MENU

夏用ウェーダーおすすめ10選!暑い時期に最適な胴長は?

ウェーダーを着用して水に立ち込めば今まで届かなかったポイントを攻略する事が出来ます。

サーフのフラット狙いやシーバス釣り、そして渓流釣りでは欠かせないアイテムです。

しかし、気温や湿度の高い夏はウェーダー内部が蒸れて不快に感じる事も少なくありません。

そこで今回は、夏の釣りでも快適に釣りが楽しめるウェーダーをご紹介させて頂きます。

夏に適したウェーダーの特徴や選び方、おすすめ商品をまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

タップできる目次

夏に適したウェーダーの特徴

一般的なウェーダーは丈夫で水を通さない非透湿性のナイロン製の生地で作られています。

水を通さない反面、ウェーダー内で掻いた汗も外部に放出してくれないので内部が蒸れてしまいます。

この弱点を克服するために新しく開発されたのが夏の釣りに最適な透湿タイプのウェーダーです

ウェーダー内で掻いた汗が蒸散すると水分子だけを通す生地が外部へ素早く湿気を逃がしてくれます。

その為、汗を掻きやすい膝から上の部分が常にサラッとしており汗による蒸れを感じさせません。

夏用ウェーダーの選び方

動きやすさ

ウェーダーを購入する際は、程よく体にフィットして歩き回っても疲れないものを選択して下さい。

立体裁断と呼ばれる加工技術を使って作られた商品でしたら足を激しく上げ下げしても突っ張る感じがありません。

また、体にフィットするウェーダーは水の抵抗も和らげてくれるので流れのある場所でも足への負担を軽減出来ます。

重量に関しては軽い方が動きやすいのですがその分、耐久性は落ちてしまいます。

その為、擦れやすいお尻や膝の部分だけが二重構造になっている商品がおすすめです。

形状

ウェーダーはチェストハイ、ウエストハイ、そしてヒップウェーダーの3種に別けられます。

深い場所まで立ち込んで釣る場合はチェストハイ、膝上程度の浅い場所ではウエストイハイが最適です。

膝下程度の水深を長靴の延長線として利用する方はヒップウェーダーをおすすめします。

ウェーダーの内部に水が入り込むと動きが取れなくなり、大変危険ですから釣り場の水深に合った商品を選択して下さい。

ソール

ウェーダーの靴の裏に貼られているソールはラジアルソール、フェルトソール、そしてスパイクソールに別けられます。

ラジアルソールは靴の感覚で使用出来るので動きやすいですが、苔の生えた岩の上では滑りやすいので注意が必要です。

このように滑りやすい場所を歩く事が多い方はフェルトソールを選択して下さい。

フェルトに砂やゴミが絡みやすく、擦り減りやすいデメリットはありますがグリップ力は抜群です。

一方、磯場のように足場がフラットでは無い場所ではピンが食い込んでグリップしてくれるスパイクソールがおすすめです。

釣り場に合わせたソールの形状を選択しなければ転倒事故に繋がるので注意して下さい。

機能性

ウェーダーを購入する際は防水ポケットが付いていると水しぶきからスマホや車のキーなどを守ってくれます。

また、足の部分にキックオフ機能が付いていれば釣りの後にかがむ事無くさっと脱ぐ事が出来ます。

転倒時に水の侵入を防いでくれるウエストベルトや激しく動いてもズレにくいHハーネスの肩ベルトを採用した商品もおすすめです。

インナーの構造

ウェーダーを購入する際は体に接するインナー部分がどういう構造になっているのかチェックして下さい。

夏の釣りに適しているのは内部の蒸れを最小限に抑えてくれるメッシュ構造です。

内部にエアが貯まりやすい湿気を拡散してくれるので汗を掻いても蒸れを感じにくくなります。

体に纏わり付いてくることも無いので脱着も容易でウェーダー特有のストレスを感じません。

夏用ウェーダーおすすめ10選

【ダイワ】ダイワブレスラジアルウェーダーネオ RW-4350B-NE( 先丸)

ブレスアーマーネオと呼ばれる3層構造防水透湿素材を使用したチェストハイウェーダーです。

スリムで体にしっかりフィットする裁断によって作られているので、水の抵抗も受けにくく機動性に優れています。

靴底は汎用性の高いラジアルソールが使われており、耐久性が高いので履いたままランガンも出来ます。

【シマノ】DS3ウェーダー チェストハイ

濡れた場所でも抜群のホールド力を見せてくれるフェルトソールを装着したチェストハイウェーダーです。

ブーツは柔軟性に優れたソフトタイプが使用されているので履き心地も良く長時間の釣りでも足が痛くなりません。

表面生地の耐久性も高いので擦れに強く、藪漕ぎする事の多いバス釣りや渓流釣りでも活躍します。

【マヅメ】フルオープンブーツフットウェイダー フェルトスパイク MZBF

ブーツのフェルトに接着剤を使用しない特殊加工で製造されているので長期間使用しても剥がれる事がありません。

フェルトの厚みが14mmあるので擦り減り難く、コバが斜めにカットされているので泥抜けが良くメンテナンスも簡単です。

チェストハイウェーダーですが前面部を開放出来るので、籠った熱気を外に出す事が出来ます。

【プロックス】ブリザテックポリカウェダー

ラジアルソールを採用したウエストハイウェーダーで、コストパフォーマンスに優れた商品です。

内ポケットが付いているので小さなルアーボックスや小物を入れて移動しながら釣りが楽しめます。

子供や女性に最適な小さいサイズもラインナップされているので、家族で釣りや潮干狩りに出掛ける時にも使えます。

【ランケル】チェストハイウェーダー

胸元にフックを掛けるハンギングボードが付いているのでルアー交換で落水する事故を防げます。

サイドポケットにはチャックが付いているので、歩き回っても中に保管したアイテムを落とす事がありません。

調整可能なウエストベルトが付いているので、万が一転んでしまっても水の侵入を防ぐ事が出来ます。

【双進】RV コンフォータブルウェストハイブーツウェーダー

立体裁断加工で作られているので着用しても突っ張る感じが無く足を上げながら沢登りしても疲れません。

ブーツの部分が少し硬く作られているので水圧で変形しにくく流れの速い場所でも快適に使用する事が出来ます。

ソールはフェルトピンが採用されており、濡れた磯場や岩場でもしっかりグリップしてくれます。

【阪神素地】透湿スリムウエーダーハイブリッドDX先丸

内側にファスナー付きのポケットが付いている、スリムな形状のチェストハイウェーダーです。

衝撃を吸収する膝パッドを装着してあるので、転んでぶつけても怪我から体を守ってくれます。

靴底は耐久性の高いフェルトソールが採用されており、濡れたテトラや岩場の上を移動しても滑る事無く安全に釣りが楽しめます。

【ビセオ】G-TEXデニムウェダー

デニム調のオシャレなデザインを採用したチェストハイウェーダーで、G-TEXと呼ばれる透湿効果の高い素材で作られています。

7種類の豊富なサイズの中には3SやSSも含まれているので、お子様や女性も着用する事が出来ます。

耐摩耗性、防汚性にも優れていますし価格も手に取りやすいので初心者にもおすすめの商品です。

【パズデザイン】BSウエストハイウェーダーⅣ(PBW-514)

非常に軽く3D立体裁断で作られているのでフィット性も高く長時間歩く事が多いサーフの釣りに最適です。

縫い目が擦れて解れ易い内股部分もしっかり補強されているので、長期間使用しても水が浸入する事はありません。

収納袋が付属しているので釣行後はそのまま車やリュックに放り込んで帰宅する事が出来ます。

【リアス】サーフウェーダーウエストハイ(FWD-0600)

スニーカーと履き心地の変わらないラバーソールのブーツが使われており、移動距離の長いサーフの釣りにおすすめです。

タボ付きが少なく突っ張り感も無いので、ウェーダー特有の動きにくさを感じる事がありません。

また、サスペンダーには反射板が装着されているので夜の海でウェーディングを楽しむ事も出来ます。

まとめ

透湿タイプのウェーダーを着用すれば蒸し暑い真夏でも蒸れを気にせず釣りが楽しめます。

攻略出来るポイントも広くなりますし、魚目線のスリリングなファイトを楽しむ事が出来ます。

海だけでなく淡水の釣りまで幅広く使用出来ますからぜひ、活用して下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる