MENU

シーバスPEラインおすすめ10選!コスパ最強からハイエンドまで紹介!

ソルトフィッシング代表格で、多くのルアーアングラーから人気が高いターゲットのシーバス。

シーバス釣り用の道具は年々進化していて、さまざまな攻略方法が確立されてきました。

そんなシーバス釣りのなかで重要な道具になるのがライン。

シーバス釣りではPEラインが最もよく使用されています。

そこで今回は、シーバス釣りに使用したいおすすめのPEラインを紹介します。

PEラインの選び方も解説するので、ぜひご参考にしてください。

タップできる目次

シーバス釣りにPEラインを使うのは主流?

シーバス釣りではPEラインを使用するのが主流です。

シーバス釣りとPEラインの相性は非常に高く、デメリットこそあるものの、弱点を補えば最強のラインといえます。

以前のシーバス釣りではフロロカーボンやナイロンラインを使用するアングラーが多くいました。

しかし、PEラインの登場とともに、さまざまな釣りでPEラインを使用するアングラーが増えています。

今ではシーバス釣りをするほとんどのアングラーがこのPEラインを使用しています。

これからシーバス釣りに入門を考えているアングラーも、ぜひ PEラインを使用してみてください。

シーバスでPEラインを使うメリット

細くても引張強度が高い

PEラインを使用する最大のメリットは、細くても引張強度が高いことです。

ナイロンラインやフロロカーボンラインの1号は4ポンドほどの強度であるのに対し、PEラインの1号は10ポンドほどあります。

シーバス釣りに細くても強いPEラインを使用すると、ほかにも釣果を左右するさまざまなメリットをもたらします。

遠投できる

細くても強いPEラインをシーバス釣りに使用すると、キャストしたときに抵抗を受けにくくなり、よりルアーを遠投できます。

近年ではシーバスアングラーが増え、シーバスに対して人的プレッシャーが高くなりました。

遠投できるPEラインを使用すると、ほかのアングラーが探りきれていないポイントまで探れ、より釣果に期待できます。

感度が良い

PEラインはナイロンラインやフロロカーボンラインに比べ、伸びにくく、感度が良いメリットがあります。

シーバスのバイトはもちろん、ナイロンラインやフロロカーボンラインでは捉えにくい潮流の変化も感じ取りやすいです。

さらに、ルアーにシーバスが追尾してきた違和感をも捉えて、よりシーバスの釣果を出しやすくなります。

ルアーの操作性が良い

先ほども述べた通り、PEラインは伸びにくいため、ロッドやリールを操作することで、ルアーをより細かく動かせます。

ルアーをより細かく操作できるようになると、ルアーへの反応が悪いシーバスを攻略できる可能性が高くなります。

特にジャーキングやトゥイッチを多用するときにPEラインを使用すると、動きにキレが増します。

シーバスでPEラインを使うデメリット

リーダーを組む必要がある

PEラインは擦れや衝撃に弱く、弱点を補うためにフロロカーボンやナイロンのリーダーを使用する必要があります。

フロロカーボンやナイロンのリーダーをPEラインと結束する方法がやや複雑で、結ぶには慣れが必要です。

しかし、慣れると短時間で結べるようになり、シーバス釣りに最適なPEラインを使用できるようになります。

価格が高い

PEラインのデメリットとして、価格が高いことも挙げられます。

フロロカーボンラインやナイロンラインよりも価格が高く、購入するのに躊躇するアングラーも少なくありません。

しかし、近年では安価で購入できるエントリーモデルのPEラインが増えました。

またPEラインは劣化しにくいため、価格が高くても長期間使用できる点は見逃せません。

シーバスPEラインの選び方

太さ(号数)

シーバス釣りで使用するPEラインの号数は0.6〜1.5号がおすすめです。

使用するルアーの重さや釣れるシーバスのサイズに合わせて、太くしたり、細くしたりしましょう。

細いPEラインを使用して、30gを超える重量級のルアーをキャストすると高切れに可能性が高くなります。

一方、太いラインを使用して、5gほどの軽量ルアーを扱うと、ライントラブルが頻繁に起こる可能性も。

そのため、特に使用するルアーとPEラインの太さのバランスには注意が必要です。

また、これからシーバス釣りに入門するアングラーには、汎用性が高いPEラインの1号を用意しておくことをおすすめします。

カラー

PEラインには、グリーンやグレー、ピンク、ホワイトなどのカラーリングが施された商品が販売されています。

シーバス釣りでは、基本的に視認性が良いとされているグリーンやピンク、ホワイトのPEラインがおすすめです。

視認性が良いカラーのPEラインを使用すると、ルアーのトレースコースがわかりやすくなります。

トレースコースがわかると、シーバスがヒットしやすいコースもわかるようになり、再現性アップに貢献します。

またシーバスの警戒心が強く、透き通った水色をしたポイントでは、視認性が悪いグレーもおすすめ。

グレーを使用すると、シーバスに余計なプレッシャーを与えずに、ルアーに食いつかせられるようになります。

撚り本数

PEラインは原糸と呼ばれる細い糸を編み込んで作られています。

使用する原糸の本数を撚り本数と呼び、4〜12本撚りまでの商品をラインナップしています。

そのなかでシーバス釣りにおすすめなのが、4本撚りと8本撚りです。

4本撚りは最も低価格で購入できるタイプで、使用されている原糸が太い特徴があります。

使用されている原糸が太いと、PEラインの弱点でもある擦れに強い点が利点になります。

一方8本撚りは、4本撚りと12本撚りの中間の価格で、ラインの表面が4本撚りよりも滑らかなのが特徴的。

ガイドへの抵抗が少なく、より遠投でき、またガイドと干渉して発生する糸鳴りが防げる点も8本撚りの利点です。

長さ

PEラインは最低でも100m以上リールに巻いておくようにしましょう。

シーバス狙いで使用するルアーには、80m以上も遠投できるものもあります。

80m以上遠投した先で、大型のシーバスがヒットすると、ラインが引き出されて足りなくなる可能性も。

そのため、最低でも100m、遠投を繰り返す場合には150〜200mを目安に用意しておきましょう。

またPEラインの扱いに慣れていない場合は、高切れしてしまうこともあります。

高切れを起こす心配がある人は、高切れしても釣りが継続できるように、200m巻いておくことをおすすめします。

コスパ最強のシーバスPEラインおすすめ3選

【シマノ】ピットブル 4

シマノが販売しているコスパ最強と呼び声が高く、多くの入門者から人気も高いおすすめのPEラインです。

200m巻きで1200円前後と非常に低価格ながら、強度、耐久性に問題なく、使い込んでいけます。

入門者はもちろん、ベテランアングラーで頻繁にラインを交換して、常に新品に近い状態で使用したい人からも人気が高いです。

【メジャークラフト】弾丸ブレイド X4

コスパに優れたロッドやルアーを数多く販売し、多くのアングラーから人気が高いメジャークラフトの商品です。

コーティングがしっかりとしてあり、コシがあるラインなので、ライントラブルが起こっても解きやすい魅力があります。

そのため、スピニングリールにはもちろん、バックラッシュが起こりやすいベイトリールにも相性抜群です。

【よつあみ】エックスブレイド アップグレード X4

ベテランアングラーからの信頼が厚いよつあみが販売しているコスパ最強のPEラインです。

コシが強いラインで、ベイトリールをシーバス釣りで使用するアングラーからも非常に高い人気を誇ります。

4本撚りながら強度も高いと評判で、ベイトタックルだけでなくスピニングタックルを使用する人にももちろんおすすめです。

人気なシーバスPEラインおすすめ4選

【クレハ】シーガー R18 完全シーバス

さまざまな釣りで人気が高いクレハのシーガーシリーズのなかで、シーバス釣り専用に作られたおすすめのPEラインです。

強度が高いことで知られているシーガーリミテッドPEを採用し、強度はもちろん、耐摩耗性にも優れています。

また8本撚りを採用していて、遠投性能も高く、シーバスアングラーからの評判も上々です。

【バリバス】シーバスPE マックスパワー X8

バリバスが販売しているシーバス釣りのベテランアングラーから人気が高いおすすめのPEラインです。

最大の特徴はしなやかかつ、ほかのラインよりも線径が細く感じられることで、ガイドを抜ける音も発生しにくい魅力があります。

使用しているアングラーからは、コスパにも優れている、長持ちすると評判が良く、人気の高さが伺えます。

【シマノ】ピットブル8+

シマノが販売する耐熱性に優れた特殊シリコンコーティングが施されているおすすめのPEラインです。

シーバスがヒットして、走られてもラインが熱を持ちにくく、また耐熱性もあるので、ラインを熱から守れます。

また繊維が均一で繊維が締まっているため、耐摩耗性に優れ、さらに伸びにくく、操作性、感度にも優れています。

【ヤマトヨテグス】PEレジンシェラー

釣り用ラインで人気が高いヤマトヨテグスが販売するコシが強いおすすめのPEラインです。

特殊樹脂ハードコーティングが施してあり、非常にコシが強く、ティップ絡みが軽減でき、ルアーの操作性アップにも貢献。

またライントラブルが起こっても解きやすい点も見逃せません。

耐久性も十分に高いので、長期間使用できます。

ハイエンドなシーバスPEラインおすすめ3選

【東レ】シーバスPE パワーゲーム

東レが販売している長年シーバス釣りのベテランアングラーから人気が高いハイエンドなPEラインです。

8本撚りのPEラインでラインの表面が滑らかで、かつ強度が高い原糸を使用し、抜群の強度を実現しています。

非常にしなやかな特徴があり、誰でも扱いやすく、使用している人からも最強のラインと高く評価されています。

【ダイワ】UVF モアザン デュラセンサー×8+Si²

シーバスアングラーの間で人気が高いダイワのモアザンシリーズからリリースされているPEラインです。

PEラインの弱点でもある耐摩耗性に優れていて、その耐摩耗性は従来製品に比べ、驚異の300%以上ともいわれています。

また10mごとにダークグリーン、50mごとにライトブルーのマークがされていて、視認性と情報量アップに貢献しています。

【ダイワ】UVFモアザンセンサー12ブレイドEX+Si

12本撚りのPEラインで、モアザンシリーズのなかで最も高価なハイエンドモデルにあたるのが本商品です。

糸が潰れにくい角打ちされた12本の原糸を使用していて、ヨレにくく、耐摩耗性にも優れています。

また伸びにくく、かつライン表面が滑らかで抵抗が少なく、感度に優れ、遠投性能も高い点が魅力といえます。

まとめ

今回は、シーバス釣りで主流となっているおすすめのPEラインを紹介しました。

PEラインはシーバス釣りに多くのメリットをもたらします。

リーダーとの結束を身につけて、PEラインを駆使し、シーバス釣りを攻略しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる