ソルト対応ベイトフィネスリールおすすめ10選!安いけど海で使えるBFSロッドを紹介!

ソルトウォーターでのベイトフィネスが楽しまれるようになり、海でベイトタックルを見る機会も増えてきました。

ベイトフィネスに合わせたベイトリールも徐々にリリースされ始めており、今後の展望が明るいジャンルの一つになっています。

今回はそんなベイトフィネスリールを出来るだけ予算をかけずに購入出来るよう、安いものからミドルクラスまでの価格帯でセレクトしてのおすすめ10選をご紹介です。

ベイトフィネスリールの選び方

まずはベイトフィネスリールについてご説明します。

ベイトフィネスリールはスプールの溝を浅くする事で軽いルアーをキャストした際にライン放出が阻害されない機構になっているベイトリールです。

また、スプール自体も小型かつ軽量化されている為、ルアーをキャストする際にわずかな負荷だけでラインを放出し始める事と、ブレーキが効きやすくなっている点が特徴となっています。

ブレーキ性能

ベイトフィネスでは細いラインを使用することがほとんどなので、最も注意するべきトラブルとしてバックラッシュが挙げられます。

バックラッシュによってラインに傷が付くと細いラインはすぐに切れてしまうので、注意が必要です。

また、ベイトフィネスではストラクチャー周りを攻めたり障害物のキワに落としたりとテクニカルなキャストをするシーンが多く、バックラッシュが起こり易い環境だと言う事も拍車をかけています。

そのため、自分に合ったブレーキ性能の良いベイトリールをセレクトしておくと、そのリスクを下げる事が可能です。

剛性

小型・軽量化されているベイトフィネスリールだけに、釣行をより安心したものにするにはリールの剛性も重要視すると良いでしょう。

根がかりや、フッキング後の強烈な引きなどにより瞬間的に大きな負荷が掛かるのがリールです。

その後の釣行に支障をきたさないよう、剛性の高いリールを選ぶと安心してベイトフィネスが楽しめます。

ラインもPEなどを使用する際にはやはり剛性の高いリールでないと負荷に耐えきれず、歪みの原因となったりしてしまうので、リールを選ぶ際の一つの目安として剛性は必要です。

ギア比

アングラーが対象とする相手によって多少の変更はありますが、全体的にハイギアのリールをおすすめします。

ハゼクラなどはローギアで狙うのもアリですが、ハイギアのリールであれば巻き取りスピードの調整によってある程度はテクニックによるカバーが可能です。

ソルト対応ベイトフィネスリールおすすめ10選

【アブガルシア】Revo (LT7)

タフなフィールドであるソルトゲームにもしっかり対応したアルミボディと軽量で握りやすいハンドルで人気のベイトリールです。

淡水・海水問わずBFリールとして利用可能な為、汎用性が高いと言う利点があります。

また、ロッドのシートからスプールまでの距離が近いのでパーミング性能が良く、ロッドと一体感のあるキャスティングが可能です。

本体重量も標準的な重さに抑えられており、買い替えなどでタックルバランスを崩す事なく使う事が出来るリールとなっています。

【テイルウォーク】フルレンジ ベイトフィネス(BF81R)

ベアリング込みの重量が9gという超軽量スプールを搭載したBF専用リールがテイルウォークからリリースされているフルレンジベイトフィネスです。

シャープなキャスティングが可能なクラッチと、スムーズな巻き取りを考慮して作り込まれたEVA素材のグリップで使い心地は快適に仕上がっています。

ベアリングも防錆コーティングが施されており、ソルトゲームでもその実力は全く損なわれていません。

【シマノ】ブレニアス

スプールの厚みを可能な限り薄くする事で、ルアーキャスト後の回転慣性を抑えつつ、ライン放出の立ち上がりを早くする事に成功したリールです。

ソルトゲームのベイトフィネスでも特にブリームゲームに適しており、PEラインの軽量ルアーをごく自然に狙ったポイントに送り込めるように考えて作られているので、キャスト性能は特に優秀に作り込まれています。

また、内部構造は高耐久性を追求したパーツ群で構成されているので、しっかりとしたメンテナンスを行う事で長く使っていくことの出来るBFリールです。

【シマノ】スコーピオン(BFS XG)

ミドルクラスの淡水・海水兼用BFリールとしてシマノからリリースされているのがスコーピオンのベイトフィネスタイプです。

軽快な巻き取りとキャスト性能で、ストレスなく釣行が楽しめます。

HAGANEボディの剛性は強い負荷にも影響を受けづらくタフなフィールドで活躍してくれ、マグネットブレーキは細かな調整も可能とアングラーの痒い所に手が届く作り込みです。

【ピシファン】ベイトリール SAEX ELITE(+シャロースプール)

格安ながらコスパの高い性能を有したリールをリリースしているピシファンのベイトリールです。

シャロースプール付きのセットを購入し、付け替えする事でBFリールとして使用可能なフレキシブルさのある設計になっています。

ギア比、剛性、ブレーキ機構など、必要な水準のスペックは全て満たしつつ巻き上げ速度も早く、手返しの良いキャストを続ける事が可能です。

ソルトゲーム後は丁寧なメンテナンスを行う事で長く使っていけるリールとなります。

【アブガルシア】ロキサーニ(BF8)

アルミフレームボディと超々ジュラルミン製のスプールやギアで、剛性が抜群のBFリールです。

本体の大きさもコンパクトで握り込みやすく、ブレーキ機構においても軽量ルアーのキャストミスで生じ易い、風にラインが煽られる事でのバックラッシュまでしっかり防いでくれるシステムが搭載されています。

そこまで様々な技術を盛り込みながらも低価格帯に抑えたという、素晴らしいコスパの良さが光る良品です。

【アブガルシア】Revo (ALC-BF7)

3g程度の軽量ルアーから心地良いキャストを見せてくれ、終日釣行にも負担の少ない軽さを誇るリールです。

全体的にコンパクトに仕上がっており、ロッドと共に握り易いデザインになっています。

不意に大型の魚がヒットしても剛性のあるボディがしっかりと負荷を受け止めてくれる為、その後の釣行に支障をきたしづらいのも好印象です。

ブレーキ機構を微調整可能なので、使用しているロッドに合わせて調整する事で更に使いやすいリールに変化していくリールになっています。

【ダイワ】アルファス AIR TW(8.6R)

ソルトゲームでのBFリールとしての性能だけではなく、渓流からバスまでを守備範囲とする脅威のパフォーマンスを持ったリールです。

中価格帯にはなってしまいますが、そのコスパは同メーカーのハイエンドクラスに匹敵します。

超軽量ルアーすら快適かつ狙い通りのポイントにダイレクトキャスティング出来る高性能な機構が各所に盛り込まれ、非の打ちどころがありません。

中堅ソルト用BFリールとしては最高の性能を持ったリールです。

【アブガルシア】Revo ウルトラキャスト(BF8)

巻き取り速度が高速で、非常に手返しの効率が良いハイギアのBFリールです。

金属フレームの剛性もありつつ、内外問わず撥水加工されたボールベアリングを搭載しており、耐久性や塩ガミへの対応も向上しています。

また、マグネットブレーキは取り外す事でブレーキの効き方を繊細に調整可能なので、何度も調整していくうちに自分に馴染んだブレーキとして改良可能です。

使い込む事でアングラー自身に合ったBFリールとして、共に成長していける製品となっています。

【シマノ】アルデバラン (BFS XG)

本体重量約130gと極軽量ながら、ベアリング内部に浸水しないようシーリングを施す事でソルトゲームでも対応可能にしたBFリールです。

外部ダイヤルと内部のマグネットの調整により可能なブレーキ調整や剛性の高いボディ、限界まで軽量化を追求したスプールと、シマノの技術を惜しみなく投入してあります。

ミドルクラスに位置する価格帯のリールだけに性能は抜群です。

まとめ

ソルトゲームにおけるベイトフィネス専用のリールについては、まだまだこれから価格競争などで低価格帯のものがリリースされてくると思います。

しかし、既にソルトゲームで使用可能なBFリールは各メーカーからリリースされていますので、まずはそちらを使って腕を上げると言うのも良いでしょう。

今回ご紹介したBFリールはミドルクラスまでの価格帯で使い易いもの、購入し易いものをセレクトしていますので、是非タックルを揃える際の参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました