MENU

太刀魚の電気ウキおすすめ10選!号数等の選び方も!

塩焼きやムニエルが美味しい太刀魚。

刺身や炙りなど新鮮な太刀魚を楽しめるのは釣り人の特権です。

陸っぱりや船などさまざまなフィールド、さまざまな釣法で狙える太刀魚ですが、夜釣りで電気ウキでの釣りは高い人気があります。

今回は太刀魚のウキ釣りに欠かせないといっても過言ではない電気ウキについて解説します。

号数などの選び方やメリット、おすすめの電気ウキなどをご紹介します。

ウキ選びの参考にしてみて下さい。

タップできる目次

太刀魚のウキ釣りに電気ウキは必須?

太刀魚は夜行性で、日中は沖の深いポイントにいます。

日が落ち始めると岸近くに回遊してきてエサを捕食します。

そのため太刀魚の釣りは夕方から夜間にかけてがメインの釣りです。

ダイレクトにアタリを取る釣りとは違い、ウキ釣りでは引き込まれるウキを見て魚の動きを判断します。

夜間は通常のウキでは見えないため、電気ウキが必須だといえるでしょう。

太刀魚釣りで電気ウキを使うメリット

先述の通り、太刀魚のウキ釣りは夜釣りがメインなため電気ウキは必須です。

電気ウキを使うことで夜釣りでもウキをはっきりと視認できます。

通常のウキに発光体をセットして使うことも可能ですが、バランスが崩れたり視認性が悪かったりとデメリットも多いものです。

電気ウキを使うことで、高いバランスで視認性のいいウキを使用できるということはメリットです。

太刀魚釣りに適した電気ウキの選び方

号数

太刀魚釣りでは2〜5号程度のウキをメインで使用します。

浮力が強すぎると食い込みが悪くなることがあるため、食いが渋いときは小さめの号数がおすすめです。

遠投をする場合は、オモリの重さに耐えられる浮力を有したウキが必要です。

狙いたい距離や、太刀魚の活性などを見極めて使用する号数を選びましょう。

形状

電気ウキに関わらず、ウキは形状によって性質が変わります。

主に棒ウキと中通しタイプに分かれます。

棒ウキはスリムな形状で引き抵抗が少なく感度が良いことが特徴。

長い形状なので視認性もよく夜釣りにおすすめです。

そのため太刀魚のウキ釣りでは棒ウキが良く使われます。

カラー

電気ウキのカラーは、オレンジやレッド、グリーンなどさまざまなものがあります。

基本的には好みで選ぶと良いでしょう。

ハイシーズンになると多くの電気ウキが海面に浮かんでいるような状況になる釣り場があります。

そのような釣り場の場合は、他の人が使わないカラーを使うことがおすすめ。

同じカラーを使うと目を離したときに自分のウキを見失ってしまいます。

周りと違うカラーを選ぶことで、ウキを見失わずにアタリを待つことが可能です。

太刀魚の電気ウキおすすめ10選

【富士灯器】太刀魚魂3号

富士灯器から販売されている太刀魚専用の電気ウキです。

涙型の流線型ボディと低重心化で高い遠投性能と、繊細なアタリをキャッチできる高感度設計。

自立ウキなので細かな浮力設定も不要で使いやすく、ビギナーにもおすすめです。

電池寿命約15時間で夜通しの釣りでも安心して使用できます。

【富士灯器】高輝度LEDウキ 烈光 Aタイプ5号イエロー

ケミホタルなどを販売しているルミカの電気ウキです。

Aタイプは引き込みやすいスリムな形状で細かいアタリの取りやすさにこだわった仕様。

引き込みの抵抗が少ないので、太刀魚の捕食を邪魔しません。

視認性の良い高輝度LEDを採用し視認距離は400mを誇ります。

イエローの発光で、ウキが並んだ釣り場でも自分のウキを見失わないのも特徴です。

【富士灯器】FF-CSL4Ⅱ 4号

富士灯器から販売されている、充実の機能を備えた電気ウキです。

高輝度赤色と緑色LEDの視認性抜群の2点発光式で、細かなアタリも見逃しません。

2つのLEDをカラーチェンジでき、4パターンの発光に変更可能。

自分が見やすいパターンを自由に変更することで、状況に合わせて対応できます。

夜釣りの太刀魚やアオリイカなどに最適です。

【富士灯器】FF-F30 3号

抜群の視認性を誇る富士灯器の電気ウキです。

トップ部分は視認性に優れた幅広のオーバルトップを採用。

LEDには超高輝度LEDを採用し、抜群の明るさを誇ります。

遠くまで流してもウキを確認できるでしょう。

15時間の電池寿命で長時間の釣りでも安心して挑めます。

【富士灯器】FF-15LGⅡ 5号

明るく見やすい富士灯器の電気ウキです。

リチウム電池2本仕様の6Vシリーズで抜群の明るさを誇ります。

2点発光タイプでさらに視認性がよく、繊細なアタリをキャッチできます。

5号のオモリに対応し、遠投も可能で遠くの太刀魚を狙えます。

遠投しても見失いにくくアタリもとれるおすすめの電気ウキです。

【富士灯器】FF-D30LG 自立3号

富士灯器の完全自立の電気ウキです。

超高輝度国産LEDを採用し、抜群の明るさを誇ります。

完全自立タイプで自重があり、高い遠投性能を実現。

仕掛けも安定するため、風や波のある状況で使いやすいためビギナーにもおすすめです。

【ハピソン】2点発光高輝度磯ウキ YF-816TF 3号

電気ウキをはじめ、灯具やエアポンプなどを販売しているハピソンの電気ウキです。

高輝度LEDを採用し、高い視認性を誇ります。

高い浮力でウキが安定し、並のある状況でも使いやすいのが特徴。

トップの先端と根元が光る2点発光式で、繊細なウキの変化も見逃さずアタリを捉えられます。

【ハピソン】赤色発光自立ラバートップウキ  YF-8602B 自立2号

ハピソンのスタンダードで使いやすい電気ウキです。

赤色の高輝度LEDを採用し視認距離は150mを誇ります。

破損に強いラバートップを採用し、堤防周りの使用でも安心。

自立タイプで自重もあるため、遠投性能が高く向かい風でも投げやすいです。

扱いやすいためビギナーにもおすすめです。

【ハピソン】白色発光高輝度LED自立ウキ  YF-882 自立3号

ハピソンから販売されている視認性の良い電気ウキです。

白色LEDを採用し、高い視認性を誇ります。

視認距離200mで遠くのポイントでもウキを見失いにくいのが特徴です。

自重があり遠投も可能。

自立ウキなので安定し、荒れた海でもウキを見つけやすいです。

【富士灯器】FF-CS3 3号

富士灯器のカラーチェンジ対応の電気ウキです。

キャップを回すだけで3色をセレクト可能。

状況に応じて素早くカラーチェンジができるため、ウキが並ぶ釣り場でもあなたのウキを見失いません。

単4電池仕様で自重もあるため抜群の飛距離を誇ります。

まとめ

今回は太刀魚の電気ウキについて解説しました。

さまざまなウキが販売されているため、釣りのスタイルや状況に合ったものを選びましょう。

太刀魚に電気ウキが引き込まれるさまは、とてもわくわくします。

お気に入りの電気ウキで太刀魚のウキ釣りを楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる