MENU

サーフ用フローティングベストおすすめ10選!人気ライフジャケット!

フラットフィッシュを求め、広大な砂浜を歩き回る釣りが今人気です。

入る隙間がないほど人がいることも珍しくありません。

そんなサーフ釣りでいまや定番のアイテムとなっているのが、フローティングベストやゲームベストと呼ばれるライフジャケットです。

かなり浸透しているので着用していない人を探すのが難しいくらいです。

他の釣りでもそうなってほしいものです。

このページでは、ライフジャケットの基本的な選び方と、有名メーカーからマニアックなメーカーまで、おすすめのライフジャケット、フローティングベストを紹介していきます。

タップできる目次

フローティングベストとは?

いわゆる救命胴衣のこと。

救命胴衣を釣りに特化させ、大型ポケットやDカンなどの様々な釣りに必要な装備をつけたものをフローティングベスト、浮力体のみのものをライフジャケットと呼ぶことが多いです。

メーカーによって呼び方に差があります。

サーフ釣りにライフジャケットは必要?いらない?

釣りにおいてライフジャケットは欠かせないアイテムです。

地域によっては堤防などで釣りをする際に、ライフジャケットの着用が義務化されているところさえもあります。

サーフフィッシングでも、もちろん着用することを推奨します。

浮力が高いため、胸下あたりまで水が来た場合に踏ん張りが効かないなどのデメリットもありますが、万が一流されたあとの安全性は圧倒的です。

フローティングベストは釣りに特化されているため使い勝手がよく、着用したほうが快適に釣りができるので、使用しない理由がありません。

ほとんどのサーフアングラーは着用しています。

サーフ釣りに適したライフジャケットの選び方

種類(固形式/膨張式)

大まかに固形式と拡張式の2種類があり、固形式はベストの中に浮力材が入っていて、ベストそのものに浮力をもたせたもの。

拡張式は普段は小さく格納されているが、水に浸かったときに手動または自動で作動し、ボンベ内の空気が送り出され、浮き輪のように拡張するものです。

サーフフィッシングでは前者の固形式のライフジャケットを使うのが一般的です。

常に海水がかかるサーフフィッシングでは、水がかかるたびに拡張していては釣りになりませんので。

浮力

ライフジャケットやフローティングベストと呼ばれるものなら大抵のものはしっかりと浮力が確保されているはずなので、よほど気にしなくても大丈夫です。

レジャー用ライフジャケットの性能確認試験基準というものがあり、製造者等の申し出により、「業界等が定めた基準」に基づき鑑定を行います(大人L1〜L3、子供LC1〜LC2)。

この規格(CSマーク)を取得しているメーカーもあり、そういったのものを選んでおけば、より安心感に繋がります。

この場合L2以上のものを選びましょう。

あくまでレジャー用の安全基準なので後述する桜マークの法定備品とは異なるため、注意が必要です。

桜マークの有無

小型船舶に乗る際は、国土交通省が定めた基準に合格した物でなければなりません。

桜マークと呼ばれるマークの有無で判別できます。

サーフフィッシングにおいては陸っぱりの釣りであるため、桜マークの有無は特に気にしなくても良いでしょう。

というよりもサーフで使うようなフローティングベストで桜マークを取得しているものは存在しないと思います。(あったらごめんなさい)

収納力・装備品

収納力はあるに越したことはありません。

全面のポケットだけでなく、背面、側面にもポケットがついているものも多いです。

D管もたくさんついているものが多く、フィッシュグリップやプライヤーなどをぶら下げておくのに便利です。

たくさん物が入るからと言って入れすぎると、とんでもない重量になり、疲労と浮力に影響してきますので、持っていく荷物は程々に。

サイズ(フィット感)

基本的にフローティングベストはフリーサイズの製品が多いです。

各メーカー多少のサイズ差はあるものの、調整の幅はおおきいので特に問題ないでしょう。

ポケットの位置が使いやすいか、フィット感がどれくらいのものかを確認したい方は一度試着してみることをおすすめします。

一部の製品はサイズ展開しているものもあるので、そういったものは試着やサイズのレビューなどで確認してみるとよいでしょう。

メーカー

釣具メーカーや救命胴衣メーカーなど様々なメーカーから販売されています。

自分の好きなメーカーやデザインの製品を選んで問題ないでしょう。

サーフ用フローティングベストおすすめ10選

【Water Rocks】ショートライフベスト(WRLV-3137)

ウォーターロックスはコストパフォーマンスの高い釣り用のアパレルを展開しているメーカーで、親会社は後でも紹介すmazumeと同じです。

こちらもコストパフォーマンスが高く、基本的な機能は有しているため、サーフフィッシングをしていて不足を感じる点は少ないでしょう。

耐久性も悪くはなく、長年これを愛用している友人もいます。

とりあえずの一着に最適です。

【PROX】フローティングゲームベスト(サポーター付)大人用

PROXはコストパフォーマンスの高いフィッシングツールを展開しているメーカーで、なにかをとりあえずで探していて行き着く方も多いと思います。

フローティングベストも大変コストパフォーマンスが高く、1万円を切る価格帯で、別体ポーチ、腰用サポーター付きの製品はなかなかないと思います。

収納力も申し分なく、こちらもとりあえずの一着に最適化と思います。

【mazume】レッドムーンライフジャケット サーフSP II

mazumeのサーフ用ライフジャケットです。

mazumeの製品は独自の機能が多く、機能的でおもしろいです。

なぜかソフトクーラーにもなっているバックパックが前まで来たり、ルアーをそのまま収納できるポケットがついていたり、バカでかいポーチが付いていたりと、かゆいところに手が届く機能が充実しています。

フィッシュグリップが砂噛みしないように肩の部分にあるのは地味に嬉しいです。

かゆいところに手を届かせたい「孫の手ライフジャケット」を探している方におすすめです。

【mazume】レッドムーンライフジャケット WOMAN&JUNIOR

レッドムーンライフジャケットを女性、子供向けに設計した製品です。

ただのダウンサイジングではなく、収納力を維持しながら小さくし、ライフジャケットに求められる浮力も維持させています。

他のライフジャケットが大きすぎて困っている女性や、お子様と一緒に釣行したいお父様におすすめです。

【シマノ】サーフベスト(VF-025U)

名前の通り、サーフ用に作られたフローティングベストです。

サーフに必要な大容量の収納と、機能をもっている、優れたフローティングベストです。

腰ベルトがあり、荷重分散ができ疲労を軽減できます。

特徴的なのはペットボトルホルダーとプライヤーホルダーがむき出しではなく中に収納できること。

地味だけど便利な機能で、表面に引っかかるものが少なくなることで、いらないトラブルが減り、ストレスから開放されます。

CSマーク L2

【シマノ】ゼフォー トリッパーゲームベスト(VF-275R)

とにかく収納が多い、シマノのフローティングベストのハイエンドモデルです。

いろいろなものを機能的に収納できるため、収納で困ることはほとんどないでしょう。

最大の特徴は、Boaフィットシステムと呼ばれるフィッティングシステム。

ダイヤルを回すだけで素早く体にフィットさせる事ができます。

最近靴でよく見かけるシステムに似ています。

予算に余裕がある方に間違いない選択です。

CSマーク L2

【ダイワ】フロートゲームベスト(DF-6206)

低価格でありながら、ハイエンドに迫る機能を有している入門用におすすめのフローティングベストです。

肩ベルトにも衝撃緩衝材を入れることによって釣行中の肩へ負担を軽減してくれます。

プライヤーホルダーやペットボトルホルダーが別体になっていて、好みに応じて場所をかえる事ができます。

非常にコストパフォーマンスの高い製品です。

【ダイワ】ベンチクールゲームベストIV(DF-6109)

ぱっと見た際の大型の腰ベルトが特徴的な、ダイワのハイエンドモデルです。

独自のクールシステムにより、夏場の不快なムレを軽減してくれます。

ヘッドライトホルダーがついているのが魅力的で、胸のあたりにヘッドライトを搭載することができます。

朝マズメ前の暗い時間から入ることの多いサーフフィッシングにおいて、頭にライトをつけておくと日が昇ってから邪魔で仕方ありません。

ハイエンドながらそこまで価格も高くはないので、ある程度の価格でいいものを使いたい方におすすめです。

【リアス】フローティングベストZoom(FLV-2400)

ウェットスーツメーカーのリアスより、非常にシンプルな見た目のフローティングベストです。

シンプルながら収納力が高く、フロントポケットがボックスの量に合わせて前面にズームし、明邦3010サイズを最大4つ収納できます。

シンプルかつ軽量に作られており、カスタマイズする余裕があるため、カスタムベースとしてもおすすめです。

【BuleStome】バラット(L2-BSJ40)

高品救命具のブランドBuleStomeのフローティングベストをご紹介します。

救命具のメーカーだけあって安全性は折り紙付き、CSマーク L2を取得しています。

収納に関しては大容量のフロントポケットに、ターポリンポーチ付き。

バックパックは可動式で、前面まで持ってくることができます。

高い安全性で、サーフゲームの他、ウェーディングゲームにもおすすめです。

ちなみに磯での使用はCSマークL1が必要です。

まとめ

フローティングベストは種類が豊富で価格帯も様々。

安いからといって全く使えないことはないので、1万円以下のモデルは初めの一着に最適です。

ハイエンドモデルには価格に見合ったそれなりの機能がありますので、予算に余裕のある方は初めからハイエンドを選んでも良いでしょう。

特に腰痛持ちなど、どこかに爆弾を抱えている方はハイエンドモデルがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる