【2020年版】安いビッグベイトリールおすすめ8選!コスパに優れた人気リールを紹介!

昨今、ビックベイトによるバス釣りは湖、ダム、河川、野池とフィールド問わず大人気です。

各メーカーからの新商品もビックベイトは数多く、ルアーの巨大化はとどまる気配なし。

しかしビックベイト用の釣り道具は決して安くなく、「手が出せないな…」と諦めることもしばしばあるのではないでしょうか?

そこで今回はビックベイトに対応できる「ビックベイトリール」をコスパの観点からおすすめ8機種を紹介します。

ビッグベイトリールの選び方

ギア比(ハイギア?ローギア?)

結論としてはハイギアがおすすめです。

ローギアが得意とする一定速度でのリトリーブ機会はビックベイトの場合少ないです。

ビックベイトでの釣りの醍醐味は「食わせ」ではなく「リアクション」です。スピーディーに緩急をつけられるハイギアがやはり扱いやすいですね。

番手(大きさ/糸巻き量)

糸巻き量は多く巻けるものほどおすすめです。

ビックベイトは軽量のものでも約1onz(約28g)の重量がありますので、当然ラインも太くなります。

最低でも16ポンドは欲しいところです。選ぶ基準はスプールが深いものを選びましょう。

16ポンドを75-85m以上巻ければ問題ないかと思います。

重さ/剛性

ビックベイトリールを選ぶ上で剛性は重要です。

剛性とはリール自体の丈夫さです。

ビックベイトの重量がロッド、ラインを介してリールに負荷がかかるので脆弱なリールだと破損、もしくは釣行時に不安感を感じてしまいます。

剛性能力が高いのはカルカッタなどの真鍮丸形リールですが、お値段もその分高くなります。

今回はコスパも考慮したおすすめですので丸形以外のリールで紹介しますね。

安いビッグベイトリールおすすめ8選

【アブガルシア】REVO BEAST

バスのビックベイトだけでなく、パワーフィッシュとされる雷魚やナマズもターゲットにしているシリーズです。

最大ドラブ性能は約14kgと専用シリーズだけあって安心感がありますよね。

またスプールは20ポンドでも約150m巻ける大容量となっています。

アブガルシアのデザインのかっこよさも所有欲を満たしてくれる大きなポイントですね。

【アブガルシア】 REVO SX 2018モデル

REVOシリーズの廉価版になります。

他のREVOと比べるとドラグ性能がやや落ちますが問題ありません。

スプールは16ポンド約115m巻けますし、ハンドルもハイパワーで操作できるよう幅90mm、ノブも大型のフラット形状になっています。

フレームも高強度アルミ鋳造合金なので剛性能力も安心ですね。何よりも1万5千円は嬉しいです。

【アブガルシア】 REVO ビックシューターコンパクト

REVOビックシューターの軽量版になります。

自重約250gとコンパクトでありながらもパワー不足は全く感じさせません。

スプール溝、ドラグ、剛性能すべて全く問題なし。

何よりもおすすめがこのパワーハンドルです。

ハンドル長が全長約95mm、ノブは握りやすい丸形のEVA素材で非常に巻きやすいです。

【アブガルシア】 ロキサーニパワーシューター(¥15,400)

ここまで来たら筆者がアブガルシア愛好者であることは明らかになりましたでしょう。

ロキサーニはビックシューターコンパクトから更に軽量の約242g、ギア比もよりハイギアの8:0:1、巻取り長は約88cmとおすすめ要素満載です。

ルアーキーパーもついていますのでリールを傷つけず移動できる点も良いですね。

これだけの性能で1万5千円はお買い得間違いなし。

【シマノ】19スコーピオンMGL150 XG(¥18,300)

長年バス釣り愛してやまない方で知らない方はいないでしょう。

シマノの名機「スコーピオン」。ワインレッドというカラーリングは唯一無二でその存在感は間違いなし。

見た目だけでなく、19スコーピオンはビックベイトにも対応できる性能。

自重215g、ギア比8:5、巻取り長も約91cmです。

最大ドラグ力は約5.5kgとやや落ちますが、ビックバスとのやり取りにはそこまでの支障はないです。

【シマノ】16メタニウムMGL XG(¥29,800)

メタニウムはDCシリーズも展開するシマノの中でも上位機種にあたりますが、16メタニウムは型落ちということもあり、リーズナブルにお買い求めできます。

メタニウムの輝かしいシルバーのボディは高級感溢れて良いですね。

性能は自重175g、ギア比8:5、巻取り数約91cm、最大ドラグ力約5kgと19スコーピオンのより軽量版といったところでしょうか?

何よりも上位機種ならではの巻き心地の良さは抜群ですよ。

【ダイワ】20TATULA SV TW XH(¥17,000)

もともとTATULAシリーズはアメリカで扱われていましたが、TWS(Tウイングシステム)という可動式のT字型レベルワインダーを搭載した上で14年に日本に逆輸入されたモデルになります。

20TATULAはその最新モデルになります。

自重190g、ギア比8:1、巻取り数81cm、最大ドラグ力約5kgと19スコーピオン、16メタニウムと似ていますね。

【シマノ】20エクセンス DC SS XG(¥27,874)

個人的には同じシマノの16メタニウムよりもビックベイトリールとしておすすめ機種です。

ボディは高い剛性能のあるHAGANEボディ。ブレーキも4段階で簡単に調整できる点も扱いやすいですね。

自重225g、ギア比8:5、巻取り数91cm、最大ドラグ力約5kg。

最大の特徴はサイドプレートを開けることで簡単にスプールが交換できます。

ですのでこれ1台でフィネスからビックベイトまでスプール交換だけで対応できる点は素晴らしいですね。

まとめ

3万円〜5万円になるとより剛性なビックベイトリールの選択肢は広がりますが、コスパを考え3万円以下からこの8つを紹介しました。

筆者的にはアブガルシアが剛性能、ギア比、パワーハンドル、デザインの点でイチオシです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました