MENU

【スピニング】ソリッドティップのバスロッドおすすめ10選!特徴を解説!

今回はスピニング用のソリッドティップを採用しているバスロッドのおすすめをご紹介させて頂きます。

タフなフィールドと向き合っていると、どうしても使いたくなるのがフィネスリグ。

そうなるとスピニングタックルを導入する場合も多いかと思います。

最近ではPEラインを用いたパワーフィネスを導入される方も多くなっている印象です。

しかしながら、フィネスリグを用いてせっかくバイトを誘えたとしてもバラしてしまっては元も子もありません。

そんなバラシを減らしてキャッチ率を上げてくれるのがソリッドティップを採用したバスロッドです。

釣果に直結するソリッドティップのバスロッド、まずはその魅力に迫ってみたいと思います。

タップできる目次

ソリッドティップとは

ティップと呼ばれるロッドの穂先には中身の詰まったソリッドティップと中空構造のチューブラーティップの2種類があります。

ソリッドティップに関しては形状を細く設定することができ、魚のバイトを拾った時のロッドの追従性が良くなる特徴があります。

この特徴こそがバラシの軽減に大きく貢献してくれます。

チューブラーティップは感度の良さが売りですが、張りが強い傾向にありせっかくのバイトを弾いてしまうことがあります。

最近のモデルではソリッドティップも感度が良くなっており、より一層魅力を増して磨きがかかっています。

ソリッドティップのスピニングバスロッドを使うメリット・デメリット

メリット

軽量ルアーが扱いやすい

ティップの応答性が良いと軽量ルアーが扱いやすくなります。

キャスト時にティップをしっかり曲げて重さを乗せてキャストすることができるので、ロッドの反発を上手く利用できます。

その結果コントロール性能が良くなり、大きく振りかぶってキャストしなくても十分な飛距離を出すことができます。

手首のスナップでのキャストがしやすくなるので、長時間の釣りにおいてその効果を実感することができるでしょう。

目感度が高い

ティップの追従性の良さは目で見ても良く分かります。

手元で感じるだけでなく、竿先を見ていると小さな反応にもしっかりティップが動くので目で見て当たりを取れるのがメリットです。

ルアーを直接目で確認できない場合、竿先の反応からフッキングのタイミングを計ることができます。

手の感触だけに頼らず目で見て判断できるのはソリッドティップを採用したロッドのメリットです。

一昔前までソリッドティップは感度が不利になると言われていましたが、最近のモデルではそのようなデメリットはほぼありません。

様々な感覚から情報を得ながら釣りができるソリッドティップはメリットの多いロッドと言えます。

バイトを弾きにくい

ティップが硬いと魚からのアプローチへの追従性が悪く、ファーストコンタクトにおいてせっかくのバイトを弾くことがあります。

ソリッドティップを採用したロッドは追従性が良いので、小さなバイトも弾かずにしっかり拾い上げることができます。

タフなコンディション下においてバスが一度口に入れて吐き出してしまうようなシーンにおいてもロッドがしっかり追従します。

毎回必ずしも勢い良くバイトしてくる訳ではないのがバス釣りの難しいところ。

もちろんサイズの小さな魚からのアプローチにも敏感に反応してくれます。

ソリッドティップはタフなコンディションにおいて、魚からの繊細なアプローチに丁寧に反応して機会を逃しません。

デメリット

根掛かりも拾いやすい

魚以外の物も拾いやすくなってしまうのはデメリットでしょう。

フックが障害物に触れると、チューブラーティップの硬めのティップであれば弾いて根掛かりを避けられる場合があります。

ソリッドティップの場合は小さな針掛かりであっても弾きにくい性質から、しっかり根掛かってしまう可能性が高くなります。

根掛かりの可能性が高くなり、それを回避するために気を配りながら釣りを組み立てる必要性があります。

この点はデメリットと言えます。

汎用性に欠ける

一概には言えないのですが、対応するルアーウェイトの幅は狭くなりがちです。

ソリッドティップはその柔軟性からあまりヘビーなルアーには向いていません。

最近ではソリッドティップの特性を維持しながら張りのあるモデルが発売されたりもしていますが、一般的には軽量ルアー向きです。

ロッドのモデルにもよるのですが、一般的には現状でそのような傾向があるということで挙げさせて頂きました。

感度が悪い

こちらに関しても現行のモデルではしっかり改善されておりますが、一昔前のモデルも含めると一般的には感度が落ちます。

どうしてもティップの追従性を追求すると、ティップが柔軟になるほどに手元に感触が伝わりにくくなります。

極端な例かも知れませんが1mに切ったタコ糸と針金の端をそれぞれ摘まんで持ち、反対側の端を指で弾いてもらうとします。

タコ糸の場合は手にその感触がほとんど伝わって来ないでしょう。

ロッドにおいてもこのような現象が起こっています。

ただし、先にも述べたように最近のモデルは高感度になるように対策されているのでその違いはほとんど分からないレベルです。

ソリッドティップのバスロッド(スピニング)おすすめ10選

【ダイワ】スティーズ  SC S64L-SV・ST

張りのあるソリッドティップを採用したことでバーサタイルな使い方ができるモデルになっています。

ライトリグであればこの1本があれば何でもこなせてしまうような仕上がりです。

リップ付きのハードベイトなど常にロッドに負荷がかかるようなルアーへの対応力も向上させています。

ソリッドティップの良さであるバイトの弾きにくさは残し、操作性の良い絶妙な感触のロッドです。

【ダイワ】ブラックレーベル SG  682L/MLXS-ST

高弾性のソリッドティップに多段テーパーを施し、幅広いルアーウェイトに対応させています。

ソリッドティップの長所である喰わせの能力は保持しながらも、高弾性化することで操作性やバーサタイル性も持ち合わせています。

強靭なバットを備えているので、もしロクマルクラスのモンスターが掛ったとしても余裕を持って対応することができます。

センターカットの2ピースロッドなので携行性にも優れており、陸っぱりの1本に持って来いのモデルです!

【ダイワ】ブレイゾン  S64L-2・ST

高感度なソリッドティップを採用したモデル。

幅広いルアーウェイトにバーサタイルに対応し、1本で何役もこなしてくれる優れものです。

喰わせ能力の高いソリッドティップを採用しながらも感度の高さも備え、高い操作性を誇るモデルとなっています。

小型のハードベイトからライトリグに至るまでこの1本で幅広く対応することができます。

【ダイワ】バス X  642L/MLS-ST

喰い込みの良さだけを追求するのではなく、操作性と感度もしっかり確保されています。

ついにこの価格帯のモデルにここまでの性能が搭載されてきたということを実感してもらえるモデルだと思います。

初心者の入門モデルとして最適なモデルですが、一昔前から考えると時代の進化にありがたさを感じるモデルに仕上がっています。

【シマノ】ポイズンアルティマ  2610L-S

独自のタフテックインフィニティを採用し、高い操作性と喰い込み性能を高い次元で両立させたモデル。

重量や操作性を現在の技術で最適化し、ロングロッドの長所を最大限発揮できる仕様になっています。

感度と軽さ、操作性を追求してワンランク上の繊細な釣りに対応できるようになっています。

イメージを実釣でしっかり再現させてくれるプロ仕様の1本です。

【シマノ】ポイズングロリアス 2610L-S

ソリッドティップの喰い込みの良さを残しつつ、高いキャスタビリティーと操作性を実現しています。

虫系のワームをリニアにアクションさせられる操作性の高さを実感してもらえるはずです。

独自のスパイラルXコアによりブランクスを軽量化することに成功し、操作時のバランスの良さを確保しています。

繊細なアクションを得意とし、タフなコンディション下でもしっかり釣果に結び付けてくれるロッドです。

【シマノ】ポイズンアドレナ  265UL-S

ダブルテーパーソリッドを採用し、ソリッドティップの喰い込みの良さを活かしつつ操作性の高さも合わせ持っています。

急テーパーを高精度に加工することにより、超軽量リグの操作性がソリッドティップとは思えないほどのレベルに達しています。

ワームのシェイキング時にティップのレスポンスの良さや絶妙な反発力を実感してもらえると思います。

リアリティのあるアクションでタフコンディションのバスを魅了してしまいましょう!

【シマノ】ゾディアス  167M-S/2

キャスタビリティーの高いソリッドティップを採用し、喰い込みの良さと両立されています。

絶妙な反発力を持つティップがルアーを弾き飛ばし、飛距離を確保します。

ミディアムのバットパワーを持ちながらも水中でのルアーの細かい変化を柔軟なティップがしっかり視覚で伝えてくれます。

幅広いルアーウェイトに対応し、バーサタイルに様々なシチュエーションで活躍してくれるロッドです。

2ピースモデルのラインナップもあるので、陸っぱりに1本備えておくと重宝します。

【アブガルシア】ベルサート  VERS-66ULS

日本全国から150件以上のインタビュー調査を元に開発された、まさにユーザーのための1本です!

東レ社のナノアロイ®テクノロジーを用いたカーボン素材を用いることにより高耐久かつ軽量なブランクス実現。

ソリッドティップでありながらも高感度に仕上がっています。

アブガルシアが徹底してユーザー目線で開発されたので痒いところに手が届く、そんな1本になっているのは間違いありません。

【メジャークラフト】弁慶  BIS-S652L/SFS

ティップには繊細なスーパーファインソリッドを採用し、フィネスリグ全般に高レベルで対応しています。

コストパフォーマンスの非常に高いモデルで、リーズナブルなのに非常に扱いやすく高性能なロッドであることを実感できます。

今回は携行性の高い2ピースモデルをご紹介させて頂きました。

陸っぱりでフィネスリグの扱いやすさを感じてもらえればと思います。

まとめ

最近では各タックルにおいて様々なジャンルが誕生し、フィールドごとに高レベルに対応できるようになってきました。

今回のソリッドティップのロッドに関しては喰い込みの良さから、これからさらに使用人口が増えてくるでしょう。

フィールドはどんどんタフ化していきますが、それと共にある最新タックルの進化も感じてもらえたらと思います。

ソリッドティップを体感するとあなたも虜になるかも知れません。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる