MENU

シーバス用ジグヘッド収納ケースおすすめ10選!人気アイテムを紹介!選び方も!

密を避けて遊べる釣りが空前のブームをむかえてます。

シーバスも釣り人が増えており、人気のポイントは常に釣り人がキャストしているような状況が続いています。

そうなると魚がスレてハードルアーには見向きもしてくれない事が増え、自然とワームを投げるシチュエーションが増えてきました。

フックやワーム自体にこだわるのも重要ですが、意外に悩みのタネとなるのがジグヘッド収納ケース。

そこでシーバス用のジグヘッドを快適に収納できるケースをご紹介したいと思います。

執筆者
  • 釣り歴30年以上
  • パパさんアングラー
南部仁志

シーバスを中心として季節によって、メバル、アジを狙っております。 日々子供が寝静まってから、深夜徘徊を行う日々。 ピーク時には年間200日以上の釣行を繰り返した結果、 魚はバラしにくくなりましたが、嫁をバラしそうになっていたり いなかったり。 人生の大半を釣りにささげてきたので、釣具に関する知識、 魚に関する知識もそれなりに豊富にございます。

タップできる目次

シーバスに適したジグヘッド収納ケースの特徴

シーバス用のジグヘッドはライトゲームのジグヘッドに比べてサイズが大きく、重たい物が多い事が特徴です。

トリプルフックがついているタイプもあり、ライトゲーム用のジグヘッドケースでは深さが足りずにフタが閉まらなくなる事があります。

そこである程度の深さがあるフックケースが必要になります。

また、針先を守るためにスリットの入ったポリエチレンのマットが敷いてあるタイプも整理がしやすくオススメです。

シーバスに適したジグヘッド収納ケースを使うメリット

ジグヘッド交換

綺麗に収納ができていれば、今必要なジグヘッドの種類、重さ、サイズが一目でわかりすぐに取り出せます。

状況に合わせたジグヘッドの交換がストレスなく行えるので釣果UPに直結します。

またジグヘッドの交換がスムーズになれば、釣りに集中できる時間が長くなり釣果に繋がります。

間違い防止

ジグヘッドに重さを刻印してくれている物は案外少なく、現場で何gのジグヘッドかわからなくなる事がよくあります。

シーバスで大事なレンジ攻略においてジグヘッドの重さはとても重要なポイントです。

整理整頓ができていれば重さを間違えることが減り、適切なレンジを攻略することで釣果にUPが期待できます。

針先保護

針先は雑に扱うと、実釣で使っていなくても思いのほか鈍ってしまいます。

針先が鈍ればバラシが増えてしまいます。

ポリエチレン等のマットが敷いてあるケースに収納すれば、針先も鈍ることなくバラシを減らせるでしょう。

シーバスに適したジグヘッド収納ケースの選び方

深さ

ライトゲームのジグヘッドよりも重く、サイズが大きい物がメインとなるので、あまり高さの少ないケースでは蓋が閉まらなくなってしまいます。

ライトゲーム用の極端な薄さのケースは選ばないようにしましょう。

さらに、マットが敷かれているタイプも多いので、マット分の厚みも考慮して深さを検討してください。

ケースサイズ

ジグヘッドサイズが大きいので、現場に多くのジグヘッドを持ち込むと収納スペースも沢山必要になります。

ウェーディングベストなら持ち込めるケースのサイズにも限界があります。

まずは自身の釣りスタイルを考え、ワームメインの釣行にするのか、あくまでハードルアーのフォロー程度の使い方をするか想定した上でジグヘッドケースのサイズを選びましょう。

ワームの収納

ジグヘッドだけでなくワームも一緒に保管するならば、それなりのスペースのあるケースを選ぶ事が必要です。

シーバス用のワームは3〜4インチのサイズ感がメインとなるので、意外に場所を取ります。

ストックはワーム袋に入れて持ち込み、すぐに必要な分だけケースに入れれば効率よく釣りができるのでオススメです。

シーバス用ジグヘッド収納ケースおすすめ10選

コアマンコンパクトフォームケース

熱狂的なファンが多いコアマンから発売されているジグヘッドケース。

コンパクトでありながら、必要十分な容量のケースです。

シーバス専門メーカーが発売しているフックケースなので、深さやポリエチレンのマットなどは当然完備され、シーバス用ジグヘッド収納において間違いないケースです。

コアマンコンパクトルアーケース

こちらもコアマンから発売されているケースですが、ポリエチレンのマットが無いタイプです。

同社のVJなどトリプルフックが付いているタイプのジグヘッドは、こちらのタイプが収納しやすいのでオススメです。

替えのワームも少し入れておけるところもポイントが高いところです。

第一精工MCケース#138S

便利なフィッシングギアを開発販売している第一精工のフックケース。

こちらはポリプロピレンを使ったマットを使っており、硬めでヘタリにくく、スリットがみやすいので、現場でのフック出し入れが非常にストレスフリーです。

がっちりしている見た目もギア感満載で男心をくすぐります。

第一精工MCケース#138P

同じく第一精工のワームケースで、こちらはトリプルフックを搭載したジグヘッドの収納にピッタリです。

嬉しい事にフタの内側にピラミッド加工と言われる突起があり、ワームがくっつかない工夫がされています。

耐久性も高く長く使えるケースです。

メイホウスリットフォームケース3020NS

ケースサイズが大きくジグヘッドを沢山持ち運びしたい人向け。

スリットが見やすい特殊加工がされており、18本もスリットがあるので整理整頓もバッチリです。

重さ、種類別に綺麗に収納すると気持ちもスッキリ。

現場用ではなくストック用としての使用もオススメです。

メイホウスリットフォームケースM

ちょうど良いサイズ感のフックケース。

ポリプロピレンのマットを使っており、スリットが一目でわかる特殊技術を使っています。

ウェーディングベストのポケットに何の問題もなく入るサイズ。

価格も非常にコストパフォーマンスに優れています。

メイホウスリットフォームケースSS

ワームは困った時にちょっとだけ使う人であれば、こちらがオススメです。

非常にコンパクトで、ジグヘッドは3、4本しか入りません。

しかしメインはハードルアーを使い、フォローとしてワームをたまに使うのであれば、収納にも困らないこのフックケースも検討してみてください。

DRESSワーム&フックホルダー M

ワームやフックを袋から出さずにそのまま収納でき、サイズや重さが一目でわかります。

袋から出してケースに入れ直すのが面倒臭い人にもオススメです。

ちょっとしたルアーも入れられ、付属のカラビナでベルトループやバッグにも装着できてとても便利です。

ダイワフックストッカー

FとPAタイプに別れており、Fはフックパッケージの表示を確認しやすい低仕切り構造です。

PAは密閉袋のタイプで小分け収納可能な密閉袋10枚付き。

水に濡れないのでサビも心配無用なのは嬉しい。

どちらもカラビナなどが取付できるループ付きでバックやベルトに付けて、持ち運べて便利です。

ダイワ紅牙 タイラバフックケース

こちらはタイラバ用のフックケースですが、シーバスのジグヘッド用としても優秀です。

タイラバのスカートを入れる部分に、ワームのストックやトリプルフック付きのジグヘッドを入れたりと、とにかく便利。

サイズも大きく収納スペースが多いため、ワームをメインで使うようなスタイルの方向けです。

まとめ

シーバスシーンで安定的に釣果を出すことは容易ではありません。

しかし上手にワームを使えば、思った以上にシーバスを釣り上げられます。

今回ご紹介したフックケースを使って、激戦区のシーバスをシステマチックに攻略してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次