MENU

MHパワーのショアジギングロッドおすすめ10選!合わせるリールも紹介!

MHパワーのショアジギングロッドは、これからショアジギングを始める方におすすめの一本です。

青物の豪快なヒキに負けないパワーを持ち、適度に硬いブランクスはメタルジグのキャストに適しています。

ショアジギングはロッド選びが重要で、ジグの重さや対象魚に合わせてロッドの硬さを選ばなくてはいけません。

そこで今回は、汎用性が高いMHパワーのショアジギングロッドを紹介します。

合わせるリールのおすすめ番手も解説しますので、参考にしてください。

タップできる目次

MHパワーのショアジギングロッドが必要な状況とは

MHパワーはライトショアジギングと本格的ショアジギングの中間的な位置づけで、汎用性が高く様々な場面で活躍します。

小型~中型青物がメインではオーバースペックですが、60~80gのメタルジグで良型を狙う状況においては欠かせません。

汎用性の高さはMパワーも同様ですが、MHパワーの方が適度に硬くキャストしやすい設計になっています。

そのため、ナブラ撃ちなどはMHパワーのショアジギングロッドが最適と言えるでしょう。

また釣りにおいては、ロッドの余力が快適性を大きく変える要素の一つです。

通常のショアジギングであれば、Mパワーよりも余力のあるMHパワーが適しています。

MHパワーのショアジギングロッドを使うメリット・デメリット

MHパワーのショアジギングロッドを使った時、フィールドではどのようなメリットとデメリットがあるのか考えてみましょう。

メリット

適合ジグウエイトの幅が広い

ショアジギングは、キャストするメタルジグの重さによってロッドパワーを選ぶのが一般的です。

MHパワーは40~80g前後のメタルジグをキャストでき、Mパワーロッドに比べて適合ウエイトの幅が広くなっています。

またライトショアジギングから本格的ショアジギングまでをカバーし、大型青物とのファイトも問題ありません。

80gのジグを使うなら、MHパワーが最適な硬さです。

キャストがしやすい

汎用性が高いMHパワーのロッドは、メタルジグをキャストしやすいことが特徴の一つです。

適度に硬いブランクスの反発力を利用しての遠投が可能で、広範囲を探るのにも適しています。

ナブラやボイル発生時でも、適合するメタルジグであれば難なくポイントへキャストできるでしょう。

初心者は慣れが必要ですが、MHパワーは遠投しやすいロッドと言えます。

対象魚が広がる

小型~中型青物メインのライトショアジギングと、良型メインの本格的ショアジギングをカバーするのがMHパワーのロッドです。

適合するメタルジグの重さに幅があるため、多種多様なターゲットを狙うことができます。

MHクラスのブランクスはバットパワーも強く、不意の大型青物とのファイトも苦にしません。

ショアジギングの醍醐味を最も堪能できるのが、MHパワーのロッドと言えます。

オールラウンダー

初めてのショアジギングロッドとして最適だと言われる理由が、オールシーズン使えるという点です。

使えるジグの幅が広いため、最初から複数のショアジギングタックルを用意する必要がありません。

季節や対象魚に合わせてジグ重量を変えて釣ることで、コスパの良いショアジギングを楽しめます。

オールラウドとして通年使えるため、エントリーロッドとしておすすめです。

デメリット

軽量ジグに不向き

現在は40g以下の軽いメタルジグを使ったライトゲームも人気ですが、MHパワーのショアジギングロッドは軽量ジグは適合外です。

軽量ジグはロッドの反発力を利用したキャストができず、仮に使用したとしても飛距離が全く出ません。

40g以下のメタルジグは、ML~Mパワーロッドの出番と言えるでしょう。

あくまでMHパワーは、80g前後の重めのメタルジグに適しています。

ショートバイトが取りにくい

魚のバイトは釣果を挙げるための大きなファクターで、バイトチャンスから確実にフッキングへ持ち込むことが大切です。

MHパワーは適度に硬いセッティングのため、ロッド全体のしなりが悪くなる傾向があります。

そのためバイトを弾いてしまったり、特に初心者はショートバイトをなかなか取ることができません。

ショアジギングでは、バイトを弾かない感覚も身につけておきたいですね。

ロッドが重い

ショアジギングロッドは、ブランクスが硬くなるにつれて自重も増えていきます。

大型青物との豪快なファイトに耐える強さを備えるMHパワーのモデルは、初心者でなくともかなり重く感じます。

さらに長時間の釣行では、腕や全身が筋肉痛になったりすることがあるかもしれません。

キャストとジャークを繰り返すショアジギングは、腕力などの体力面も重要です。

MHパワーのショアジギングロッドはどんなリールが最適?

MHパワーのロッドを使うショアジギングでは、5kg程度の中型青物をメインに多種多様な魚がターゲットです。

そのため、青物とのファイトに耐える強度と耐久性を持つリールが必要になります。

基本的には、5000~8000番手の防水機能が高いスピニングリールを選んでください。

ギアは好みが分かれますが、糸ふけを素早く回収する必要があるショアジギングはハイギアが適しています。

ラインの巻き取り量が多いため、効率良く釣りを楽しむことが可能です。

ダイワのセルテートやシマノのツインパワーは、ショアジギングに適したリールですね。

MHパワーのショアジギングロッドおすすめ10選

【ダイワ】ジグキャスターMX(96MH)

長さ・硬さともにショアジギングのスタンダード仕様で、90gまでのメタルジグをロングキャスト可能です。

10kgクラスの大型青物とのファイトをも不安なくこなすスペックを持ち、ロッドの耐久性も申し分ありません。

細身で軽量ブランクスはメタルジグの操作性が良く、初めての一本に適しています。

キャストと操作性のバランスに優れたモデルです。

【ダイワ】ショアスパルタンスタンダード(106MH)

10ftを超える遠投仕様の本格派モデルで、適度に硬くてパワーのあるブランクスが特徴です。

本来はプラグを使用する設計ですが、90gまでのメタルジグにも対応しています。

ティップをしなやかなセッティングにすることにより、ジグの操作性を高めました。

中型青物をメインターゲットに、時に掛かる大型サイズとのやり取りもしっかりこなします。

【シマノ】ソルティアドバンス ショアジギング(S96MH)

初心者におすすめのエントリーロッドですが、上位モデルに匹敵するスペックを備えた人気シリーズです。

9.6ftレングスはキャストと操作性を両立し、MHパワーのブランクスは良型青物に対する強さを秘めています。

80gまでのメタルジグを無理なく遠投できるため、沖のポイント狙いも全く問題ありません。

オールラウンドモデルとして幅広く活躍できるロッドです。

【シマノ】コルトスナイパーXR(S100MH)

ショアジギングに必要な遠投性・軽さ・パワーに加え、シャープさを兼ね備えた期待のロッドです。

基本構造から細部にいたるまで、シマノ独自テクノロジーにより性能がさらなる進化を遂げました。

10ftの長さとMHパワーが、5kg以上の青物攻略をしっかりサポートしてくれます。

キャストとジグ操作のバランス重視のアングラーにおすすめのモデルです。

【メジャークラフト】クロスライド5G(XR5-962MH)

感度に優れた軽量ブランクスで、これからショアジギングを始める方にも使いやすいロッドです。

40~80gのメタルジグに対応するだけでなく、ミノーやペンシルを扱えるティップを搭載しました。

操作性と遠投性のバランスに優れ、ライバルを凌駕するポテンシャルを秘めています。

長時間キャストとジャークを繰り返すアングラーに優しい設計のモデルですね。

【メジャークラフト】三代目クロステージ ショアジギング(CRX-1062MH)

メタルジグの遠投に適したレングスと、大型青物とのファイトにも耐えうるパワーを備えた人気ロッドです。

足場の高いフィールドでのキャストに向いており、60g前後のメタルジグとは抜群の相性を誇っています。

長さを感じさせない操作性も好評で、上位機種に対して性能では決して負けていません。

これからショアジギングを始める方にもおすすめのエントリーモデルです。

【メジャークラフト】トリプルクロス ショアジギング(TCX-962MH)

ショアジギングロッドの先駆者として上品さと上級志向を備えながらも、コストパフォーマンスに秀でた特徴を持つロッドです。

9.6ftのMHパワーはスタンダード仕様として、ビギナーからベテランまで愛用されています。

使えるジグは40~80gと幅広く、ロングキャストも全く苦にしません。

様々なジャークに対応し、テクニカルな使い方のできるモデルです。

【ヤマガブランクス】ブルースナイパー ショアキャスティング(100MH)

抜群のブランクス性能を誇るヤマガブランクスの中核モデルで、120gのメタルジグまで適合するパワーロッドです。

一般的なMHクラスのロッドよりもキャスティング性能に長け、磯場での釣行に適しています。

復元力の強いブランクスと繊細なティップのバランスが良く、大型青物との力比べでも主導権を渡しません。

中型青物狙いに最適なハイエンドロッドです。

【アブガルシア】ソルティーステージKR-Xショアジギング(SXJS-962MH60-KR)

軽さとデザイン性で評価を受ける、アブガルシア製の人気ショアジギングロッドです。

使用頻度の多い40~60gのメタルジグを快適に操作でき、キャストとジャーク性能のバランスが良いセッティングとなっています。

長時間使い続けても、ロッドが軽いので疲れもほとんどありません。

ライントラブルが少なく、初心者用としても最適な一本です。

【パームス】ショアガンエボルブ(SFTGS-103H+・BL)

ショアキャスティングロッドに定評のあるパームスの人気モデルで、中型青物に対しての適性が抜群です。

Hパワー表記のブランクスは70gのメタルジグまで対応し、MHパワー相当の性能を持っています。

10ftレングスは遠投に適しており、サーフから磯までフィールドを選びません。

プラッキング併用で使うなら、コスパ力の高いロッドです。

まとめ

ショアジギングロッドは、MHパワーのモデルを基準に選ぶのがおすすめです。

オールラウンダーとして汎用性が高く、ラインナップも充実しています。

キャストと操作性のバランスが良い一本で、豪快な青物のヒキを楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる