MENU

ソリッドティップのシーバスロッド10選!シマノやダイワ等の竿も!

シーバスは口が大きい割にバイトがソフトなので釣果を伸ばすには食い込みの良いロッドが必要となります。

そこで今回は、食い込み重視でショートバイトも乗せることが出来るソリッドティップのシーバスロッドをご紹介します。

メリット、デメリットをまとめたので自分が使用するイメージが湧きやすいはずです。

また、まずは手に取ってみたいという方の為に、ダイワやシマノを含めたコスパ良いおすすめ商品もまとめました。

シーバスのフッキングが上手く決まらず苦戦している方の参考になれば幸いです。

タップできる目次

そもそもソリッドティップとは

ソリッドティップとはチューブラーティップと違って芯が詰まったティップの事を指します。

細くしても強度を確保する事が出来る為、しなやかで柔軟性あるロッドに仕上がります。

僅かなバイトでもすっと曲がってルアーが口の中に吸い込まれるのでオートマチックにフッキングさせる事が可能です。

この柔軟性はバイトを弾かないだけでなくファイト中も上手く力を吸収してくれるのでバラシも軽減出来ます。

乗せ調子のソリッドティップ、掛け調子のチューブラーティップと覚えて頂ければ間違いありません。

ソリッドティップのシーバスロッドを使うメリット・デメリット

メリットは?

バチシーズンでもフッキング率が高い

ソリッドティップは柔軟性が高くシーバスのショートバイトでもしっかりルアーを口に中に吸い込ませる事が出来ます。

その為、春先に産卵で体力の落ちたシーバスがついばむ様にバチを捕食しているシーンで活躍します。

また、動きの遅いナイトゲームでもスローな釣りでオートマチックにフッキングさせる事も可能です。

バイトを弾く事が無いのでチューブラーティップに比べてフッキング率が格段に上がります。

バラシを軽減できる

シーバスは水面まで浮かせるとエラ洗いで抵抗しますので柔軟性の無いティップは衝撃を吸収できずバラシを多発します。

その点、ソリッドティップは柔軟性を生かして衝撃を吸収してくれるのでエラ洗いも安心してやり取りが出来ます。

また、派手なファイトをしても衝撃を吸収してフックの穴が広がるのを防いでくれるため、バラシを軽減する事が出来るのです。

ロッドの性能を引き出しやすい

ソリッドティップのロッドは穂先まで綺麗に曲がるのでロッド全体をしならせて魚を浮かせる事が出来ます。

チューブラーティップのように限界まで曲げても反発力で穂先が直線を向く事はありません。

ロッド全体に負荷を掛ける事が出来るのでブランクスの性能を引き出しやすいのです。

その為、初心者でもバットパワーを生かし切ったファイトを楽しむ事が出来ます。

小型のルアーで繊細な攻めが出来る

ソリッドティップは少しの負荷でも柔軟にティップが入り込むので軽量で小型のルアーでもしっかり手応えを感じる事が出来ます。

特に軽いジグヘッドを使用した釣りでは動きを把握しながら攻める事が出来るのでソリッドティップのロッドの方が有利です。

デッドスローでプラグを巻いても動きがしっかり伝わるのでリトリーブ速度に変化を付けた攻めも簡単に行えます。

派手な操作でも折れにくい

ストラクチャー付近で掛けたシーバスはHITしたら強引に引き寄せないとラインブレイクに繋がります。

また、サーフでは波打ち際で波に巻かれてバラす事が多いのでタイミングよく引き寄せる必要があります。

こういった場面では、ロッドに想像以上の負荷が掛かるので柔軟性の無いロッドは負荷に耐え切れず折れてしまう事があるのです。

ソリッドティップのロッドでしたら竿全体で衝撃を吸収してくれるので派手な操作を行っても破損する事はありません。

潮の変化を感じ取る事が出来る

シーバスは肉食魚ですからベイトの動きを察知してランガンすると釣果が伸びます。

イワシやアジ等の小魚は僅かにヨレた潮目付近に集まった餌を捕食するので潮の変化を見逃さない事が大事です。

ソリッドティップは感度は劣りますが僅かな負荷でティップが入るので潮の変化を掴みやすい特徴を持っています。

その為、オープンエリアなどでは潮目を逃さずに攻める釣りが出来るので釣果に差が出る事があります。

デメリットは?

チューブラーティップに比べて感度が低下する

ソリッドティップは構造上の問題でチューブラーティップに比べて感度が低下します。

しかし、一昔前に比べてメーカーの努力で感度の改善がされ感度が向上しています。

シーバスフィッシングではアジング程の繊細さを必要としない為、感度の低下を感じてもデメリットに感じる事は少ないはずです。

ただし、掛けに行く釣りスタイルの方はロッドの感度不足以上に柔軟さからくるだるさを不快に感じる事があります。

重いルアーの操作感が失われる

僅かな負荷でもティップが入り込むのでバイブレーションやメタルジグのような重いルアーにアクションを加えるのが苦手です。

常にティップが入り込んだ状態で巻く事になるのでレスポンス良くアクションを入れる事も出来ません。

ただ巻きオンリーと割り切ればストレスを感じる事が無いのですが、激しいジグ操作などはこなす事が出来ません。

このデメリットを少しでも解消したいのであればM以上のパワーあるロッドを使う事です。

キレのあるアクションを与える事が出来ない

ソリッドティップはティップの反発力が弱いのでルアーにキレのあるアクションを加える事が苦手です。

その為、ミノーの連続トゥイッチやシンペンの小刻みなドッグウォークは苦手です。

リアクションバイト期待するデイの派手で素早いルアー操作は得意ではありません。

ただ巻きで派手なアクションを起こすルアーを使用すればこのデメリットを打ち消すことが出来ます。

ソリッドティップのシーバスロッド10選

【ダイワ】シルバーウルフ 710ML-S

チニングロッドですが、繊細かつパワーがあるので小場所を攻めるシーバス釣りに重宝します。

全体的にハリのあるロッドでソリッドティップの弱点である感度不足を感じる事はありません。

4~18gのルアーをキャストする事が出来るのでシーバス釣りで使用する主なルアーのほとんどをカバー出来ます。

高気密なカーボン素材が使われておりランカーサイズのシーバスを兼ねても粘り強く耐えてくれます。

【シマノ】ソレアTT S76UL-S

ライトゲーム用のロッドですが粘りとバットパワーが強いのでバチシーズンのシーバス攻略におすすめです。

感度も兼ね備えたしなやかなティップはノリが良くバイトを感じた時にはすでにフッキングしています。

飛距離も出るロッドですから湾岸エリアのスレたシーバスを小型のプラグで攻略する事が出来ます。

魚を掛けるとロッド全体が綺麗に曲がるのでバラシも少なくやり取りが楽なロッドです。

【メジャークラフト】「三代目」クロステージ シーバス CRX-862ST

ショートバイトもオートマチックにフッキング出来る乗せ重視のロッドです。

ソリッドティップとしては感度も高くルアーの変化をしっかり手元に伝えてくれます。

バットパワーも強くランカーサイズでも無理なく浮かせて引き寄せる事が出来ます。

コスパ良く実用的なロッドですからソリッドティップを試してみたい方におすすめです。

【パームス】ピンウィール PFSS-76UL〔Solid Fast〕

漁港な常夜灯周りなどピンスポットにルアーを叩きこむ場所で活躍するロッドです。

ティップのバタつきが少ないのでコントロール性が高く軽いルアーを正確にキャストする事が出来ます。

ショートバイトもオートマチックに乗せる事が出来るのでバチシーズンにおすすめです。

繊細なロッドですがバットパワーも強いのでランカーサイズを掛けても余裕で浮かせる事が出来ます。

【アブガルシア】SALTYSTAGE KR-X Seabass SXSS-862L-S-KR

どんな場所でも使いやすい8.6fのロッドですから1本持っていればオールシーズン使用出来ます。

2~15gの軽量なルアーを使った繊細なゲームを楽しむ方におすすめのロッドです。

PE0.8号以下のラインもストレスなく使用出来るガイドセッティングが施されているのでワームの釣りでも活躍します。

繊細なだけでなくパワーも十分で80㎝UPのシーバスを掛けても余裕あるファイトが楽しめます。

【アブガルシア】Salty Style Baitfinesse STBC-732MLS-KR

高弾性なソリッドティップを採用しているので乗せと掛けの性能を併せ持っています。

最近流行のベイトフィネスを手軽に楽しみたい方におすすめのベイトロッドです。

ベリーからバット部分はパワーを持たせてあるのでランカーサイズを掛けても苦労する事はありません。

コントロール性を生かしてストラクチャー周りをタイトに攻める釣りに最適です。

【がまかつ】ラグゼ 宵姫 爽 S78M-solid

0.7gのルアーからキャストする事が出来るのでジグ単でシーバスを攻めることが出来ます。

MAX16gまで幅広いルアーをキャスト出来るのでプラグやメタルジグを使った釣りも楽しめます。

食い込み抜群でバチシーズンの舐める様なバイトもオートマチックで掛ける事が可能です。

繊細なロッドですがバットパワーも十分で80㎝UPのシーバスが相手でも伸されることがありません。

【OGK】万能シャフト BSHT702ML

ショートグリップのロッドでルアーにアクションをつけやすい仕様になっています。

カーボンラッピングが施されているので捻じれが少なくパワーロスもありません。

柔軟なティップは活性が低く吸い込みの弱いシーバスも確実にフッキングさせる事が出来ます。

まず、ソリッドティップのロッドを試してみたいという方におすすめのコスパ良いロッドです。

【コアマン】DayStar. CDS82LL-CS

ワームを使ったワインドからミノーなどのプラグ操作まで行えるシーバスロッドです。

ベリーまで柔軟に作られておるので魚がHITしたらロッド全体が綺麗に曲がって衝撃を吸収します。

ソリッドティップと思えない感度が魅力的で僅か変化もしっかり手元に伝わります。

ロッドの軽量化も徹底的に行われているのでランガンスタイルで持ち歩いても重さを感じる事はありません。

【エバーグリーン】アバンギャルド ZAGS-86ST ソリッドソリューションUFT86

食い込み重視のグラスソリッドティップを搭載したしなやかなシーバスロッドです。

バチパターンだけでなくマイクロベイトを捕食している吸い込みの弱いシーバスもオートマチックに乗せる事が出来ます。

周りに障害物があり、派手に合わせを入れられない釣り場でも重宝するロッドです。

バットパワーが非常に強く流れの強い釣り場でも簡単にシーバスを寄せる事が出来ます。

まとめ

シーバスは大きな口の割に捕食が上手い魚ではありませんから食い込みの良いソリッドティップが最適です。

チューブラーティップと使い分ければシーンに応じて適切な攻めを行う事が出来ます。

バラシも少ないロッドですからぜひ、ランカーへの夢を託して1本購入してみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる