MENU

9ftのロックフィッシュ用ロングベイトロッドおすすめ8選!メリットを紹介!

海底の岩礁や海藻に潜む根魚はロックフィッシュと呼ばれます。

ロックフィッシュはワームやハードルアーを使って狙うことができるターゲットです。

地形の把握や、ルアーの選び方、ルアーアクションの工夫などゲーム性の高い釣りとして人気です。

ロックフィッシュではスピニングロッドとベイトロッドの両方が使用でき、各メーカーから多くの商品が発売されています。

この記事では、ロックフィッシュでは長めの9ftのロングベイトロッドについて紹介します。

タップできる目次

ロックフィッシュで9ft台ロングベイトロッドを使うメリット・デメリット

メリット

太いラインを使える

ベイトロッドではスピニングロッドと比較して太いラインが使用できます。

太いラインを使用しゴリ巻きすることで、根に潜ろうとする魚を一気に根から離すことができます。

また、ロックフィッシュは根擦れや根掛りが多い釣りです。

太いラインを使用することで、根擦れによるラインブレイクを防いだり、根掛りの回避率が上がったりします。

より正確なキャストができる

ベイトロッドではラインに若干のテンションがかかった状態でルアーが飛んでいくため、飛行姿勢が安定し、狙ったところにピンポイントでキャストできます。

ロックフィッシュでは岩礁帯の隙間や、バラ根などを狙うことがよくあります。

狙ったところにピンポイントでキャストできると、効率よく的確に根を攻めることができます。

リールのパワーがある

ベイトロッドと組み合わせるベイトリールはスピニングリールよりも巻き上げのパワーがあります。

ロックフィッシュはフッキングの後は根に潜ろうと強い引きをします。

スピニングロッドの場合は、ラインが細くリールのパワーもないため、ロッドのパワーを利用して魚を浮かせるしかありません。

しかし、ベイトロッドの場合はリールのパワーがあるので一気に巻き上げることができ、魚が根に潜るのを防ぐことができます。

高い位置でルアーを操作できる

9ftという長さは約2.7mで、ロックフィッシュに使用するロッドのなかでは長い方に分類されます。

ロッドが長いと高い位置でルアーを操作することになるので、ルアーを引きずるような動きが減って、根掛りを少なくすることができます。

また、フッキングした際にも上へ上へと魚を寄せることができますので、根に潜ろうとする魚の動きに対抗することができます。

デメリット

ライントラブルが起きやすい

ベイトロッドに使用するベイトリールでは、スプールの回転を制御するブレーキ調整や、指で押さえて直接制御するサミングといったテクニックが必要です。

ロングロッドでキャストをすると遠くへ飛びやすい一方、ルアーの速度が速くなりやすくスプールが高回転します。

スプールの回転を上手に制御しないとバックラッシュなどのトラブルが起きてしまいます。

スピニングロッドより飛距離が落ちやすい

ベイトロッドではリールのスプールにブレーキを効かせてキャストします。

ラインの放出に抵抗があるので、スピニングと比較して飛距離が落ちてしまうことがあります。

また、ラインもスピニングロッドよりも太いものを使用します。

そのため、ライン自体の重さや空気抵抗によって飛距離が落ちてしまいます。

9ftのロックフィッシュ用ロングベイトロッドおすすめ8選

【アブガルシア】ソルティースタイル トリプルコンセプト SSTC-912MT-KR

アブガルシアから発売されてるコスパに優れたロッドです。

小口のガイドを使用したことにより、ロッドの自重が軽くなり、感度も良くなっています。

ガイドは小口ですが、PE2号までの太めのラインを使用できます。

7gから35gのルアーを使用でき、シーバスやショアジギングにも使用できるパワーがありますので、大型のロックフィッシュにも十分対応できます。

【アブガルシア】ソルティースタイル シーバス STSC-962MR-TV-KR

アブガルシアのソルティースタイルシリーズはリーズナブルな価格ながら、ロッドの軽さや感度などが抜群で、コスパに優れています。

こちらはシーバスロッドですが、12gから40gのルアーを使用でき、大型のシーバスを釣り上げるパワーもあります。

キャストしやすい設計なので、ライントラブルなどを軽減したストレスのない釣りができます。

【メジャークラフト】トリプルクロス ハードロック TCX-902H/B

こちらはメジャークラフトから発売されているロックフィッシュ専用のロングベイトロッドです。

10gから50gまでのルアーをしようできる硬めのロッドで、磯などの大型の個体にも負けないパワーを備えています。

PE2.5号までの太さのラインを使用できるので、ベイトロッドのメリットを大きく生かすことができます。

【バレーヒル】NEW サイファリスト CPHC-90X

大型のロックフィッシュに対抗できる最強のパワーを備えた専用ロッドです。

使用できるルアーが18gから70gとなっていて、他に似たような商品がないくらいの硬さです。

小口径のガイドが使用されているので、ロングベイトロッドにありがちな持ち重り感が軽減されています。

また、小口径ガイドのおかげで感度も良く、硬いロッドであるにもかかわらず操作性にも優れています。

【シマノ】ディアルーナ B96ML

シマノから発売されているシーバスロッドです。

細身で張りがありながら穂先は繊細にできていて、地形の変化やルアーの重みを感じやすく操作性に優れています。

軽量な素材が使用されているので、9ftの長さがありながら自重は136gと軽量化に成功しています。

軽量化と同時に強度やパワーは維持されているので、パワーのあるロックフィッシュにも十分対応できます。

【ダイワ】ラテオ ベイトモデル 93MB

ダイワから発売されているシーバスロッドです。

138gと自重が軽く、手元の感度が良い設計となっています。

キャストしやすい設計となっていて、様々なルアーに対応できます。

ジグヘッドを使用したスイミングや、テキサスリグを使用したボトムバンプなど、様々なパターンがあるロックフィッシュにぴったりなロッドです。

【シマノ】ルナミス B96M

シーバスやヒラスズキ、ヒラメや青物にまで対応できる万能なルアーロッドです。

高強度樹脂を使用したカーボンテープを採用していて、あらゆる方向の曲がりやねじれに強いロッドになっています。

操作性に優れていて、より正確なキャストができます。

また、操作性の良さにより、リフトアンドフォールなどのロックフィッシュの基本操作を得意としています。

【アブガルシア】エラディケーター ロックスイーパー ERSC-904EXH

4ピースのロングベイトロッドです。

マルチピースのロッドですが、感度や操作性は十分なロッドです。

穂先がしなやかになっており、警戒心の強いロックフィッシュにも違和感を与えにくい設計となっています。

また、パワーも十分で、磯などの岩礁地帯でも大型の個体を根に潜らせることなく寄せてくることができます。

まとめ

ロングベイトロッドを使用すると、より的確なキャストと操作で確実にターゲットに近づけます。

また、大型の個体とのパワー勝負もできますので、磯など厳しいフィールドにもエントリーできます。

ロングベイトロッドを使用して、テクニカルかつパワフルにロックフィッシュを狙ってみてください。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる