MENU

サーフ釣り用バッグおすすめ10選!種類やサイズ等の選び方も!

サーフではたくさんの荷物を持ちながら歩いてポイントまで行き、ランガンして探りながら釣りをするパターンが多くなると思います。

そのため釣行時は、いくつものルアーや道具を持ち歩くことになりますのでそれらを収納するバッグが必要です。

フィッシングバッグは各社から様々な商品が出されていますが、今回はサーフゲームに限定しておすすめの商品をご紹介していきます。

サーフならではのバッグの選び方やポイントがありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

タップできる目次

サーフ釣りでバッグは必要?

サーフ釣りではゲームベストを着用するためバッグは基本的には不要ですが、状況により必要なこともあります。

サーフで釣りをする場合に注意すべき点は、安全面です。

砂浜の上での釣りは、一見安全そうに見えますが急な高波や引き波、離岸流など危険が潜んでいます。

安全第一で釣行するためにも、ライフジャケットは欠かせません。

ゲームベストを着用すればほとんどの荷物はベスト内に収まりますが、人によっては収納がないタイプのライフジャケットや膨張式のライフジャケットを使う人もいるかもしれません。

そんな時は、荷物を収納するためのバッグが必要となります。

サーフ釣りに適したバッグの選び方

バッグの種類

数あるバッグの中でも、ショルダーバッグはライフジャケットの邪魔になるため、レッグバッグは足に着用するので波をかぶる可能性が高いという理由で、今回は省きます。

実際にサーフで使用可能なバッグの種類を見ていきましょう。

ウエスト、ヒップバッグ

ライフジャケットの邪魔にならないことを考慮すると、腰回りに着用可能なウエストバッグ、ヒップバッグがおすすめです。

体にしっかりフィットさせることができ、立ちながらでも荷物をサッと取り出すことができるので素早くルアーチェンジをしたい場面でも活躍します。

キャスト時にも邪魔にならず、歩数が増えがちなサーフゲームにおいて歩く際も負担が少ないのがメリットです。

リュック、バックパック

これら背中に背負うタイプのバッグは、他のバッグと比較して容量が大きいのがメリットです。

リュック一つで釣りの道具から飲食物まで、あれもこれも荷物をたくさん持っていきたいアングラーには向いています。

しかし荷物を取り出す際には一旦バッグを降ろす動作が必要ですので、ルアーローテーションが多いサーフゲームではその点に関してはデメリットになり得ます。

バッカン、タックルバッグ

サーフではあまり見かけないかもしれませんが、意外とバッカンタイプの収納ボックスもサーフで使うことが可能です。

釣行タイプがランガンメインではなく、一箇所でじっくり粘る人にはこれらが向いているかもしれません。

ハードタイプであれば休憩時に座れることも大きなメリットで、ソフトタイプは軽量で持ち運びに便利です。

また、ロッドホルダーがついている商品も多いのでラインシステムの組み直しや、ルアー交換時、休憩時にも地面にタックルを置かないで済むのはサーフでは非常に助かります。

サイズや収納力

フィッシングバッグにも、サイズは大から小まで様々なものが商品として販売されています。

必要最低限の荷物しか入らないような小さなバッグから、1日分の荷物が収まるバッグまでありますが自分の用途に合わせたサイズ選択が大切です。

無駄に大きいとその分の重量が重くなり、持ち運びに苦労します。

自分の釣行スタイルやどのくらいの時間釣りをするのかによって、適切なバッグのサイズや収納量を選びましょう。

釣りのスタイルに合わせる

ランガンしてどんどんポイントを変えながら打っていく人は、体に身に付けておけるウエストバッグやヒップバッグ。

逆に時間をかけてじっくり攻略していくタイプの人は、リュックやバッカンタイプのバッグが良いでしょう。

どんなバッグを使うかで、手返しの良さや移動のしやすさ、快適さも変わり、結果的に釣果に影響しますので釣りのスタイルに合わせて選ぶことが重要です。

防水、撥水性能

購入前には、バッグの素材やコーティングなどの防水性能もしっかりチェックしましょう。

不規則に発生する高波や波しぶきにより、特にサーフでは波で濡れるのは当たり前と認識しておいた方が良いです。

また、どうしても砂が付着してしまうので汚れの付きにくさやメンテナンスのしやすさも確認しておきましょう。

選び方として、素材は綿などではなく防水効果のあるもの、PU/TPUコーティングの有無、止水ファスナーの有無などチェックしてから購入して下さい。

サーフ釣り用バッグおすすめ10選

【シマノ】ゼフォータフウエストバッグ(BW-211S)

機動力が高いシマノのタフウエストバッグは、サーフを歩き回る際に大活躍です。

ワンタッチウエストベルトは片手で簡単に着脱可能で、さらにロングウエストパッドを採用していますので体にしっかり固定することで体への負担軽減に効果があります。

また、ロッドホルダーなどのアタッチメントをつけることで自分好みにカスタム可能です。

【シマノ】ミニヒップバッグ(BW-026T)

ヒップバッグには珍しい、バッグが全部覆えるレインカバーが付いているこちらのミニヒップバッグ。

中身を絶対に濡らしたくない!という方は商品選択の候補に上がる商品です。

容量は21×15×4cmのルアーケースが入る大きさで、少ない荷物で釣りをしたい方に向いています。

【ダイワ】ヒップバッグ(D)

ダイワから2022年5月に発売されたばかりの新作バッグです。

メインの容量は中型ボックスが2〜3個程度入るので、十分な収納力があり開口部も非常に大きく中身が取り出しやすい構造になっています。

標準仕様でプライヤー、ロッド、ドリンクホルダーやDリングも付いています。

カラーによってはPVC表面生地をバッグ全体に採用し、水に対して耐性があるので安心して使えます。(フレンチネイビーP、カーキP)

【マズメ】レッドムーンウエストバッグ III(MZBK-189)

シーバス界で有名なプロアングラー大野ゆうき氏が監修したマズメのバッグです。

単なるバッグというよりも、ポケットの位置や身体への一体感が増し道具の取り出しが非常にスムーズに可能になりました。

さらに他のバッグにはない特徴として、別売りのライフジャケットと組み合わが可能というアングラーにとって便利な機能が付いています。

【アブガルシア】ヒップバッグ(ラージ3)

容量も大きくメイン、フロント大、フロント小の3つのポケットがあるので分別して収納することで使いたいものがサッと取り出せます。

ウエストベルトを収納しショルダーバッグとしても使えるので、使用状況に合わせて形状を選択可能です。

デザインもかっこいいのでタウンユースも問題なく、アブが好きなユーザーはこちらの商品も良いと思います。

【エバーグリーン】E.G.ヒップ&ショルダーバッグ(HD2)

引き続きこちらもヒップとショルダーの好きなタイプで使えるバッグになります。

大きな特徴として、3つの専用ポーチが付属されておりそれぞれ用途が異なります。

1つ目は小物収納用の多目的グッズ入れ。

2つ目はサングラスやデジカメ用ですが、内側にクッション材が付いているので傷や衝撃による破損防止につながります。

3つ目は携帯ポーチで、今では釣行時に手放せないスマホを持ち運ぶのにとても便利です。

【ダイワ】システマサーフバッグ(E)

リュックタイプのバッグですが、上下2層構造になっており取り外すことも可能です。

上側には仕掛けやタックルを収納し、下側にはリール収納用の仕切り付きとなっています。

さらに下部バッグは防水シートで簡易的なクーラーとしても使えるので、飲み物等の持ち運びに便利で、気温の高い日の釣行時に冷たい飲み物が飲めるのはかなり高ポイントです。

荷物が多めで、ポイントまで遠い時など背負って移動できるこのバッグは良いと思います。

【シマノ】システムバッグXT(DP-072K)

こちらも2層構造のリュックタイプです。

サイズ展開はS,M,Lの3種類あり、荷物の量や釣りのスタイルに合わせた選択が可能です。

水や汚れにも強い防水生地を使用し、メインのファスナーは止水ファスナーになっています。

肩のベルトは体格に合わせて調整できるので、体にしっかりフィットして重い荷物を持ち運ぶ時も助かりますね。

【メイホウ】ランガンシステムボックス(VS-7070)

オフショアでは知らない方もいないほど知名度があるメイホウから、陸っぱりで使いやすいボックスのご紹介です。

メイホウのタックルボックスといえば、オプションパーツが豊富なので、欲しい機能をカスタムして付与することが可能です。

サーフで使用するなら、ロッドスタンドは必須だと思います。

ランガンはあまりせずに釣りを楽しみたい方にはこのようなタックルボックスがおすすめです。

【シマノ】ロッドレストタックルバッグ(BK-021R)

最後にシマノよりハードタイプのタックルバッグを紹介します。

特徴は、ガチットハンドルによる持ち手部分の使い勝手向上と、ロッドレスト(竿たて)付きという部分になります。

また遠距離の移動に便利なショルダーベルトが付属されていますので、重い荷物でも片手で持って辛い思いをしなくて済みます。

メインのファスナーを開けると広々とした空間になっているので、様々な荷物が収納可能です。

まとめ

サーフでは基本的にゲームベストを着用する方が多数ですが、中にはバッグが必要なシチュエーションも発生します。

ルアー交換にもたついて大切なチャンスを逃したり、広いサーフを移動する時に余計な体力を使ってしまわないためにも、適切なバッグを選択して使用しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる