MENU

安い一つテンヤロッド8選!激安のコスパ竿を紹介!

繊細なアタリと豪快な引きが魅力の真鯛の一つテンヤゲーム。

私もその魅力に取りつかれている一人です。

一つテンヤは、ボトムを感じる繊細さを持ちながら、真鯛の引きをいなすパワーを持つロッドが最適。

しかし、入門用のものだけを並べてみても数多くの種類が存在し、中には5,000円以下の激安商品もあります。

これらの中から、本当に使えるコスパの良い竿を選ぶのは難しいでしょう。

そこで今回の記事では、初心者でも手の届きやすい安い一つテンヤロッドについてピックアップして解説していきます。

タップできる目次

安い一つテンヤロッドはこんな人におすすめ

安いテンヤロッドはこんな人におすすめです。

・テンヤを始めてみたい

・お金をかけられない

・ロッドパワーの違うロッドを揃えたい

一つテンヤに初挑戦の状態の人が、いきなり高額なロッドに手を出すのは後悔のもと。

なぜなら、ひとくちに「一つテンヤロッド」といっても、バリエーションがたくさんありますし、その中から釣り場に合わせた「強さ」や「硬さ」を選ぶのは至難の技だからです。

そのため、まずは「お手頃な価格帯のM(ミディアム)~MH(ミディアムヘビー)ロッド」を選ぶのが無難でしょう。

釣りをしていくうちに「もっとこうだったらいいのに…」と思うことが出てきますので、その時にはじめて高額ロッドを検討することをおすすめします。

また、お金をかけられない人も、入門ロッドのM~MHクラスを選ぶことで全シチュエーションをカバーすることが可能です。

他方、すでに持っていて違うパワーのバリエーションを増やしたいという人も、こだわりが無いのであれば硬さ違いの安いロッドでOK。

環境に合わないロッドを無理して使うより、安物でもバリエーションがあったほうがずっと釣りがしやすくなります。

一つテンヤロッドは高い安いで何が変わる?

ロッドは金額次第で、使われているパーツのランクが上がります。

そのため、使いやすさという点では、やはり高いロッドが優秀です。

最も感じる点は、ロッドの重量とパワーのバランス。

構えたときに感じる重さは疲労に繋がるため、軽ければ軽い程良いのですが、軽いロッドはパワー不足になりがちです。

つまり、安いロッドは「軽くて強い」が両立しないものが多いということ。

一方、高いロッドは最新の機能性に富んだ素材を使っており、軽さの割に信じられないロッドパワーを持ちます。

所有する満足感もアップしますので、自分に必要なロッドがわかる場合は高いロッドを揃えたいところです。

とはいっても、近年は安いロッドのランクが凄まじく上がっており、持っただけでは高いロッドと変わらないようなモノも販売されています。

そのため、ある程度の価格帯のものであれば性能的には十分満足できるでしょう。

一つテンヤロッドの相場価格!安いの基準は?

相場を図るには、大手メーカーのロッドを基準にする方法が良いと思います。

例えば、シマノの入門ロッド「エンゲツ BB 一つテンヤマダイ」なら本体価格17,000円(税抜)なので、実売13,000円程度ですし、ダイワの入門ロッド「紅牙 テンヤゲーム」は本体価格26,000円~(税抜)なので実売20,000円前後です。

少し差がありますが、10,000~20,000円ほどが入門機の相場と言えそうです。

他方、もっと安い商品を探すと5000円台もありますので、そのあたりが激安のロッドということになります。

しかし、ロッドの性能としては良くないので、長く続けるのであれば最低でも10,000円以上のものを選びたいところです。

安い一つテンヤロッドおすすめ4選

1万円以下の激安のロッドについてピックアップしてみました。

とりあえず釣りをしてみたいという人にはピッタリのロッドになっていますので、参考にしてみてください。

【プロマリン】アーティライドテンヤマダイ 240M

プロマリンのアーティライドテンヤマダイは、1万円を切る激安のテンヤロッド。

ティップの先端は見やすく塗装されており、穂先に出る繊細なアタリを目で感じることができます。

掛け調子のため竿先を使ったリグの操作も軽快。

4〜15号のオモリに対応します。

【プロマリン】シーラウンダーテンヤ真鯛DX 240M

シーラウンダーテンヤ真鯛DXは、乗せ調子寄りの激安ロッド。

4〜15号のオモリに対応するため、ある程度深場の釣りや、潮が早いときでも対応できます。

プロマリンのロッドは、見た目がいかにも激安ロッドのようなところがあるので、毛嫌いされがちですが、ロッド自体は問題なく使うことができます。

【SOLFIESTA】オフショア 朱天 ~シュテン~

SOLFIESTAの一つテンヤロッドは、ワンポイントの桜マークが特徴的なデザインのロッド。

他の激安ロッドと比較するとやや軽く、感度と操作性が高いため、使うシーンを選びません。

3~15号(MAX60g)まで対応するため、どんな海域でも使えるでしょう。

SOLFIESTAはシェアーズ社の釣具ブランドとして2015年に発足したばかり。

初心者やレジャーとしての釣りにフォーカスした商品を展開中ですので、今後の動向にも注目です。

【OGK】真鯛テンヤEX2

真鯛テンヤEX2は、この価格帯としては非常に優秀なロッド。

高感度なカーボンソリッドティップを搭載し、ボトムの地形や繊細な鯛のアタリなども感じることができます。

対応する重さは3〜10号と、他のロッドから見ると見劣りするかもしれませんが、実際には他のロッドと遜色ありません。

重さがやや気になりますが、激安ロッドの中では信頼できるロッドといえるでしょう。

コスパが良い一つテンヤロッドおすすめ4選

コスパの優れているテンヤロッドについてピックアップしました。

ロッド性能も入門機としては非常に良くできていると言えるものをピックアップしましたので、長く愛用できると思います。

【ダイワ】紅牙 テンヤゲーム MH-240

紅牙 テンヤゲームは入門用ロッドとして最もおすすめのロッド。

バランスの良いロッドで持ち重り感が少なく、釣りをしていてのストレスが非常に少ないのが特徴。

柔らかめにセッティングされたチューブラーの穂先が、真鯛のアタリを大きく出してくれるため、初心者にも分かりやすいです。

オールSICガイドで細糸のPEにも対応し、中級者以上でも安心して長く使えるスペックになっています。

【アブガルシア】Kurofune 黒船 Tenyamadai  KTMS-245MH

アブガルシアの黒船シリーズはリーズナブルでも軽量化を徹底的に追求し、バランスの良いロッドを目指したモデル。

操作性に優れるティップとカーボンXテープによる補強を施したブランクスを持ち、力強いロッドに仕上がっています。

3~15号のテンヤに対応し、オールマイティーに使える一本です。

【シマノ】エンゲツ BB 一つテンヤマダイ 235M

ロッドのねじれを抑えるハイパワーXや、高感度なソフチューブトップを搭載し、軽さと強さを兼ね備えたテンヤ入門ロッド。

特に2~12号に対応する235Mの自重は、106gと最軽量クラスです。

これは他の激安ロッドの重さと比べて1割~2割程軽量な設計。

持ち重りすること無く、長時間の釣行でも快適に行えます。

【メジャークラフト】「3代目」クロステージひとつテンヤCRXJ-S250M/HitotsuTenya

メジャークラフトのCRXJ-S250M/HitotsuTenyaは、浅場の軽量のテンヤから、深場の重いテンヤまで幅広くこなせるバーサタイルなロッドです。

ブランクスにはテーピングによって補強するマイクロピッチクロスフォースを施し、大鯛と渡り合えるパワーを持ちます。

2~12号までのオモリに対応。

やや長いロッドレングスを生かして波の揺れを吸収し、テンヤの違和感を排除できます。

まとめ

今回の記事では、安い一つテンヤロッドについて紹介してきました。

近年のロッドは、以前なら上位機種にしか使われていなかった技術が使われることもあり、非常にコスパの良い商品が多いです。

その中で、どの価格帯で満足するかは釣り人次第と言えますので、ぜひ自分にピッタリの1本を探してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる