MENU

ブリジギング用フックおすすめ5選!フックサイズ等の選び方!

オフショアジギングの人気ターゲットであるブリ。

抜群の食味と力強い引きで釣り人に人気です。

ブリジギングの準備で迷うのがアシストフックです。

様々な形状や種類やセッティングなどがあるので、どれがいいかわからなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回はブリジギング用フックについて解説します。

フックサイズなどのブリジギング用フックの選び方や、おすすめのフックなどについてもご紹介します。

フック選びの参考にしてみて下さい。

タップできる目次

ブリジギング用フックの選び方

付ける位置

ジギングフックを考えるときにまずどのような付け方をするかが重要です。

フロントに付けるかリヤに付けるかなど初心者の方は特に迷う部分でしょう。

ブリジギングにおすすめなのはフロントフックのみのセッティングがおすすめです。

青物は基本的に頭からバイトしてくると言われています。

ワンピッチジャークが基本の青物ジギングにはジグの動きを妨げないフロントフックのみのセッティングがメリットが大きいでしょう。

フォールをメインにするような誘い方の場合はリアフックを付けることもあります。

状況による使い分けも必要ですね。

フック数

シングルフックかツインフックかも悩みどころかもしれません。

シングルフックのメリットは貫通力が高く、しっかりと刺さるためバラシにくい点です。

また、フックとジグやリーダーが絡まる「テーリング」をしにくいのもメリットです。

ヒットした魚やオマツリをした時も外しやすい、根掛もしにくいなどの良い点もあります。

一方、ツインフックは針数が単純に2倍なのでフッキングはしやすくなります。

ショートバイトが多いときなど、口のどこかに刺さってくれる確率は高くなります。

ですが、刺さる力も余計に必要になり、しっかりと貫通しきれないこともあります。

また、ジグに絡まったりする可能性も上がりますし、キャッチした魚から針を外すのもシングルフックより大変です。

サイズの大きなブリを狙う場合は貫通力が高くシンプルなシングルフックをがおすすめです。

小さめのサイズのアタリが多い場合はツインフックを使うなどの使い分けをするといいでしょう。

サイズ

フックサイズは大型ブリを狙う場合、サイズも大きいものを使用しましょう。

メーカーによってもサイズ規格が変わるので選ぶのが難しいところですが3/0~6/0くらいのサイズから選びましょう。

シングルフックならジグの幅よりやや大きめのふところのサイズのものを選びましょう。

そうすることでジグのボディにフックが絡みづらく、テーリングを防止できます。

ツインフックの場合はジグの幅より少し小さいものを選びましょう。

太さ

ブリジギングには軸の太いフックを選びましょう。

細いフックのほうが吸い込みがよく貫通もしやすいですが、やはり強度が弱くなります。

ブリほどの重量とパワーがある魚を狙う場合は太軸のフックを使用し、伸ばされたり折られたりしないようにしましょう。

アシストラインの長さ

アシストラインの長さも様々です。

自作の場合自分で調節して作れますが、市販のものは長さも考慮して選びましょう。

ブリジギングでフロントフックのみの場合はジグの頭から1/3程度の位置にフックが来るようにセッティングするといいでしょう。

ジグのサイズに応じていろいろな種類の長さを用意すると使い分けができるでしょう。

ブリジギング用フックおすすめ5選

【シャウト】ヘビースパークハードシングル 347VH 4/0

ジギングフックの有名メーカー、シャウトのアシストフックです。

超貫通クリアフッ素加工の施されたベビースパイクフックを使用。

高強度な太軸フックでブリにも最適。

エステル中芯入りでハードな3cmのアシストライン付きで長めのジグにも対応。

フロントフックとしてハイピッチにもスローピッチのジャークにも対応します。

【がまかつ】アシストフック 貫 4/0

信頼の高い針で釣り人に人気のがまかつのアシストフックです。

軽く強度があり、懐まで続く緩やかなカーブで高いフッキング性能を誇るジギングフック貫を使用しています。

アシストラインの自由度が向上するタタキ加工で吸い込み性能を向上。

近海から遠征の大型青物に対応できるアシストフックです。

【ヴァンフック】スピア シングルアシスト SA-60 #4/0

釣り針の本場である兵庫県西脇市のメーカー、ヴァンフックから販売されているアシストフックです。

鋭いフックポイントとホールド性の高いラウンド形状のふところを持ったスピアフックを使用。

張りのあるフロロ芯入りアシストラインでジグへの絡みつきを軽減。

パワーと扱いやすさ、バレにくさを備えたアシストフックです。

【カツイチ】デコイ DJ-98 ツインパイクハイパー 3/0

同じく播州針の発祥地兵庫県西脇市のメーカー、カツイチのアシストフックです。

ジギングフックの人気アシストフック、DJ-88ツインパイクではカバーしきれない大物やヘビータックルに対応する太軸フック仕様の強化版です。

従来モデルより30%強度アップをしたPikeHyperフックを使用で大型のブリでも安心してやり取りができます。

【シャウト】ツインアシスト 43-TA 3/0

ダブルバーブフックを使用した近海用ジギングアシストフックです。

ダブルバーブながら貫通性能と軽量にこだわったフックを使用し抜群のフッキングを実現。

ツインフックならではのフッキングの良さにダブルバーブのフック保持力で狙ったターゲットをキャッチに導いてくれます。

まとめ

魚を掛ける上でなくてはならないブリジギング用フックについてご紹介しました。

どんなにいいタックルを使ってもフック選択を間違ってしまえばなかなかいい釣果を得ることは難しいかもしれません。

とはいえ、絶対の正解もないのでフックの選択はとても迷います。

今回の記事を参考にいろいろと試してみて自分にあったフックを見つけてみましょう。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる