MENU

カンパチジギング用ジグおすすめ10選!よく釣れるカラー等も!

強烈なアタリから強引なやり取り、数分間に及ぶファイトはカンパチジギングにおける最高の瞬間です。

その一瞬のためにアングラーはベストタックルのセッティングに時間を費やします。

その中でもジグ選定は、最も頭を悩ませることでしょう。

スタイルやカラー、ウェイトなど各メーカーから多数のジグが開発され販売されています。

アングラー目線のよく釣れるジグやおすすめジグを紹介しますので、参考にして下さい。

タップできる目次

カンパチジギングで使うジグの特徴

フィールドやポイントの状況、時期(ベイトの種類)などによって使用するジグに違いがありますが、カンパチは比較的に海底の方で捕食し居ついていますので、底付近までしっかり落ちる事ができるジグが特徴のひとつです。

小魚や甲殻類を捕食しているカンパチなので決まったジグしか釣れないという事はなくロングジグやショートジグ、タイラバやマイクロジグなど多種のジグで釣れています。

カンパチジギング用ジグの選び方

形状

フィールドでのベイトの大きさに合わせた形状がベストでが、アピール度の高い大きめのジグもおすすめです。

カンパチは反射食い(ジグの速い動きに反応して口を使う)行動が多いので、抵抗が掛かる幅広よりはスリムな形状のジグの方がアングラーにとってもアクションしやすいですし、カンパチの反応も良いです。

サイズ・重さ

ポイントでの水深や潮の流れにより変えます。

水深に対して約2.5~3倍位のウェイトを想定して用意されることをおすすめします。

水深80mでしたら80×2.5=200gのジグを用意します。

潮の流れが早ければ3倍での用意など、しっかり底が取れるジグウェイトを用意することをおすすめします。

カラー

海水の色やベイトによりカラーを選定します。

定番カラーのブルーやピンク系、シルバーやゴールド系などカラーを豊富に揃える事はその日のカラーパターンに合わせる事ができます。

最近はベイトに似せたカラーやゼブラカラー、ケイムラカラーなどが多く販売されています。

天候によりグロー系も一つは用意することをおすすめします。

カンパチジギング用ジグおすすめ10選

MCワークス キラージグ 5

着底後からの引き上げの軽さや独自の断面形状スタイルは、多くのカンパチを釣り上げてきました。

フォールの速さとファーストリーリングの操作性はアングラーを優位に立たせ、早くカンパチにジグを届け喰わせることができます。

ロングセラーモデルとして一つはタックルに入れておくことをおすすめします。

全6色のラインアップです。

シーフロアコントロール メタルジグ ノヴァ 

スピニング専用モデルとして発売されました。

細部にまでこだわった技術でアクションへの負担を軽減しながら、ナチュラルな動きでカンパチを誘います。

最もこだわった引き抵抗を軽減することにも追求し、食わせのタイミングの動きやストップに関しても違和感ない動きを実現しました。

メジャークラフト ジグパラバーチカルロングスロー

スロージギング専用バーチカルロングモデルです。

シャクリは軽く、アクションからの水平フォールバランスはカンパチにしっかりアピールします。

独自構造のボディーによる断面形状が、水の流れに違和感を起こすことで安定したフォールを演出します。

全4色のラインアップです。

ダイワ メタルジグ MMジグ2

重心を後部へ設置することで、フォールスピードの速さを実現しました。

ジャーク時に不規則な動きをすることでよりアピール度が強まり、フラッシング効果も高くなりました。

アングラーのジャーク時の抵抗感も減り、終日釣行の負担軽減となります。

ダイワ メタルジグ ソルティガ TGベイト

高比重タングステン製メタルジグは、サイズは小さいながら重量があり小型ゆえにフォール速度も速く、カンパチまで早く到着します。

ベイトサイズなのに海底まで届かなかったイライラを吹き飛ばしてくれます。

タングステン素材だけではなく、ボディにも細工を施しアピール力も向上しています。

全3色のラインアップです。

ネイチャーボーイズ メタルジグ ウィグルライダー

セミロング形状で独自ボディー構造によりジャーク時の操作がアングラーの負担を減らし、キレのあるスライドでカンパチにアピールします。

鉄素材のエッジに曲面加工を施す難度の高い技術で、独特な動きを演出します。

スミス メタルジグ CB・ナガマサ

ロングセラー、定番モデルです。

ロングボディーながらフォール時の安定性は、他を寄せ付けない定評です。

センターバランスの特徴を生かした水平方向へのロングスライドでカンパチに猛アピールをします。

スロースピードでのジャークによりロングスライドしながらヒラを打ちますので、ショートピッチジャークよりもおすすめです。

オーナー メタルジグ GJS-200 撃投ジグストライク

激流でも着水後のフォールスピードは速く、直進慣性に優れたボディーはジャーク時にも不要な動きをせずカンパチにアピールします。

横引きスライドによるステイ感は独自の技術を施すことでかつてない感覚を引き出しました。

ダイワ メタルジグ ソルティガ FKジグ

非対称のボディーはフォールでのアピール性能を高演出します。

ワンピーチジャークでのフラッシング効果は絶大で、ベイトのリアルな動きを追及した絶妙なフラッシングフォールを演出できるモデルです。

シマノ メタルジグ オシア スティンガーバタフライ イージーぺブル

リアルさを求めた結果たどり着いた形状とカラーです。

独自のボディー形状により、ロングスライドしながらフォール時にはローリングでカンパチへアピールします。

イワシの鱗を徹底追及し、本物と同じ配列とアピールするカラーも独自のホログラムを採用しました。

まとめ

ジギングにおいてジグの役割は、釣りをする上でのエサとなります。

エサ選びが間違っていたら狙っている魚は食い付いてくれません。

ご自身の釣行するフィールドやポイント状態、ベイトの種類などを確かめてジグ選びの参考にして下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる