MENU

トンジギ爆釣ジグおすすめ10選!人気の最新ジグを厳選!選び方も!

マグロ釣りなら一度はやってみたいジギングの1つのトンジギ。

関西エリアの釣り師の間で流行して、ここ数年で一気に有名になった釣りの手法です。

トンジギを使って狙う魚はビンチョウマグロだけでなく、キハダマグロやカツオなどの大きな魚種もチャレンジできます。

ここではトンジギに使うジグの選び方やおすすめのジグをご紹介します。

本記事を参考に、トンジギ選びの参考にしてみてください。

タップできる目次

トンジギとは

トンジギとは、ビンチョウマグロ(別名トンボマグロ)を狙うジギングのことです。

正式名所をビンナガマグロと呼び、ビンチョウマグロは代表的な呼び名として有名です。

中でも、関東や関西の一部のエリアではトンボと呼ぶことから、トンボのジギングをトンジギと名付けられました。

回遊魚であるビンチョウマグロが泳ぐ中層あたりを狙うトンジギは、マグロ釣りなら一度は憧れる手法として人気があります。

トンジギでジグにこだわるメリット

マグロにアピールできる

マグロは色を識別する能力が高く、特にシルバー系の色を好む特徴があります。

ビンチョウマグロはマグロの中では小型の部類に入るが、成魚となると30kgオーバーともなります。

マグロ釣りと聞くと一本釣りのイメージが強いです。

しかし、初心者や女性でも扱いやすいトンジギはフォールが早く、アピール力も高いことから効率よく釣れると人気の手法です。

フォールスピードを変えやすい

トンジギに必要なトンボジギングは小さいものでは250g、大きいサイズだと400g以上のジグを使用します。

タナの広さによってジグの大きさを調整し、狙ったタナまで効率よく落とし釣りをします。

潮の流れによって沈みが早い場合は、軽いジグに変更するなど調整しやすいのもトンジギのメリットです。

トンジギに最適なジグの選び方

重さ

トンジギで選ぶジギングは、150gの小さいサイズから700gまで幅広く用意されています。

その中でもよく使うのが300g前後のジグです。

マグロの視力は他の魚に比べると良いため、小さいジグでも遠くから認識できます。

しかし、軽すぎると激しい潮の流れや狙う水深によっては不利のため、500g程度のメタルジグを使用することもあります。

カラー

トンジギのカラー選びではシルバー系をおすすめします。

グロー系やアカキン、プルピンなどのカラーバリエーション豊富なメタルジグですが、シルバー系が断トツで人気です。

魚の中でもマグロは色を識別する能力が高く、赤や青、緑のジグを見分けることができます。

トンジギでジグを選ぶときは、ベイトカラーに近いシルバー系の製品を選ぶようにしましょう。

フック

トンジギのフックはフロントとリアにシングルフックを付けるのがおすすめです。

フックを前後の2ヶ所に取り付けることで、フォール姿勢や釣果の安定につながります。

状況に応じて、強いアタリがある場合はフロントフックのみで勝負するなど、使い分けましょう。

釣果が少ない時やかかりが悪い時、バラシを防止したい時は前後にフックを付けて対応するのがおすすめです。

トンジギ爆釣ジグおすすめ10選

【ウロコ】ウロコジグ オリジナル(B087WH4NHJ)

トンジギの定番アイテムとして人気のジグです。

ゆったりとしたフォールアクションで、広範囲にアピールしてくれます。

両サイドのエッジが水の抵抗になり、横向きのアクションを可能にしてくれます。

早い誘いから襲い誘いまで対応できる万能タイプのトンジギです。

【シマノ】スティンガーバタフライ ぺブルスティック(B07N1DHW39)

スリムタイプで素早いフォールに対応したトンジギジグです。

空気抵抗を抑えた構造設計により、遠方へのキャスティングも簡単に実現できます。

シルバー系をメインに全11種類とカラーバリエーションも豊富です。

軽いアクションで操作できる操作性の高いのもおすすめポイントです。

【メジャークラフト】ジグパラバーチカルロングスロー(B09KNHFFXH)

操作性に優れて、軽い力でキャスティングできるトンジギジグです。

スライドアクションから水平フォールに持ち込みやすいメリットもあります。

初めてのトンジギから上級者まで幅広くおすすめできる万能タイプのジグです。

扱いやすいトンジギを探している方におすすめです。

【スミス】CB.ナガマサ(B00H1N88LM)

スミスから販売されているアピール力抜群のトンジグジグです。

センターバランス重心で、ロングスライドすることで魚にアピールします。

水切りの良い設計でダートしながら泳ぎます。

風や潮の流れが早いときは、テンションをかけながらのキャスティングをおすすめします。

【ジークラック】アップダウンジグ(B09HQMDR7K)

さまざまな状況で活躍するトンジギ専用メタルジグです。

センターウエイトバランスタイプの左右非対称ボディーで魚にひらひらとアピールしてくれます。

さらに、面全体でフラッシングできる形状で、ビンチョウマグロにアピールしてくれます。

【メジャークラフト】バーチカル ロング(B01LY95I1T)

メジャークラフトを代表するジグパラシリーズのトンジギ専用メタルジグです。

マグロにアピールしやすいシルバー系カラーで釣果の期待もアップします。

軽い力でもアクションしやすいので初心者にもおすすめです。

コスパも良く、トンジギ導入にぴったりのアイテムです。

【BREED】ゴラッソ!ロング(B08SQW7KMT)

BREEDから販売されているマグロ専用のメタルジグです。

トンジギの実績もあるGOLAZOをロング化してアピール性能も向上しています。

キャスティング後に水平姿勢を保ちやすく、操作しやすい仕様です。

最小限の振り幅で、ターゲットにアピールできるおすすめのジグです。

【シマノ】スティンガーバタフライ ぺブルスティック(B012AN2D0O)

シマノから販売されているオーソドックスな形状のメタルジグです。

余計なフォールアクションを抑えた無駄のない設計が魅力です。

スリム化することで水抜け感もアップしているため、狙ったタナまでスムーズに対応できます。

260gと小型なのでタナの浅いエリアや小型のマグロ向けです。

【メジャークラフト】ジグパラ バーチカル ロング(B01LY95GZL)

メジャークラフトを代表する人気のジグパラロングタイプです。

ロング形状とヒラアクションで大きなマグロにアピールできます。

フォールスピードはゆったりめなので、タナの浅いエリアにおすすめです。

さらに表面には6層の特殊コーティングを施しているため、強度もありコスパ最強のメタルジグです。

【スミス】CB.ナガマサ(B01MFC470F)

スミスから販売されているユニセックスタイプのロングジグの定番です。

センターバランスでキャスティングしやすく、大きなマグロにアピールできるロングサイズ。

レーザーエッジバック設計で水切りもよく、ヒットした後の操作性も抜群です。

マグロ以外のカンパチやヒラマサにもピッタリです。

まとめ

今回はトンジギに使うおすすめのジグをご紹介しました。

大きなトンジギ(トンボジギング)を狙う時はシルバー系のジグをおすすめします。

マグロの水深や狙う大きさに合わせて最適なジグを選択していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる