MENU

オフショアキャスティング&ジギング兼用ロッド6選!マルチな竿はある?

オフショアはキャスティングとジギングの両方を行うことで、魚のバイトチャンスを広げることが可能です。

ただし本来キャスティングとジギングは竿の調子が違うため、それぞれに適したタックルを用意しなくてはいけません。

それを兼用可能なロッドでまかなうことで、持ち込むタックルを減らすことができ、さらにはコスト面でも助かります。

そこで今回は、オフショアキャスティングとジギングに兼用できるマルチなロッドを紹介いたします。

タップできる目次

オフショアでキャスティングとジギングを兼用できるロッドある?

キャスティングとジギングの両方を100%カバーする兼用ロッドは、実際にはほとんどありません。

なぜならばキャスティングとジギングは、釣りの特性やロッドスペックが相反するからです。

キャスティングゲームは飛距離重視のスピニングロッドが有利で、ジギングはパワー重視のベイトロッドが有利になります。

その中で兼用できるロッドを探すなら、キャスティングロッドをジギングにも使うのがベターといえるでしょう。

ジギング兼用可能なキャスティングロッドは、ルアーの適合ウエイトに注意しながら選んでください。

オフショアでキャスティングとジギングを兼用するメリット・デメリット

メリット

遠征時のタックルを減らせるのが兼用ロッドのメリットで、身軽に乗船することができます。

キャスティングロッドでのジギング中に、急にナブラが立った時でも即対応が可能です。

メタルジグをトップウォータープラグに付け替えて即キャストできるので、対応に遅れることはありません。

またキャスティングとジギングを一本で兼用するため、購入コストを抑える効果があります。

デメリット

オフショアゲームの兼用ロッドにジギングロッドを使ってしまうと、飛距離が全く出ずにキャスティングゲームが成立しません。

兼用に適したキャスティングロッドであっても適合ウエイトの関係上、レンジや対象魚によってはジギングできない可能性があります。

ラインブレイク等でタックルが使えなくなった時、タックルが1つだけなら釣行を諦めざるおえないこともデメリットの一つです。

オフショアキャスティング&ジギング兼用ロッドの選び方

ロッドタイプ

兼用ロッドを選ぶなら、オフショアキャスティングロッドの中から決めるのがおすすめです。

仮にジギングロッドでキャスティングしても、竿調子が違うため全く飛距離が出ません。

逆にキャスティングロッドは汎用性が高いため、バーチカル方向のジギングにも対応できます。

兼用ロッド選びは、対象魚やルアーウエイトを考慮して最適なモデルを選んでください。

リールタイプ

近年ベイトキャスティング用もリリースされ、オフショアジギングではベイトリールが主流となっています。

兼用ロッドについてもスピニングとベイトで意見は分かれますが、あえてスピニングリールがおすすめです。

特に初心者はバックラッシュへの対処が不慣れのため、兼用ロッドにベイトリールはおすすめできません。

トラブルが少なく扱いが容易なスピニングリールの方が、より適しています。

長さ

キャスティングとジギングを一本のロッドで行う場合、最適な長さを選ぶこが求められます。

通常ジギングは5.5~6.5ft、キャスティングは7ft前半~8ftの長さが最適です。

兼用ロッドは、どちらのゲームにも対応できる長さのモデルを選ばなくてはいけません。

長すぎると船上で邪魔になり、短すぎるとキャスト性能が落ちるため、6~8ftの中から持って使いやすいロッドがおすすめです。

オフショアキャスティング&ジギング兼用ロッド6選

【テイルウォーク】SSDオフショアキャスティング(68ML)

プラグからメタルジグまで使用可能な、オフショアゲームのスタンダードロッドです。

高強度とトラブルレスなブランクスは評価が高く、良型の青物までをしっかりカバーしてくれます。

近海キャスティングゲーム仕様ですが、持ち前のバットパワーはジギングに使用しても問題ありません。

ローコストで長くつかえる、パフォーマンスの良いモデルです。

【ジャクソン】オーシャンゲート(JOG-702L-K OC)

オフショアキャスティングゲームの人気ロッドで、粘りと太いトルクのブランクスが魅力です。

ジギングに求められる要素を満たし、大型青物狙いの兼用ロッドとして使えます。

グリップはホールド性に優れ、高いキャスト性能と操作性を高次元で実現しました。

702LはMAX50gまでのプラグやメタルジグを自在に操れ、初心者に適したモデルです。

【ダイワ】ヴァデル(C73MLS)

アンダーキャストでもしっかり振り切れる、切れ味鋭いキャスティング得意とするオフショア用エントリーロッドです。

ルアーは60g、PEラインは3号まで適合し、軽量メタルジグで低活性なターゲットを狙うジギングにも使用できます。

短めのグリップが、他では真似できないテクニカルなジャーキングを可能にしました。

価格以上の実力を備える、兼用可能なロッドです。

【ダイワ】キャタリナエアポータブル(C74MS)

急に発生するナブラへ正確に打ち込むのに適したレングスを備える、3ピース仕様のキャスティングロッドです。

不屈のバットパワーとオールラウンダーとしての一面を備え、ライトジギングゲームにも対応できます。

ターゲットは中型青物から30kgクラスの大物まで幅広く、その魅力は尽きません。

コンパクトに仕舞えるので、遠征にも欠かせないモデルです。

【ジャッカル】GSW(S68L)

細身でありながらも肉厚なブランクスが強靭なパワーを発揮する、中型青物向けのキャスティングモデルです。

6.8ftの短レングスからは想像もつかない飛距離を実現しました。

目の前で発生するナブラへの対応力だけでなく、SLJやライトジギングへの適応力も見逃せません。

価格もリーズナブルで、最初のオフショアゲームロッドとしてもおすすめです。

【パームス】Sea Rapture(SRGS-76M)

カツオやサワラなど中型青物をメインターゲットに、時には大型サイズまでを仕留めるスペックのキャスティングロッドです。

狭い船上での取り回しに優れた7.6ftは、キャストだけでなくルアー操作にも優れています。

ウエイト80gまでのジギングに使用でき、一本で兼用しても構いません。

オフショアをとことん楽しめる、スタンダード仕様のモデルです。

まとめ

オフショアゲームでのキャスティング&ジギング兼用ロッドは、キャスティング性能を落とさない前提で選ぶことも大切です。

キャスティング用プラグとジギング用ジグのウエイトを確かめて、最適な兼用ロッドを選んでください。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる