MENU

ロングスピン用リールおすすめ6選!番手やギア比の選び方!

ロングスピン釣法は、長いスピニングロッドによってロングキャストをしてロックフィッシュを狙う釣りです。

まだ他のアングラーが手を付けていないポイントが残っていたり、水深のあるポイントを攻めることができて大型が狙えるといったメリットがあります。

ロングスピンでは、足元を狙う釣り方とは異なるタックルが必要です。

この記事では、番手やギア比など、ロングスピンにおすすめのリールについて解説します。

タップできる目次

ロックフィッシュのロングスピン釣法に使うリールの特徴

ロングスピン釣法でロックフィッシュを狙う際に使用するリールの一番の特徴はスプールの大きいスピニングリールということです。

スプールが大きいスピニングリールを使用することによって、キャストの飛距離が伸びる効果を期待できます。

また、ロングスピン釣法では感度の良さと飛距離を求めてPEラインを使用することが多いので、ライントラブルの少ないスピニングリールを使用します。

ロングスピンに適したリールの選び方

種類

通常のロックフィッシュでは、スピニングリールもベイトリールも両方好まれて使用されます。

しかし、ロングスピン釣法ではスピニングリールを使用します。

スピニングリールを使用することで、キャストの飛距離をアップしたり、ライントラブルを軽減したりできます。

また、スピニングリールはラインを多く巻けることが多く、根掛りによるラインブレイクが多いロックフィッシュにおいて有利になります。

番手

リールの番手は、シマノであれば4000番前後、ダイワであれば3000番以上のロックフィッシュとしては大きめのスピニングリールを使用します。

スプールが大きい番手ですので、ラインを多く巻くことができ、キャストの飛距離を伸ばすことができます。

ロックフィッシュでは根掛りによるラインブレイクが多く、釣りをしている最中にラインが少なくなってしまうこともあります。

しかし、ラインキャパシティが多いリールであれば、1日を通しての釣行も安心です。

ギア比

ギア比はハイギア以上の巻き取り数の多いスピニングリールを使用します。

ハイギアのリールを使用すると、一気にラインを巻き取って、根に潜らせる隙をロックフィッシュに与えない有利な釣りができます。

また、キャスト後のラインスラッグも素早く回収できますので、余計な根掛りやライントラブルを防ぐことができます。

重さ

ロックフィッシュでは、常にロッドを持ち、ルアーにいろいろなアクションをつけながら釣りをします。

腕の疲労を軽減したり、ルアーの操作性を高めるためにも、リール本体の重さはできるだけ軽いものにしましょう。

ロングスピン釣法では長いロッドを使用するので、ロッドが重くなる傾向がありますので、リールの重さを軽減することはより重要です。

剛性

ロングスピン釣法に使用するスピニングリールは耐久性や剛性も重要です。

ロングキャストしたポイントで魚を掛けたら、ロッドのパワーと長さ、リールの巻き取りを利用して魚を一気に根から離します。

このとき、リールにも大きな負荷がかかりますので、歪みの少ない頑丈なリールを選ぶことが必要です。

リールを軽量化する代わりに剛性が落ちている商品もあるので注意しましょう。

ロングスピン用リールおすすめ6選

【シマノ】ナスキー 4000XG

シマノから発売されている高コスパなリールです。

ボディやギアが頑丈に作られているので、魚を根から離すために多少強引な巻き上げをすることもできます。

また、内部構造の進化により、巻き心地が非常に滑らかになっているので、巻き取りの最中にノイズを感じにくくなっています。

そのため、ストレスのないルアー操作をすることができます。

【シマノ】アルテグラ 4000XG

ナスキーよりも軽量化と剛性が高い、より高コスパなリールです。

リールの重心がより手元に近い設計となっているので、使用し続けて重さを感じにくく、疲労の軽減につながっています。

また、スプールの糸巻部が長い設計となっているので、キャスト時の飛距離アップを実現しています。

【シマノ】ツインパワー 4000MHG

シマノを代表する高耐久、高剛性のリールです。

樹脂ではなく金属でできている部品が多く、負荷がかかってもリールの歪みがほとんどありません。

ですので、引きの強い大型のロックフィッシュでも軽々と巻き取ることができます。

少々重さはありますが、磯などの根が荒く、よりパワーが必要なフィールドには最適なリールです。

【ダイワ】21 フリームス LT3000-XH

ダイワから発売されている高コスパのリールです。

軽さと剛性を両立していて、巻き心地などの使用感は価格以上です。

キャスト時の抵抗が少ないスプールの形状となっているので、飛距離が伸び、ライントラブルも少なくなっています。

もちろんマグシールド搭載で、耐久性にも優れています。

【ダイワ】21 カルディア LT3000-XH

軽さと剛性の両立を高いレベルで実現した、高コスパのリールです。

ボディの構造に最新技術を採用していて、剛性の強化に成功し、ねじれやたわみに強くなっています。

巻き始めの抵抗も軽減されていて、スムーズに巻き取りを始めることができます。

ラインキャパシティもPE1号を200メートル巻けるので、ロングスピン釣法にはピッタリのリールです。

【ダイワ】21 ルビアスエアリティ LT3000-XH

価格は高めですが、軽さと剛性の両立を極限まで極めたリールです。

ボディの素材の質と設計にこだわり、剛性は高いまま、190グラムという驚異の軽さを実現しています。

回転性能も十分で、巻き始めがとても軽くなっています。

長時間ロッドを持ち続けて繊細な操作をするロックフィッシュにおいて、持ち疲れのしない最強のリールと言えます。

まとめ

大型のスピニングリールを使用し、ロングキャストによりロックフィッシュを狙うのがロングスピニング釣法です。

まだ誰も手を付けたことのないポイントを攻めるのがロングスピニング釣法の魅力でもあります。

未知のポイントで驚異の大型ロックフィッシュに挑んでみてください。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる