MENU

【SLJ】スーパーライトジギング用ベイトロッドおすすめ8選!メリットと選び方も!

近年人気のスーパーライトジギングは、ゲーム性と釣果実績の高いベイトロッドがおすすめです。

スピニングには無い強さと面白さを兼ね備え、効率良い釣りを堪能できます。

ロッドにパワーがあるため、不意に大物が掛かっても全く問題にしません。

そこで今回は、人気のSLJ用ベイトロッドを、メリットや選び方の解説も含めて紹介いたします。

スーパーライトジギングロッドをお探しの際は、ぜひ参考にして下さい。

タップできる目次

スーパーライトジギング(SLJ)でベイトロッドを使うメリット・デメリット

メリット

SLJ用ベイトロッドは、ジギングで実績の高いバーチカルコンタクトが得意なタックルです。

通常のスーパーライトジギングで攻める水深より、少し深場を果敢に攻めることができます。

ドテラ流しにも適していて、潮流が速くても決して負けません。

またベイトロッドは手返しの良さに定評があり、効率的な釣りにも役立ちます。

スピニングロッドよりもパワーを持っているので、いつもより大型サイズのターゲットとのファイトも可能です。

ハイピッチからスローなど、メタルジグのアクションを抑えたい時には、ベイトロッドを使いたいですね。

デメリット

ベイトロッドはスピニングロッドと比べて、飛距離の面では不利なタックルです。

そのため船から広範囲を探るには不向きで、バーチカルなど攻める範囲が限られてしまいます。

沖でナブラやボイルが発生した時は、スピニングにはどうやっても敵いません。

また初心者が敬遠しがちなのも、ベイトロッドの大きなデメリットと言えます。

リールがバックラッシュしやすいため、ベイトタックルを扱うには慣れと注意が必要です。

スーパーライトジギング(SLJ)に適したベイトロッドの選び方

長さ

オフショアで行うスーパーライトジギングは、6~7ftクラスのSLJ専用ベイトロッドがおすすめです。

長すぎるとキャスティングしにくく、同乗者の邪魔になる可能性もあります。

特にSLJ初心者の方は、6ft前半の操作性が良いベイトロッドを選ぶようにしましょう。

ロッドの長さは、0.1ft単位の違いであっても感度や操作性にも大きな影響を及ぼします。

SLJ用ベイトロッドは、最適な長さのモデルを選ぶことがとても重要です。

硬さ

スーパーライトジギングは、30~60g前後の軽いメタルジグに適した硬さのロッドを選ぶことが大切です。

通常のジギングよりも軽量ジグを使うため、ロッド選びもより慎重に行う必要があります。

硬すぎるとメタルジグを弾いてしまい、柔らかいとジグ操作そのものを損ないかねません。

SLJ用ベイトロッドは、ライトゲームに適したUL~Mパワーのモデルがおすすめです。

ティップ

SLJ用ロッドは、ソリッドティップとチューブラーティップの2タイプから選ぶことが可能です。

ソリッドティップは抜群の粘りがあり、センシティブな釣りにも効果を発揮します。

チューブラーティップは手感度が良く反発力があるため、キャストも問題ありません。

どちらを選ぶかは好み次第ですが、初心者は操作性が良いチューブラーモデルが無難ですね。

現在は、ブランクスまで中身が詰まったフルソリッドモデルもリリースされています。

ジグの重量

一般的なジギングと違い、スーパーライトジギングは軽量タックルを使うのが特徴です。

使用するメタルジグは、メインの60gを中心に30~80gの軽いジグを用います。

そのためSLJ用ベイトロッドは、使用ジグの重さに対応したモデルを選ばなくてはいけません。

大体20~100g程度まで対応できる専用ロッドを選ぶことで、快適な釣りが可能になります。

【SLJ】スーパーライトジギング用ベイトロッドおすすめ8選

【テイルウォーク】SSD SLJ(C6300/FSL)

40g程度の小型メタルジグを使い、根魚やイサキなどを狙うのに適したベイトロッドです。

ターゲットをスローに誘えるフルソリッドモデルで、細身のブランクスでありながらパワーも備えています。

悪条件でも正確にポイントを狙え、初心者が使っても問題ありません。

SLJ専用のベイトロッドとして、トップクラスの人気を誇る実力派です。

【ダイワ】ソルティガSLJ(60MB-SMT)

ダイワ製ライトゲームロッドの最高峰にして、抜群の人気を誇るおすすめモデルです。

高弾性なチタン合金のスーパーメタルトップ搭載で、これまで成しえなかった高感度を実現しました。

X45等のダイワならではの技術を多く投入し、大型サイズとのファイトも思う存分楽しめます。

予算が合えば、是非とも手にしたいSLJ用ベイトロッドです。

【メジャークラフト】ジャイアントキリング マイクロジギング(GXMJ-B702M/T)

最大80gまでのメタルジグを快適に扱える、スーパーライトジギングに適したベイトロッドです。

シルエットの小さなタングステンジグに適していて、スローを中心に様々なアクションに対応します。

ライトモデルでありながら抜群のパワーを持ち、大型魚とのファイトも決して負けません。

リーズナブルな価格で購入できるのも大きな魅力ですね。

【メジャークラフト】三代目クロステージ(CRXJ-B66SLJ)

イサキやマダイ等をスローに誘え、バーチカル攻略に適したSLJ用ベイトロッドです。

ベイトタックルの利点を生かして、フォール中のアタリもしっかり取ることができます。

バットパワーに優れているので、フッキング時の身バレもほとんど起きません。

低価格と高性能に実績を加えることで、初心者からベテランまで幅広い人気を誇る逸品です。

【ジャッカル】バンブルズエクストロSLJ(BBXS-C64-SLJ)

細身のブランクスからは想像も付かない強靭さを誇る、アングラー期待のSLJロッドです。

多彩なターゲットを攻略する中で、不意に遭遇する大型サイズにも力負けすることはありません。

水深が深くて潮流が速いポイントでも、持ち前の手返しの良さで魚との遭遇確率を上げてくれます。

ナチュラルに誘いたい時に外せない一本です。

【シマノ】グラップラーBB タイプLJ(B66-0)

近海ライトゲームに必要なパワーと繊細さを兼ね備えた、SLJ用のエントリーモデルです。

30~100gまでのメタルジグに対応し、大物と対峙できるスペックを実現しました。

オフショアの魅力を気軽に感じ取ることが出来るモデルで、初めてのベイトタックルにも適しています。

ハイスペックを低価格で手に入れるなら、候補に挙がるベイトロッドです。

【テンリュウ】ホライゾンLJ(HLJ641B-FLL)

バーチカルコンタクトにおすすめのバイトロッドで、60g程のメタルジグに最適なモデルです。

少し深いポイントを探れるため、スーパーライトジギングとしては大型のターゲットを攻略できます。

またシャローエリアでのタチウオやシーバスなど、攻略できるターゲットに事欠きません。

通が好む実力派として、SLJ用に無くてはならないベイトロッドです。

【アブガルシア】オーシャンフィールドSLJ(OFSC-632SLJ)

人気のスーパーライトジギングを手軽に始めたい方におすすめで、卓越したデザインと高性能が魅力です。

アブガルシア独自の技術が投入され、スペック的には上位モデルにひけを取りません。

それでいながら圧倒的な低価格で、エントリーモデル中トップクラスの評価を得ています。

イサキや根魚などを気軽に狙うには、丁度良いベイトロッドです。

まとめ

SLJ用ベイトロッドは、アングラー自身のレベルに応じて様々なモデルから選ぶことが可能です。

手返しが良くてナチュラルな誘いが出来るので、スピニングには無い魅力があります。

最適なベイトロッドを見つけて、話題のスーパーライトジギングを楽しんで下さい。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる