MENU

雷魚に必須!マウスオープナーおすすめ8選!使い方も!

雷魚は身近に潜む大型魚で、ルアーフィッシングのターゲットとしても人気が上がっています。

そんな雷魚を釣る場合、魚のため、そして釣り人ために必要な道具がいくつかあり、マウスオープナーもその一つです。

雷魚のみならず、歯を持つ大型魚を狙う場合は必須のアイテムで、最近は安いものも多くなり、用意しやすくなりました。

今回は雷魚釣り用のマウスオープナーについて、おすすめ商品から使い方まで解説します。

タップできる目次

マウスオープナーとは

マウスオープナーはトングのような道具で、バネが開く力を利用して、動物の口を開くための道具です。

釣りにおいては、あごの力が強い大型魚や、歯の鋭い魚の口を開いて、フックを外しやすくするために使用します。

雷魚のみならず、大型のバスやナマズ、ウツボや大型の太刀魚などが釣れる場合にも用意しておくといいでしょう。

最近ではより使いやすい、プライヤー型でしっかり開けられるタイプもあります。

なおマウスオープナーは口を開かせるだけなので、より安全にフックを外すなら、プライヤーやフックリリーサーと合わせて使うのが一般的です。

雷魚釣りにマウスオープナーを使うメリット

雷魚は肉食性の強い魚で、成魚には鋭い歯が生えそろっています。

噛まれると簡単に出血するほど鋭いので、釣れた時に口に手を入れるのはリスキーですよね。

大型魚とはいえ、手で開けられないほどあごの力は強くないのですが、口の中に指を入れたときに暴れられるととても危険です。

そこでマウスオープナーを使い、口を閉じないように固定することで、安心してフックを外せるメリットがあります。

また、空気呼吸できるとはいえ、水上に長時間いることは雷魚にとってもダメージが大きいです。

口を開けた状態にしてあげることで手早くルアーを回収できるので、スムーズにリリースできるメリットもあります。

自分を守るため、また魚を守るためにも、大切な配慮と言えますね。

雷魚に最適なマウスオープナーおすすめ8選

ルアーでの雷魚釣りも広く楽しまれるようになり、雷魚用のマウスオープナーも多数発売されています。

数ある商品から、雷魚用におすすめのマウスオープナーを、使い方と合わせて紹介します。

【スミス】ピシーズ マウスオープナー(MO-2)

最もベーシックな形のマウスオープナーで、価格も安めで作りもしっかりしています。

基本はこれでOKですが、バネの力が強いので、小さい雷魚に使用する場合は握り込みながら使うといいでしょう。

【スミス】グロッサ メタリ ライギョ専用マウスオープナー

プライヤー型のマウスオープナーで、握り込むことで口を開くので、幅広いサイズの雷魚にダメージが少ない商品です。

手動でロックをかけなければいけませんが、魚のことを第一に考えるのであればベストな商品の一つと言えます。

【スミス】グロッサ メタリ CDX 210mm

プライヤー型のオープナーですが、片手でロックをかけられるので、よりスムーズなリリースを実現した商品です。

ロック機構の段階も細かいので、雷魚のサイズを問わず使用でき、ほかの歯を持つ魚にも転用しやすい設計になっています。

【スミス】グロッサ メタリCMO

コンパクトサイズのプライヤー型マウスオープナーで、ロックは1段階式になっています。

握り込むことで口を開かせられるので、魚の口にスプリングのテンションをかけるのが不安な方にもおすすめです。

【香川塩ビ工業】雷魚用 マウスオープナー+ フロッグリリーサー キット

マウスオープナーとフロッグリリーサーがセットになったお得な商品です。

藪漕ぎしながら釣るシチュエーションだと、意図せず落としてなくしてしまうことも多いので、筆者も安くて使えるこの商品を愛用しています。

【N-K】マウスオープナー

非常にシンプルな作りで難しい使い方もなく、なにより価格が安いのが魅力の商品です。

低価格ながら先端もゴムでコーティングしてあるので、雷魚の口を傷付けにくい作りになっているのも高評価です。

【Booms Fishing】Z1 マウスオープナー 雷魚用

スプリング式だと雷魚のサイズによっては使いにくさがありますが、この商品は低価格ながら大小セットなので、使い分けが可能です。

魚の口との接触部分が金属剥き出しなので、ビニールテープや熱圧縮チューブなどで保護すると使いやすいでしょう。

【Entatial】ロングサービスライフフィッシングフックリムーバー

これ以上ないほどにシンプルな作りですが、逆に使いやすいメリットもあるおすすめ商品です。

がま口座椅子のようにボールで固定しているので、片手でもオープンすることができ、先端が丸いので雷魚の口にも優しい設計になっています。

マウスオープナーの使い方

フックを外すときは、まず引き上げた雷魚が落ち着くのを待ちましょう。

暴れていると、マウスオープナーを付けようとしても余計に暴れて怪我をさせたり、体力を浪費させてしまいます。

雷魚が落ち着いたら、マウスオープナーのロックを外し、先端を閉じた状態で口に差し込みます。

その状態でゆっくり、そしてスムーズにマウスオープナーを広げ、必要に応じてロックをかければ取付完了です。

注意点としては、ばねの強いものを小さな雷魚に使うと、あごを壊してしまうことがあるので、ある程度手で抑えながら使用しましょう。

また、マウスオープナーを取り付けたからと言って魚が暴れないわけではないので、ルアーを取るときはプライヤー等の使用をおすすめします。

まとめ

雷魚はパワフルなファイトで釣り人を楽しませてくれますが、釣った後にも注意が必要です。

マウスオープナーを用意すれば、ケガのリスクを下げ、魚へのダメージも減らせるので、雷魚釣りに限らずぜひ用意して釣りを楽しんでくださいね。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる