MENU

タルイカ釣りジグおすすめ8選!人気なルアーを厳選!

タルイカジギングはジギングという名前が付いていますが使用するルアーは青物などで使うジグではありません。

使用するのはイカメタルで使用するスッテを大きくしたようなルアーで、ジグでもエギでもないのです。

そして、このジグはタルイカジギング専用に開発された商品ですから数が少なく探すのに苦労します。

そこで今回はタルイカジギングに適したジグの特徴、選び方、そしておすすめ商品をまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

タップできる目次

タルイカ釣りに適したジグの特徴

タルイカジギングで使用するジグは本体後方にカンナと呼ばれるエギのフックを装着しているのが特徴です。

一般的にはイカメタルで使用するスッテと同じ形をしていますが、ジギング用のジグ本体にカンナを付けた商品も販売されています。

また、素材は主に金属や樹脂で出来ていますが、中にはチューブを被せたタコジグのような商品も販売されています。

タルイカ釣りジグの選び方

重量

タルイカジギングは200m程の深さの釣り場でベイトの居るタナを探るので重さのあるジグを使用します。

釣り場にもよりますが、船長の指示に従い100m程の深さを探る事が多いので150~200gのジグを用意して下さい。

軽いジグを使用すると潮に流されて隣の釣り人の仕掛けに絡まることがあるので注意が必要です。

ロングステイさせて誘う釣りを基本とするので、状況に合った重さを選ぶようにして下さい。

カラー

タルイカジギングは夜に行う事も多く、生息域が深い場所でもあるので基本的にグローカラーを使用します。

活性が低い場合はクリアカラーが強いので、この2つのカラーは必要となります。

乗合船では周りの方と違ったカラーを使う事でアピール度を上げる事も出来るのでカラーの数が多い方が有利です。

ピンクやイエロー、そしてシルバーカラーも予算に余裕があれば揃えておいて下さい。

形状

最も使用頻度が高いのはイカメタルの形をしたジグで、どのような状況でも使用出来ます。

ベイトが多くしっかりジグをアピールさせる必要がある場合はジグの後方にカンナを付けた形状のタイプを使用します。

活性が低く抱いても直ぐにジグを放してしまうときはタコベイトのようなソフトルアーを被せたタイプがおすすめです。

これらを状況に合わせて使い分けるのですがロングステイさせやすい形状のジグをおすすめします。

タルイカ釣りジグおすすめ8選

【GEECRACK】五右衛門スッテ 150g

左右非対称の形状をしており、樹脂製ボディ中央部の下側にオモリを装着しているので安定した水平フォールを見せてくれます。

ヒラヒラと舞うようなフォールでしっかりアピール出来るので、ベイトが多い場所でもHITしやすいのが特徴です。

引き抵抗が少なく操作しやすいので、潮の流れが速い場所でも思い通りのワンピッチジャークが決まります。

【GEECRACK】月泥棒ジグ 200g

本体がAB樹脂で作られており適度な浮力を持っているので、ステイ時間が取りやすく簡単に食わせの間が作れます。

フォールさせるとゆらゆらとスライドしながら落ちていきじっくりタルイカにジグの存在をアピール出来ます。

カンナもタルイカ専用に作られているので剛性が高く、大物を掛けても破損する事がありません。

【アニサキス】タルブリット 180g

シンプルなイカメタル型のジグで、速い流れの中でも流されるポイントまで真っ直ぐフォールさせる事が出来ます。

大型のタルイカをターゲットにしているので、カンナ部分の剛性が高く安心して浮かせる事が出来ます。

ジャーク後のロングステイも安定しており、食わせの間が演出しやすいので抱きが悪い日におすすめです。

【バスデイ】バンジータル スピード 200g(GG-437)

ボディに穴が空いており無駄な浮力を排除しているので、メタルジグに近い感覚で使用する事が出来ます。

潮の流れを受けにくいウェイト配分がされており、フォール時のお祭りを回避して素早く指示タナへ送り込めます。

船の上下動を利用してステイの間を短くとったり長くとったり自在に操作する事も可能です。

【オーランド】スッテスクゥイッド 6.5号 170g

ソフトルアーを鉛スッテに被せたルアーで、本物のイカそっくりの足の動きで捕食本能を刺激します。

ナチュラルな誘いを掛ける事が出来るので、抱いた後に放すことが無く落ち着いてアワセを入れられます。

食わせの間を入れるときは軽くテンションを掛けながらフォールさせて水平姿勢を保つようにして下さい。

【ノーブランド品】イカメタル スッテ 40号 150g

メタルジグの形をした鉛スッテで、後方重心なのでフォール速度が速く手返し良い釣りが楽しめます。

ゼブラグローのカラーを採用しているのでアピール度が強すぎずどのようなシーンでも使えます。

ノーブランド品ですがカンナ周りまでグローで着色されており、剛性も高いのでブランド品と変わらないクオリティです。

【クロスファクター】メタルノリゾー 40号(AST208-40)

樹脂のボディ先端に金属のオモリを付けたシンプルなスッテで、激しい動きをしないのでタルイカに違和感を与えません。

速い流れの中でスローなフォールをさせても流される事無く安定して垂直に落下します。

また、引き抵抗が少ないのでディープエリアでワンピッチジャークを繰り返しても疲れる事がありません。

【オーパデザイン】クレイジーオーシャン メタラーTG 40号(MTLTG-40)

止めて釣るをコンセプトに作られたスッテで、ステイさせると潮の流れでヒラヒラとアピールしてくれます。

また、ワンピッチジャークを入れるとジグのように派手なアクションを発生するのでアピール度も高いです。

タングステンを使用しており重さの割にコンパクトで、フォール速度も速くヒットレンジに素早く送り込めます。

まとめ

タルイカ用のジグは他の釣りではあまり使われないので商品数が少なく探すのに苦労します。

しかし、タルイカジギングは専用のジグが無ければ成立しませんから必ず買い揃えて下さい。

タルイカの逆噴射は強烈で、魚では味わえない引きを持っているので病みつきになるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる