コスパ最強!オフショアジギングリールおすすめ12選!安いけど実用的なスピニングリールを紹介!

釣れる魚種の幅広さや高級魚が釣れることも多い為、近年人気急上昇中のオフショアジギングゲーム。

これからオフショアの釣りを始める方にとって、どの様なリールを選べばいいかわからないものです。

ここではそんな人にもわかり易く、初心者向けの安くてコスパの高いおすすめのオフショアスピニングリールをご紹介していきます。

オフショアジギング用スピニングリールの選び方

一言でオフショアジギングと言っても根魚から青物等の回遊魚までターゲット魚種や水深や扱うジグの重さにより使用するタックルも大幅に変わってきます。

オフショアジギング用リールは通常のリールと比較して、耐久性や防水性に優れた専用設計がされており、またリールのサイズも大きいものまでラインナップされています。

リールのサイズ番手は各メーカー毎によって表記が違う為、一概には言えませんが、湾内での比較的ライトタックル狙う青物等はPEライン2号~3号:300m巻けるサイズのものを、ブリやカンパチ、ヒラマサ等の引きの強い魚を狙う場合はPEライン4号:300m巻けるラインキャパシティ、ボディサイズのものを選ぶといいでしょう。

これから始めようと考えている方は、ご自身が行く予定の海域の水深や使用するジグ、ターゲット魚種を確認の為、船宿のスタッフなどに訪ねてみると丁寧に教えてくれます。

エントリーモデルのリールで大丈夫?

一昔前前までのオフショアスピニングリールの入門モデルは安かろう悪かろうのものが多く、少し強引なファイトをしただけで、リール内部のギアが破損し巻きとりが出来なくなったり、ハンドルが折れたりすることが多々ありました。

しかしながら現在は入門モデルでも技術の進歩により、充分な耐久性や高い使用感があり安心して使用できる様になっています。

オフショアジギングリールおすすめ12選

【シマノ】スフェロスSW(6000HG)

シマノが販売するエントリーモデルのオフショアスピニングリールです。

上位機種に搭載されている「X-SHIP」を搭載している為、巻き取り入力したパワーをしっかりと巻き上げ力に変換することが可能で、大物とのファイトも安心して行うことが出来ます。

その他にもオフショアジギングゲームで必須の耐久性を「HAGANEボディ」の採用で補い、「Xプロテクト」で海水での過酷な使用に耐えうる防水性能が備わっています。

このモデルはPEライン3号:300mが巻けるラインキャパシティがあり、比較的ライトなジギングである五目ジギングや中型青物であるサワラ、イナダ(ハマチ)等をターゲットに狙うのに最適です。

【シマノ】スフェロスSW(8000PG)

スフェロスSWシリーズの中でも、大型サイズに位置し、PEライン4号:300m巻けるラインキャパシティから、中型~大型青物ジギングに最適です。

特にワラサ(ツバス)や10㎏クラスのブリに対しても充分にファイトが可能で、sの他カンパチやヒラマサにも使用出来ます。

このモデルはパワーギアモデルの為、一巻き当たりの巻き取り量が少ないですが、その分巻き取りパワーがハイギアモデルよりもある為、150g以上のジグを使用するシーンや大型魚とのファイトでもゴリ巻きでアングラーに有利なファイトの展開が可能です。

他のモデルと比較し、リール自重が重い為、使用中の疲労感はそれなりですが、青物をメインで狙う方の最初の一台には非常におすすめのリールと言えます。

【シマノ】ストラディックSW(6000HG)

シマノのオフショアスピニングリールのミドルクラスのモデルです。

2020年にバイオマスターSWの後継機種として発売され、最上位機種のステラSWに搭載されている「インフィニティドライブ」を搭載したことにより、非常に力強い巻き上げ力を実現しています。

このモデルは青物オフショアジギングからキャスティングまで幅広いシーンで活躍し、ドラグ性能、リール自重、どれを取っても下位機種のスフェロスSWより遥かに高い性能がありますので、個人的にはこのシリーズは非常にオススメできます。

【シマノ】ストラディックSW(10000HG)

ストラディックSWシリーズの中でも最大サイズに位置し、PEライン5号:300m巻けるラインキャパシティは大型魚とのファイトも安心して行うことが出来ます。

またジギング以外にもブリトップのキャスティングゲームやキハダマグロのキャスティングゲームにも使用可能な為、大型魚向けには汎用性が非常に高いです。

コスト、性能のバランスが非常に高く、またリールの設計も最新のものなので、1回だけの釣行でなく、継続して釣行される方に強くおすすめできるリールです。

【ダイワ】BG(4000HG)

ダイワが販売するオフショアスピニングリールです。

「オートマチックドラグシステム(ATD)」の搭載により、フッキング時はドラグが強めに効き、ファイト時は魚の動きに追従して滑らかに作動してくれる為、初心者に優しい設計になっています。

このモデルは中型青物向けジギングを始めとした比較的ライトなジギングゲームに向いている番手で、湾内ジギング等にドンピシャです。

サイズ感もそこまで大きくないので、通常のリールの延長線上の感覚で使用できる為、初心者の中でも女性の方にも扱い易いです。

【ダイワ】BG(45000HG)

このサイズはPEライン4号:300mのラインキャパシティがある為、中型~大型青物ジギングに向いており、最上位機種のソルティガ譲りのアルミボディである為、剛性があり、ハードな環境でも安心して使用出来ます。

このサイズはドライブギアサイズも大きい為、小さい魚とのファイトでは楽に巻けてしまいファイトが楽しくないですが、ワラサ(ツバス)サイズになればファイトを楽しめながら、主導権を握れる為、中型サイズ以上を狙う場合はこのクラスの番手が向いているでしょう。

【ダイワ】ヴァデル(4000H)

ダイワのお家芸でもある「マグシールド」を搭載することで、時に大量の海水が被る事もある海上でも、リール内部に海水が侵入することが無く、錆、塩ガミ等のトラブルを激減させています。

「エアローター」や「スーパーメタルボディ」の採用により、オフショアジギングでの必要性能を盛り込みながら、ドライブギア歯面を見直すことにより更なる耐久性を実現しています。

比較的ライトな番手ですが、不意の大物にもやり取りできる懐の深さが特徴です。

【ダイワ】ブラストLT(LT6000D- H)

近年、ダイワが打ち出しているライトタフコンセプトの設計思想で設計された軽量でありながら剛性感があるスピニングリールです。

「マグシールド」から「オートマチックドラグシステム」「エアローター」等の技術を盛り込み、特に湾内ジギングやカツオ、シイラキャスティングゲームで活躍するモデルと言えます。

リールの設計が新しい為、ドラグ性能や高耐久であり、長く使用できる仕様になっています。

【ペン】バトルⅡ(4000)

アメリカの釣り具メーカーであるペンが販売するオフショアスピニングリールです。

安価な価格帯でありながら、他社のリールと比較し、ワンランク上の堅牢性があり、世界的に見ても最もリール性能の高い日本製のものと比較しても遜色がありません。

巻き心地等はさすがに日本製のリールと比較し明確に劣りますが、耐久性は圧倒的なものがある為、ガンガンハードに使用したい人には非常におすすめできます。

【ペン】スラマーⅢ(5500)

バトルⅡと比較し、ワンランク上や位機種に位置しており、より大型魚とのファイトに最適なリールです。

安心のフルメタルボディからくる堅牢性はもちろん高いドラグ性能やIPX6相当の防水性能はアングラーにとっても非常に安心でき、実際に船に乗っても使用している人を多く見かけます。

同サイズのリールと比較し、リール自重が多少重いのが玉に瑕ですが、それ以外の性能はハッキリ言ってワンランク上の性能があります。

【テイルウォーク】クロシオ(33PGX)

国内釣り具メーカーであるテイルウォークが販売するオフショアスピニングリールです。

PEライン3号:300m巻けるラインキャパシティは近海ジギングで最も活躍する番手であり、またパワーギア仕様の為、ゴリ巻きし易く、魚に主導権を与えないでファイトを行い易くなります。

コスパとデザインの良さも相まって近年使用しているアングラーが増えてきています。

【テイルウォーク】クロシオ(43HGX)

PEライン4号:300m巻けるサイズにより、ヒラマサやカンパチと言った大型回遊魚向けにおすすめの番手です。

16㎏のドラグマックス値からパワーファイトもこなすことが出来、バーチカルの釣りでは、青物以外にも近年人気急上昇中のビンチョウマグロジギングにもピッタリです。

まとめ

いかがでしょうか。リールに関していえば価格と性能は比例しており、高価になればなるほど性能も高くなります。

しかしながら今回ご紹介した様に近年のエントリーモデルのリールは性能が高く、安心して使用出来ます。

是非1タックル用意してオフショアジギングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました