです。

【パタゴニア】ATOM SLING 8L ボディバッグ

アウトドアブランドのパタゴニア製ボディバッグです。

バス釣り用ではありませんが十分使えますし、むしろ釣りにとても向いていると感じており、筆者も愛用しています。

登山に強いブランドなので、スリングのクッション性が抜群であり、多少の雨であれば防水性も全く問題ありません。

小物をまとめ、ロッド1本で歩くようなおかっぱリでの使用に向いています。

【Megabass】サバイバルバッグII

荷物がとても多い状況で移動を伴う場合は、バッカンでは不便です。

そんな時は、この様な大型のショルダーバッグがおすすめです。

ボックスのまま複数個収納が可能であり、レインウェアーや長靴、場合によって予備のリールなど、幅広く収納可能な大容量モデルです。

遠征釣行にも使用できるため、応用が利きます。

【アブガルシア】ワンショルダーバッグ

防水性能が良いアイテムはどうしても高額になりますが、こちらはアブガルシアのコスパ最強の防水バッグです。

本体収納部の継ぎ目を高周波圧着し、水の浸入を防ぐ徹底した防水性能です。

通常のファスナーよりも防水性の高いファスナーを使用しており、ウェーディングでも内部に浸水しにくいです。

ファスナーの引き手には光る蓄光素材を用いており、夜釣りの安全性も考慮されています。

【ストリームトレイル】ショルダーバッグ

プロアングラーも多数使用している、本格派の防水性能です。

シンプルな構造でポケット類は少ないですが、荷物を第一優先に守りたい状況下ではぜひおすすめです。

錆びない用に金具を使わずプラ部品でまとめていますが、強度も十分にありますので安心して使用して頂けます。

まとめ

本当に多くの種類のバッグが存在しており迷ってしまうかもしれませんが、ファッション感覚で楽しんで探してください。

人と被らない自分だけのオリジナルを見つけるのも良し、収納にこだわるのも良し、バス釣りおかっぱりバッグの魅力が伝わってくれたら嬉しく思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる