MENU

チタンティップのアジングロッドおすすめ10選!メリットデメリットを解説!

コアなアジングアングラーから人気が高いチタンティップのアジングロッド。

近年ではチタンティップを採用したアジングロッドのラインナップが増え、多くのアングラーから使用されています。

チタンティップには多くのメリットがありますが、デメリットもあるので理解して使用するとさらに使い込んでいけます。

今回はチタンティップを搭載したおすすめのアジングロッドを紹介します。

今までと違うアジングを楽しみたいアングラーはぜひチェックしてみてください。

タップできる目次

チタンティップとは

ロッドの穂先をティップと呼びます。

チタンティップは名前の通り、ティップにチタンを採用していることを意味します。

チタンティップを採用したロッドはアジングだけでなく、船でのエサ釣りでも使用されています。

ロッドに採用されているチタンは純粋なチタンではなく、合金で形状記憶かつ弾性が高い特徴があります。

チタンティップが採用されたロッドは高い人気を誇りますが、デメリットも存在します。

メリットとデメリットをしっかりと知ることでチタンティップが効果的な状況がわかり、かつ破損する可能性を下げられます。

アジングでチタンティップロッドを使うメリット・デメリット

メリット

感度に優れている

チタンティップの最大のメリットは感度が良いことで、今まで捉えにくかった細かなアタリも捉えられます。

アジング攻略にはロッドの感度が重要で、ロッドの感度が良いとより数釣りができるようになります。

チタンティップはしなやかな特徴があるので、ティップの動きがわかりすく、目感度にも優れています。

バイトを弾きにくい

先ほども述べた通り、チタンティップのアジングロッドは穂先がしなやかにできています。

穂先がしなやかにできているためバイトを弾きにくく、細かなアタリも絡み取れる性能が備わっています。

特にアジをただ巻きやトゥイッチで探る巻きの釣りではバイトが弾きにくいとさらなる数釣りができるようになります。

豆アジでもバラしにくい

夏によく釣れる小型のアジ、別名豆アジはバラしやすく、攻略が難しいとされています。

チタンティップはロッドで引きをいなしにくい豆アジでもバラしにくい魅力があります。

豆アジは無数に群れているため、バラさずに釣り上げられると他のアングラーよりも数釣りができるようになります。

デメリット

キャストしにくい

チタンティップはかなりしなやかなので、ラインをリリースするポイントがわかりにくくなり、キャストが難しい特徴があります。

ルアーを水面に叩きつけたり、テンプラ気味のキャストになったりするキャストミスに注意が必要です。

チタンティップではラインを人差し指の第一関節よりも前にラインを引っ掛けてキャストするとキャストミスが軽減できます。

癖がつきやすい

チタンティップは癖がつきやすいデメリットがあります。

特に気温が低い冬では使用中にも癖がつきやすく、違和感を覚えるアングラーもいます。

そのため、気温が0度を下回る場面には不向きで注意が必要です。

癖がついた場合は常温に戻すと真っ直ぐに戻るので、手で無理に戻すことがないようにしましょう。

チタンティップのアジングロッドおすすめ10選

【ブリーデン】グラマーロックフィッシュ トレバリズム キャビン 402 TS-tip

4フィート2インチとかなり短くできたチタンティップ搭載のアジングロッドです。

主に遠投の必要がない近距離戦に最適なロッドで、足元付近にアジが群れている状況では最強のロッドと言えます。

感度と操作性に優れていて、アジングをよりテクニカルに攻略できます。

特に夏の豆アジ釣りでは最適な一本になります。

【ブリーデン】グラマーロックフィッシュ トレバリズム キャビン 410 TS-tip

近年流行している4フィート後半台でチタンティップを搭載したアジングロッドです。

4フィート2インチのモデルよりもキャストがしやすく、ある程度広範囲を探れます。

重量がなんと39gと非常に軽く、高い感度とルアーを細かく動かせる操作性を実現しています。

近距離から中距離がメインとなるフィールドで使用してみましょう。

【ブリーデン】グラマーロックフィッシュ トレバリズム キャビン 602 TS-tip

6フィート2インチに設定されていて、あらゆるポイントで使用できる汎用的な一本です。

高い感度や操作性はそのままに、さらに遠投しやすい長さになっています。

キャストする時にルアーの重みをロッドに乗せやすいので、チタンティップでも飛距離が出せて広範囲を探れます。

チタンティップのロッドを初めて購入するアングラーにおすすめです。

【ブリーデン】グラマーロックフィッシュ トレバリズム キャビン 606 TS-tip

チタンティップが採用されたロッドとしては珍しい、6フィート6インチに設定されたロングロッドです。

チタンティップが採用されたロッドは短いモデルが多い中、唯一の6フィート半ばのロッドになります。

足場が高く、どうしても長めのロッドが必要になる状況には最適な一本と言えます。

重量は50gと長くても軽量で、操作性にも優れています。

【テイルウォーク】スーパー アジスト TZ 47/TISL

アジングアングラーから人気が高いアジストシリーズからリリースされているチタンティップ搭載のアジングロッドです。

4フィート7インチで重量は67gとさほど軽量ではないですが、バランスに優れていて持ち重りしません。

ジグ単を細かく動かせる操作性はもちろん、豆アジのアタリや潮流の変化を捉える高い感度も備わっています。

【テイルウォーク】スーパー アジスト TZ 61/TISL

6フィート1インチとベーシックな長さであらゆるポイント攻略に使用できる汎用的なアジングロッドです。

チタンティップ採用モデルとしてはキャストがしやすく、アジング攻略に必要な飛距離はしっかりと出せます。

陸っぱりのアジングはもちろん、近年流行しているジグ単を使用したボートアジングにも対応できます。

【ダイワ】月下美人 EX アジング 55L/HS-SMT・E

アジングアングラーに人気が高い月下美人シリーズのチタンティップ採用アジングロッドです。

0.3mmとかなり細いチタンティップが採用され、繊細なアジングを攻略できます。

特に1g以下のジグ単との相性が良いロッドになります。

手に伝わる手感度の高さはもちろん、ガイド根元にオレンジの塗装がされていて、目感度にも優れています。

【ダイワ】月下美人 EX AGS アジング 510L MHS-SMT・E

月下美人シリーズのチタンティップ採用モデルの中で最も汎用性が高いモデルです。

5フィート10インチであらゆるポイントでアジングを楽しめます。

AGSガイド搭載で、チタンティップ採用モデルながらも軽量で操作性にも優れています。

バットにはパワーがあるので、アジング中にヒットするシーバスやクロダイもキャッチできます。

【ダイワ】月下美人 EX AGS アジング 75HS-SMTT・E

重たいキャロやメタルジグを使用して40cmを超えるギガアジを狙う時に使用したいロッドです。

重たいキャロを使用するとアジのアタリがぼやけやすくなりますが、高感度なチタンティップ採用で細かなアタリもわかります。

バットにはパワーが十分にあるので、50cm近いアジがヒットしても強引なやり取りもできます。

【ダイワ】月下美人 EX AGS 610LS-SMT・E

月下美人シリーズのメバリングモデルとして販売されている一本です。

近年流行の兆しがあるアジングでのプラッギングには最適なロッドになります。

ロッドが先調子に設定されているので、ルアーを流して釣るドリフト釣法にも対応しています。

全体的にしなやかさがありますが、ハリも兼ね備えているため操作性の高さも光ります。

まとめ

今回はチタンティップを採用したアジングロッドを紹介しました。

チタンティップは感度に優れ、細かなアタリも捉えられます。

今よりも釣果を出したいと考えているアングラーはチタンティップのアジングロッドとチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる