MENU

ブリジギング用スピニングリールおすすめ6選!番手等の選び方!

釣りのターゲットとして人気のブリ。

出世魚として有名で、関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリと名前が変わっていきます。

地域によって異なることもありますが、多くは80cm以上のものをブリといいます。

刺身やブリしゃぶ、照り焼きやブリ大根など食材としても大人気です。

力強い引きが魅力のブリはジギングでも人気のターゲット。

今回はそんなブリを狙うブリジギング用スピニングリールについてご紹介します。

選び方やおすすめの番手、おすすめスピニングリールについても解説します。

今回の記事を読んで得られること

・ブリジギングに適したスピニングリールの特徴

・ブリジギング用スピニングリールの選び方

・おすすめブリジギングスピニングリール

タップできる目次

ブリジギングで使うスピニングリールの特徴

ブリジギングで使うスピニングリールに必要な要素としてはまず糸巻き量があります。

ジギングに適した号数のラインを必要な長さ巻けなければ釣りになりません。

推奨のラインは船宿によって変わりますので事前に確認しましょう。

次に巻き取りパワーが必要です。

10kgに迫る魚とのやり取りには、その引きを受け止めつつ巻き上げられるパワーが必要です。

そのため力強い巻き上げができる中~大型のスピニングリールを使用します。

加えて、そのパワーを活かせる剛性も無くてはなりません。

剛性のないリールだとリールが歪んだり捻れたりして力強い巻き取りができません。

他にもブリの引きに対応できるドラグ力とドラグ性能も必要な要素です。

ブリジギング用スピニングリールの選び方

ラインキャパシティ

ブリジギング用スピニングリールを選ぶには必要な糸巻き量を把握しておかないといけません。

ブリジギングの場合、乗合船だと通常PEラインは3~4号を使用します。

高切れやトラブルを考慮して必要な号数のラインを300mは巻いておけるラインキャパシティのものを選びましょう。

浅場メインのライトタックルの場合、PEラインは1.5~2号を使用することもあります。

船宿によって使う号数が異なりますので、確認の上ラインを選びましょう。

番手

水深の深い外洋でのブリジギング用スピニングリールには8000番〜10000番程度を使います。

ダイワの旧番手表記の場合は、4500〜5000番程度になります。

リールサイズが小さいとブリにパワー負けをしてしまったり、重たいジグを力強くシャクれなかったりします。

そのためリールの番手は中~大型のリールを選びましょう。

近海のライトタックルの場合は一回り位小さいものでもOKでしょう。

ドラグ性能

力強いブリの引きにも素早く対応できるドラグ性能も必要です。

強さももちろんですが、大事なのはドラグの滑り出し。

急なツッコミに対しても素早く滑り出す滑らかなドラグのものを選びましょう。

また大型のブリの場合、何度も繰り返し走ってドラグを唸らせます。

そのため耐久性と放熱性能の高いドラグを搭載したリールがおすすめです。

ギア比

ブリジギングの場合、ギア比はローギアのパワーギアタイプがおすすめです。

ハイギアに比べて巻き上げトルクがあり、大型のブリとのやり取りにはおすすめ。

また、繊細なジャーキングやアクションを入れるのはローギアのほうがやりやすいでしょう。

重たいジグをシャクるのもハイギアよりもパワーギアのほうが楽にシャクることができます。

ブリジギング用スピニングリールおすすめ6選

【シマノ】ステラSW 8000PG

シマノの最高峰スピニングリール「ステラ」シリーズの大型モデルがSWシリーズです。

世界でも高い評価を得ているステラシリーズだけあって耐久性、ドラグ性能、巻き上げ性能など高い次元の完成度を誇ります。

負荷に強いXシップ構造をさらに進化させたインフィニティドライブで高負荷なジギングでも快適な巻き上げを実現。

HAGANEボデやHAGANEギアなどの採用で高い耐久性を、XプロテクトとXシールドの採用で防水性と耐久性を実現しています。

8000HGをローギア化したパワーモデルの8000PGは繊細なジグアクションやトルクフルな巻き上げを可能にしたブリジギングに最適なモデルです。

【ダイワ】ソルティガ 8000-P

大物狙いのタックルとして人気を誇っているソルティガシリーズでジブリギングに最適なのが8000-P。

一体成型のモノコックボディを採用したことにより大口径のギアの採用が可能に。

大口径、肉厚ギアの採用で大幅な強度アップを実現しています。

ダイワのテクノロジー「マグシールド」も採用し、高い防水性能を誇ります。

他にもアルミエアローターや次世代ドラグシステムなど最新のテクノロジーをふんだんに盛り込んだダイワのハイエンドモデル。

ブリジギングなどの近海ジギングには8000-Pが最適。

PEライン3~4号に最適で多彩なジャーキングなどに適しています。

【シマノ】ツインパワーSW 8000PG

シマノで高い人気を誇るツインパワーのビッグゲームモデル「SW」シリーズ。

なかでもブリジギングに最適なのは8000PGです。

XシップやHAGANEギア、Xリジットローターなど最新テクノロジーが組み込まれておりステラにも引けを取らないスペックです。

巻き上げの軽さや強さなどの巻き上げ性能や、防水性能、高耐久性などを高いレベルで実現。

8000PGはローギアでパワーに特化したジギングモデル。

テクニカルなジャーキングや繊細なアクションに適しています。

【ダイワ】セルテート 8000-P

ダイワの人気リール、セルテートに登場した待望の大型サイズ「SW」シリーズです。

フルメタルモノコックボディで高い剛性の実現と大型のドライブギアを搭載可能に。

G1ジュラルミン製マシンカットデジギアでパワフルな巻き上げと持続性のあるシルキーな回転を実現。

8000-Pは近海ジギングでの様々なジャーキングに対応。

最適な巻きの立ち上がりや巻き感度を実現し、ブリとのファイトをサポートします。

【シマノ】ストラディックSW 8000PG

シマノの人気のスピニングリール、ストラディックに追加になったSWモデルです。

ストラディックの特徴である軽やかな巻き心地に、インフィニティドライブの採用で力強さをプラス。

Xプロテクトによる高い防水性も加わり耐久性も向上。

パワー重視のジギングモデルである8000PGは力強い巻き上げでブリとのファイトを楽しませてくれます。

【シマノ】スフェロスSW 8000PG

HAGANEボディや HAGANEギア、Xプロテクト、インフィニティドライブなど上位機種のテクノロジーを組み込んだクラスを超越したモデルです。

価格帯はエントリーモデルながら上位機種さながらの機能で、エントリータックルやサブタックルとしては十分すぎる性能を搭載。

8000PGは近海でのジギングに最適なローギアモデルでブリジギングにも最低です。

まとめ

ブリジギングのスピニングリールについてご紹介しました。

ブリを狙うのに適したリールを使用することで快適に釣りができるだけでなく、ターゲットであるブリのキャッチ率も上がります。

ブリのパワーを受け止めるボディやドラグ、力強い巻き上げなどを満たしたお気に入りのタックルを探してみましょう。

ハイエンドクラスのものからコストパフォーマンスの良いミドルクラスまで様々なリールが出ていますので、きっとお気に入りの一台が見つかるでしょう。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる