MENU

SLJ用スピニングロッドおすすめ10選!スーパーライトジギング用!

スーパーライトジギングは、一般的なジギングと違い軽量タックルを使用するためスピニングロッドがおすすめです。

SLJ用スピニングロッドはリリース数も豊富で、初心者が使うのに適しています。

ベイトロッドよりも扱いやすいだけでなく、バックラッシュの様なライントラブルもほとんど起きません。

そこで今回は、おすすめのSLJ用スピニングロッドを紹介いたします。

スーパーライトジギングをこれから始める方も、ぜひ参考にして下さい。

タップできる目次

スーパーライトジギング(SLJ)でスピニングロッドを使うメリット・デメリット

メリット

SLJ用スピニングロッド最大メリットは、何と言ってもその扱いやすさにあります。

エントリーモデルが多いことから初心者でも扱いやすく、ハイエンドモデルも操作性が抜群です。

軽量なルアーを操作しやすく、強風などの悪条件下においてもトラブルがほとんどありません。

またキャスティング性能が優れているので、キャストして斜めに探れるのもスピニングの特徴と言えます。

海原を広範囲に探れるため、ターゲットとなる魚との遭遇確率が高いのがスピニングロッドです。

SLJ用スピニングロッドは他ゲームにも代用できる性能を持つので、経済的負荷が少ないことも付け加えておきます。

デメリット

ベイトロッドに対して手返しの悪さが指摘されるスピニングロッドは、ベール操作などの手順が多いのは事実です。

リールの操作手順が多く、効率良い釣りという点ではベイトロッドには敵いません。

またテンション掛けながらのフォールが出来ないため、フォール中のアタリが取りにくいのが弱点です。

スピニングロッドはロッドとスプールが平行になっていないので、巻き上げ力もベイトより劣ります。

スーパーライトジギング(SLJ)に適したスピニングロッドの選び方

長さ

スーパーライトジギングは、6ft台前半を基本に6~7ftのスピニングロッドを使います。

6ft台前半のモデルは船からの操作性に優れ、初めてのSLJ用スピニングロッドに最適です。

6ft台後半のモデルは操作性とキャスティング性能を両立し、ナブラ撃ち用としても問題ありません。

乗合船の場合、ロッドが長すぎると他のアングラーの邪魔になるので注意が必要です。

硬さ

小型ジグで多彩なターゲットを狙うスーパーライトジギングは、最適な硬さのロッドを選ぶことが重要です。

時には予期せぬ大物が掛かることもあり、それに対応できうるパワーも求められます。

それゆえL~MLクラスを基本に、60g前後のメタルジグを快適に扱えるロッドを選ばなくてはいけません。

ロッドが硬すぎるとジグがアタリを弾いてしまうので、慎重にモデル選びをしたいですね。

適合ジグウエイト

SLJ用スピニングロッドは、60g前後を中心に30~80gのメタルジグに対応するモデルを選ぶことが大切です。

80gのジグを軽快に操作するには、大体100gまで適合するロッドが適しています。

適合ジグウエイトを考えずにロッドを購入すると、様々な悪影響が出て全く釣りになりません。

また適合ジグウエイトは150g以上のモデルは、スーパーライトジギングには硬すぎるのでご注意下さい。

【SLJ】スーパーライトジギング用スピニングロッドおすすめ10選

【DUO】Vigor(DVSLJ-S601L)

抜群の操作性とキャスティング性能を誇る、期待値の高いフルソリッド仕様のSLJ用スピニングモデルです。

イサキやマダイなど幅広く対応するオールラウンダーモデルで、初めてのSLJロッドとしても申し分ありません。

曲げて楽しむロッド設計ですが、フッキングパワーやバットパワーもしっかり備わっています。

不意の大型魚とのファイトも楽しめるスペックが魅力ですね。

【シーフロアコントロール】スイム&チェイス(SC6032L)

近海ゲームを手軽に楽しめるだけでなく、テクニカルに攻めることが可能なSLJ用スピニングロッドです。

チューブラーモデルは感度が良く、ティップは追従性が良くしなやかさも備わっています。

ベリーからバットにかけては非常にパワフルで、魚に主導権を決して渡しません。

ベイト並みにバーチカル攻略でき、幅広い対応力があります。

【メジャークラフト】三代目クロステージSLJ(CRXJ-S66SLJ)

ライトゲームのターゲットとなる小型青物を狙うのに最適で、入門ロッドとしておすすめの人気ロッドです。

ティップを繊細な調子にすることで小さなアタリを見逃さず、またアタリを弾くこともありません。

スピニングならではのキャスティング性能で、広範囲で魚とコンタクト取ることができます。

初心者からベテランまで幅広く愛用されているSLJロッドです。

【beat】グース(G65S)

ソリッドティップで柔らかく粘りのある特徴を持ち、SLJ専用設計ならではのスペックが魅力的なロッドです。

キャスティング性能に長け、船から離れたナブラやボイルも全く苦にしません。

トルクを持たせたバットは、不意に掛かる大型のターゲットも軽く引き寄せる力があります。

高価格ロッドですが、知る人ぞ知る高性能を一度は試してみたいですね。

【大阪漁具】OGK ライトジギング2(LJ063ULS)

1万円を切る価格でありながら、上位機種並みのスペックを整えるSLJ用のベーシックモデルです。

軽量かつ極細身の設計ですが、大型サイズとも対峙できるバットパワーは侮れません。

80gまでのジグを使い、様々なジャークにも対応するオールラウンダーです。

予算を抑えてのロッド購入なら、ぜひとも候補に入れておきたい一本です。

【ダイワ】キャタリナBJ エアポータブル(610MS-METAL)

軽量ジグを使い、多種多様なターゲットを狙える初心者にも扱いやすいSLJ用スピニングロッドです。

アングラー期待のメタルトップは、小さなアタリを見逃がすことなく伝えてくれます。

更に着底を瞬時に感知でき、その性能はベイトタックル並みを実現しました。

X45搭載ブランクスはパワーと強靭さを備え、長く使える耐久性もある魅力的なロモデルです。

【オリムピック】プロトンMJ(20GPTNS-632-1.5-MJ)

スーパーライトジギングで使用する30~80gのメタルジグを網羅し、軽さと操作性が一級品のモデルです。

キャスティング性能が高く、普段より遠いポイントへのナブラ撃ちも全く問題ありません。

バットパワーのあるブランクスが、大型魚を確実なランディングへと導いてくれます。

持っている感覚を忘れるくらいの軽さを体感してみて下さい。

【テイルウォーク】SSD SLJ(S6500/FSL)

近海シャローエリアでのスーパーライトジギングに最適で、40g前後のメタルジグでターゲットを誘います。

しなやかで粘りのあるフルソリッド仕様は、追従性が良くアタリを弾きません。

細身のスタイルからは想像できないパワーを秘め、時に掛かる大型サイズとのファイトも楽しめます。

高性能で人気ですが、比較的お値打ちに購入できるのもいいですね。

【がまかつ】ジグドライブR(S64FL-solid)

スーパーライトジギングに対応する軽量メタルジグに適した、ソリッドティップのスピニングロッドです。

軽いジグがアタリを弾かない柔軟性があり、ジグアクションも思いのままに出来ます。

キャスト時のコントロール性能が高く、ナブラやボイル狙いも苦にしません。

上級者も愛用するテクニカルモデルですが、基本性能がしっかりしているので初心者にもおすすめです。

【ジャッカル】バンブルズエクストロSLJ(BBXS-S66-SLJ)

バーチカルからキャスティングまで、広範囲を攻め切るスーパーライトジギングに最適な一本です。

細身のブランクスは繊細さと強靭さを兼ね備え、ヒキやサイズの違う多彩なターゲットを射程に収めます。

初心者にも扱いやすい操作性は、SLJロッドトップクラスの実力を実現しました。

高性能とリーズナブルな価格が人気のスピニングロッドです。

まとめ

人気沸騰中のスーパーライトジギングは、各メーカーが力を入れているカテゴリーです。

スピニングロッドも充実しており、予算や性能別にモデルを選ぶことができます。

お気に入りの一本で、話題のスーパーライトジギングを攻略して下さい。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる