シーバス用ビッグベイトロッドおすすめ10選!ボートシーバスでも使えるロッドも紹介!

シーバスフィッシングに慣れてくると必然的にランカーサイズを狙いたくなるもので、釣果が安定して期待出来る上にサイズアップも狙えるとあってボートシーバスゲームは人気です。

そんなボートシーバスゲームでランカーサイズを狙えるメソッドとして存在を放つのがビッグベイトルアー。

今回はそんなビッグベイトをボートシーバスゲームで使えるビッグベイトロッドをおすすめ10選としてご紹介します。

シーバス用ビッグベイトロッドの選び方

ビッグベイトルアーはその重さから、しっかりとロッドの使用可能なルアー重量を確認してロッドを選ばないとトラブルの原因になってしまいます。

最悪の場合ロッドが折れる事もある為、使用可能なルアー重量は必ず確認しましょう。

長さ

一般的にビッグベイトロッドは7フィート後半から8フィート以降の長さが使用されますが、今回はボートシーバスゲームでも使用可能な7フィート台のビッグベイトロッドに焦点を絞ってご紹介します。

ボートシーバスフィッシングは乗合船での釣行が主になるので、他の乗船客とのトラブルを防ぐ為にもショートロッドの使用が好ましいです。

しかしながら、ビッグベイトをキャスト出来るパワーも考慮しなくてはならない為、ロッドの選び方には工夫が必要になります。

硬さ

小さめなサイズのビッグベイトでも数10gからのルアー重量がある為、安心してキャスティング出来るロッドの硬さは「MH以上」となります。

少なくとも使用可能なルアーの重量が40g以上のロッドを選ぶ事が重要です。

ビッグベイトのみで釣行するのか、ミノーなども使用するのかによってロッドの硬さも変えていくと良いでしょう。

ロッドの中にはビッグベイトでの釣行に特化したものもあり、そういったロッドでは実に100g以上の重量があるルアーですら軽々とキャスティング出来るパワーがあります。

重量

ボートシーバスフィッシングも長時間の釣行となるので、ロッド自体の重量もロッド選びの候補に挙げられます。

ビッグベイトをキャストし続けるのはアングラーにとって負担の大きいものです。

それを少しでも軽減する為に軽いロッドを選ぶのも選び方の一つになります。

ビッグベイトロッドは比較的他のソルト用ロッドと比べて重くなってしまうのは仕方がない所ではありますが、そこを妥協せず少しでも軽量のロッドを選ぶ事で実際に釣りをした時に負担軽減が出来ればお得です。

スピニングロッドかベイトロッドか?

ボートシーバスゲームではスピニングリールを使用する事が多いのですが、ビッグベイトロッドは基本的にベイトロッドがほとんどであり、現在主流のタックルも「ベイトタックルでPE4号をセットしての釣行」が主流です。

残念な事に「ボートシーバスゲーム」と言う括りで使えるビッグベイトロッドを選んでいくと、その範囲はとても狭くなります。

その為、今回ご紹介するおすすめビッグベイトロッドの中にはボートシーバスにも十分に使用可能なバスロッドもシーバス用として含まれています。

最近になり各メーカーから中〜上級者向けのボートシーバス用ビッグベイトロッドが発売されてきましたが、それでもスピニングロッドについては種類が少ないのが現状となっています。

シーバス用ビッグベイトロッドおすすめ10選

それでは以上を踏まえてボートシーバスでのビッグベイトの使用に向いたおすすめビッグベイトロッド10選をご紹介します。

【メジャークラフト】クロステージ ボートシーバスベイト(CRX-732H/B)

使いやすく価格帯も安価なボートシーバスロッドといえばまず名前の挙がるのがメジャークラフトからリリースされているクロステージのボートシーバスシリーズです。

ボートシーバスフィッシングの様々なシーンを想定して設計されており、使用可能ルアー重量も20〜85gと幅広く設定されています。

大抵のビッグベイトがキャスティング可能なので、釣行の際はその利便性で重宝されるビッグベイトロッドです。

【メジャークラフト】クロステージ ボートシーバスマグナムベイト(CRX-682HH/B)

ランカーサイズを狙ったビッグベイトオンリーのボートシーバスフィッシングをしたい方におすすめするのが、このロッドです。

ビッグベイト用のロッドとしては短い方ですが、使用可能ルアー重量は56〜250gとそのパワーに驚かされます。

ビッグベイトの中でも更に重量のある、いわゆる「マグナムベイト」と呼ばれる重量級のビッグベイトも楽々とキャスティング出来るロッドながら、ハイエンドモデルのロッドに並ぶ性能もあり非常に頼りになるビッグベイトロッドです。

【シマノ】エクスプライド バスロッド ファストムービング&ビッグベイト(175H-SB/2)

ビッグベイトを使用したバスゲームを目的としたシマノのバスロッドですが、ボートシーバスでもその性能は遺憾無く発揮されます。

使用可能ルアー重量は14〜56gとなっており、大きめのミノーからビッグベイトまで使いこなすことの出来る器用さがポイントです。

ロッドも軽量かつ繊細に作られているのでルアーの動きを手元に伝える事ができる為、活性の低いシーバスの小さなアタリもしっかり捉える事が出来ます。

【ダイワ】ボートシーバスロッド ラテオ(BS-73HB)

ダイワのボートシーバスロッドと言えば当然のように名前が挙がる優良ロッドがラテオです。
ボートシーバスフィッシングに適したルアー適性があり、使用可能ルアー重量は10〜60gと小さなルアーからビッグベイトまで網羅した抜群のバランスを持っています。
ロッド本体も135gと軽量で長時間の釣行でも負担が少なく、誰でも扱い易いビッグベイトロッドです。

【シマノ】ディアルーナ(B76MH)

ビッグベイトロッドの中ではまず名前の挙がるのがこのディアルーナです。

ミドルクラスの価格帯ながら、その性能はハイエンドモデルにも匹敵するパフォーマンスを見せてくれます。

ロッド自体も軽量で、長さを感じさせない使い心地です。

使用可能ルアー重量は65gまでと汎用性が高く、感度も良い為ルアーの動きやシーバスのアタリをしっかりと手元に伝えてくれます。

【メジャークラフト】バスロッド 〈BENKEI〉弁慶(BIC-702X)

ビッグバスとの強烈なファイトをものともしないパワーを備えたビッグベイトロッドがメジャークラフトのBENKEIです。

そのパワーはもちろんボートシーバスフィッシングでも十分に通用する性能で、使用可能ルアー重量は10〜85gと幅広く設定されており、取り回しが良く出来ています。

また、ロッドもフッキング後のシーバスが根に走る前にロッドのパワーで強引に引き寄せられるだけの粘りがあり、非常に強力なファイトが可能です。

【メジャークラフト】バスロッド ファーストキャストバス(FCC-702X)

ルアーウエイトが85gまで対応可能と、まさにビッグベイト用のロッドとして申し分ない性能のロッドです。

価格も比較的安価で、初心者向けの1本としても優秀なロッドとなっています。

バスロッドながら中弾性のロッドですので、扱い慣れていないうちにはボートシーバスフィッシングの際に心強い味方になってくれるでしょう。

【アブガルシア】クロスフィールド(XRFC-732H)

少し長めのロッドではありますがライントラブルになりにくい為、手返し良くボートシーバスを楽しめるロッドです。

使用可能なルアー重量は60gまでとなっており、小型から中型のビッグベイトまで安定したキャスティングが可能となっています。

デザインもブラックとゴールドのシックなカラーリングになっており、非常に高級感があるデザインです。

【パームス】ベイマティック(73H)

手頃な価格ながらしっかりとビッグベイトロッドとしての機能を発揮してくれるのがこのロッドです。

ブルーのカラーリングのロッド部とコルク仕様のグリップが非常にスタイリッシュな仕上がりを見せています。

使用可能ルアー重量は75gと、かなり大きめのビッグベイトもキャスティング可能です。

ビッグベイトのみでの釣行にはうってつけのハイパワーなロッドとなっています。

【テイルウォーク】OUTBACK(NC665MH)

テイルウォークからリリースされている場所を問わない汎用性がセールスポイントのビッグベイト対応ロッドがOUTBACKです。

使用可能ルアー重量は40gまでとなっており、ショートロッドである事も合わさって軽いルアーも切り替えて使用する事が出来ます。

オープンスペースがなく、ストラクチャー周りをタイトに狙うようなシーンにも即座に反応できる為、使い勝手が非常に良いロッドです。

まとめ

今回のおすすめビッグベイトロッドは、中〜上級者向け用として予算3万円未満のロッドで選んでみました。

まだまだ発展していくであろうビッグベイトによるボートシーバスフィッシング。

今後新たに各メーカーからボートシーバス用のビッグベイトロッドが出てくる可能性は非常に高く、今のうちにビッグベイトを使ったボートシーバスゲームに慣れ親しんでおくのも良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました