MENU

最高峰のロックフィッシュロッド6選!ハイエンドな最強根魚竿を厳選!

ロックフィッシュとは、アイナメやソイ類やハタ類などの、テトラ周りや岩礁帯に潜む根魚のことを指します。

ロックフィッシュを釣るための竿であるロックフィッシュロッドは、各メーカーから多くの商品が発売されていて、型番や価格がとても幅広いです。

各メーカーの最高峰であるハイエンドモデルは、並のロッドとは比べ物にならないほどの最強のスペックを誇ります。

この記事では、各メーカーの最先端の技術の結晶であるロックフィッシュロッドのハイエンドモデルを紹介します。

タップできる目次

最高峰のハイエンドなロックフィッシュロッドの価格帯は?

各メーカーの最高峰であるハイエンドなロックフィッシュロッドは、その価格も最高峰となっています。

具体的にはいくらくらいかと言うと、ハイエンドモデルの中でも安めの商品の価格で約4万円となっています。

さらに、価格の高い商品は6万円近くになることもあります。

各メーカーの最先端の技術が詰まっていますし、きちんとしたメンテナンスをすれば10年以上など長く使用することができますので、決して高すぎる価格ではないでしょう。

最高峰のハイエンドなロックフィッシュロッドを使うメリット

軽量化が実現されている

ロックフィッシングは常にロッドを持ってリグを操作する釣りです。

そのため、ロッドが重いと腕が疲れて、ロッドの操作などにおいて不利になってしまいます。

しかし、ハイエンドなロックフィッシュロッドは軽量化に成功しており、使用感がとても軽快な商品ばかりです。

単純に軽量化しただけでなく、魚を一気に根から引き離すロッドのパワーを維持しているのもハイエンドなロッドの特徴です。

超高感度になっている

ロックフィッシングでは、地形の把握やリグの的確な操作が釣果に結びつく重要なポイントとなります。

ハイエンドなロックフィッシュロッドは、ロッドの素材や構造によって超高感度が実現しており、海底の状況が手元にビンビン伝わってきます。

ロングキャストをすると手元に伝わる情報は少なくなりがちですが、ハイエンドななモデルであれば、飛距離に関係なく手元で情報を感じることができます。

心が満たされる

時間が空けば、天気が良ければ、いつでも釣りに行きたいのがアングラーというものです。

しかし、好きな時に毎回釣りに行けるわけではないのが現実です。

そんなときでもハイエンドなロックフィッシュロッドを持っていれば、竿を持ったり、眺めるだけで釣りに行きたい欲求は満たされます。

ハイエンドなモデルは、実際に釣りに行っている時間以外でも心を満たしてくれるでしょう。

最高峰のハイエンドなロックフィッシュロッドを使うデメリット

価格が高い

ハイエンドなロックフィッシュロッドは、価格が最低でも約4万円と、とても高価です。

ロックフィッシングでは、様々なフィールドや魚の活性などに対応できるように、複数の長さや硬さのロッドを揃えることが多いです。

ハイエンドなロックフィッシュロッドを複数揃えるというのは、とても財布に負担がかかってしまいます。

慎重に使用しなければならない

どんな価格の道具でも、道具を大切に扱うことに変わりはありませんが、ハイエンドなロックフィッシュロッドであれば、より慎重に使用しなければなりません。

価格が高いので、傷がついてしまったり損傷してしまうと、精神的にも大ダメージを受けてしまいます。

足場の悪いテトラ周りや磯で使用することも多いロッドですので、ハイエンドなモデルの使用は少々神経質になってしまいます。

安いロッドを使用できなくなる

ロックフィッシュロッドは複数の長さや硬さを揃えることが多いです。

一度ハイエンドなモデルを使用してしまうと、価格を抑えた商品ではどうしても、重量感や感度という面でハイエンドなモデルには対抗できません。

そのため、他のロッドを使用したり購入したりする際にどうしても満足しなくなってしまうことがあります。

最高峰のロックフィッシュロッド6選

【アブガルシア】エラディケーター ロックスイーパー ERSS-94EXH

価格は3万9000円程です。

従来のロックスイーパーの特徴であるパワーに加え、軽量化と高感度化に成功したロッドです。

ロングスピニングロッドにもかかわらず、軽快な使用感が実現されています。

セミマイクロガイドシステムが採用されていて、ライントラブルが軽減されており、ストレスのない釣りをすることができます。

【バレーヒル】サイファリスト HRX プロスペック CPRS-99MMH

価格は3万9000円程です。

最近のロックフィッシングで主流になってきたロングキャストをできるスピニングロッドです。

ロングロッドの欠点は操作性の悪さと自重の重さですが、素材と構造の改良によりこれらが改善され、パワーと繊細さが実現されたロッドです。

10フィート近い長さがあるので、ロングキャストにより広範囲を攻めることができます。

【ダイワ】HRF AGS 86M

価格は3万9000円程です。

ダイワから発売されているHRFシリーズの最高峰のハイエンドロッドです。

使用できるリグが8グラムから20グラムと軽めで、テキサスリグによるボトムの攻めとスイミングによる横の釣りの両方を得意としています。

デイロックでもナイトロックでも攻め手があるので、このロッド1本で一日中楽しむことができます。

【ヤマガブランクス】バリスティック ベイト 103MH NANO

価格は4万9000円程です。

小型青物やシーバスにも使用できるほどのパワーを備えたロングベイトロッドです。

スピニングよりも太いラインを使用できるので、魚とのパワー勝負に向いています。

磯での使用を想定しているので、大型の個体でも一気に魚を根から離すことができるパワーと長さを備えたロッドです。

【シマノ】ハードロッカー エクスチューン B810XXH+

価格は4万9000円程です。

シマノから発売されているハードロッカーシリーズの最高峰モデルです。

素材や構造などにシマノの最先端技術が詰め込まれていて、高強度、超軽量、高感度を実現しています。

磯ロックで大型の個体を狙うことのできるパワーに満ち溢れた硬いロッドです。

硬いのですが、その感度と軽量化により操作性にも優れています。

【ノリーズ】ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO72MHC2

価格は5万8000円程で、ロックフィッシュロッド界でも最高峰クラスとなっています。

有名なロックフィッシュトーナメント「パワーオーシャンカップ」を制するほどのクオリティを備えたロッドです。

ロングキャスト、ヘビーリグが主流となりつつある中で、フィネスを極めた貴重なモデルです。

軽いリグで足元を攻めることに特化している一方で、50センチオーバーのアイナメにも負けないようなパワーを誇ります。

まとめ

紹介した以外にも、各メーカーのハイエンドモデルは様々な型番が発売されていて、長さや硬さは幅広いです。

価格は高いですが、ハイエンドなロックフィッシュロッドは低価格帯のモデルとは比較にならないほどの使用感を誇ります。

機会があればぜひ使用して、極上の釣りを体験してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる