MENU

グレ釣り用ハリスおすすめ8選!号数や長さの選び方を解説!

グレ釣りは数ある釣りの中でも奥が深い釣りとなっており、アングラーによって様々な持論を持つことが多い釣りでもあります。

そんなグレ釣りで大切なポイントとして、ハリスの選び方が挙がります。

適切な号数や長さを選ぶ事によって釣果アップも狙う事が可能なので、ハリスの選び方がよく分からないという方は要チェックの内容となっていますよ。

おすすめのハリスを8個厳選しているので、お気に入りのハリスを見つけてください。

執筆者
籔本

はじめまして。 フカセ釣りをメインに楽しんでいます。 様々な情報をお伝えできる記事を執筆しますので、よろしくお願い致します。

タップできる目次

グレ釣りに適したハリスの特徴

グレ釣りで選ぶべきハリスの特徴としては、いたってシンプルです。

グレがハリスの存在になるべく気づかないレベルの細さであり、かつ適度な強度を持つハリスです。

グレは警戒心の強い魚であるため、ハリスが太くなると違和感が生じてしまい全く食わなくなってしまうという事がよくある魚です。

かといって細くしすぎると磯の岩場で擦れて簡単に擦れてしまってラインブレイクに繋がってしまうので、適度な強度も必要になってきます。

釣りをするフィールドで使用出来そうな細い号数を選び、かつ強度もしっかりとしたハリスを選ぶ事が出来ればグレにも違和感なく食わせる事も可能になるので、ハリス選びのポイントとして押さえておいてくださいね。

グレ釣りでハリスにこだわるメリット

食わせに特化した釣りを展開できる

グレ釣りではなるべく違和感のない太さのハリス選びが大切ですが、極力細くする事によって食わせに特化した釣りを展開する事が出来ます。

細いハリスは潮流の影響を受けにくく、より自然な動きで海中を漂ってくれるのでグレのみならず様々な魚を相手に食わせる事が可能となります。

釣果アップを狙いたい方は、ハリスにこだわる事が近道ですよ。

釣り場に応じた攻め方が出来る

ハリスは太さ選びももちろんですが、長さもこだわる事によって攻め方を変える事が出来ます。

ハリスは長い方が岩場に擦れたりしても安心感を得る事が出来、かつフロロカーボンの重さで馴染ませる事が出来ます。

かといって長すぎても扱いが難しくなってしまったりする事もあるので、釣り場に応じて攻め方を変えると釣果アップに繋がりますよ。

釣りが楽しくなる

ハリスにこだわると、頭を使って自分で太さや長さを選ぶ事になります。

この太さでもない、この長さでもない、その失敗を重ねて釣り場に適したハリスを導き出す事が出来た時の喜びは非常に大きいものです。

成功や失敗の経験を重ねると知識も豊富になってくるので、釣りが本当に楽しいものとなりますよ。

グレ釣りに適したハリスの選び方

号数

グレ釣りでのハリスの号数は、磯竿の号数や狙うグレが口太グレなのか、尾長グレなのかなど、堤防なのか、磯なのかなど、様々な事を考えて選ぶ必要があります。

口太グレであれば磯竿は1~1.5号の間で、ハリスは1.25~1.5号もあれば十分な強度を有しています。

磯でサイズが大きめのグレが多い場合は、ハリスを思い切って2号まで上げるのもいいですよ。

尾長グレであれば磯竿は1.5~2号の間で、ハリスは1.75~2号程度あれば問題ないかと思いますが、安心感を持ちたいのであれば2.5号や3号も検討してもいいでしょう。

尾長グレは強靭な引きを繰り出してくるので、細くして違和感をなくすというよりは掛かったら絶対に獲るという気持ちで狙う事が大切なポイントとなります。

長さ

グレ釣りでハリスの長さは人によって様々なポイントとなっており、短い人もいれば極端に長い人までいます。

グレ狙いのフカセ釣りであれば、長さは2~3ヒロ程度あれば十分問題なく釣りが出来ます。

10mハリスを取って00号のウキを使うと1000釣法というコマセと刺し餌を同調させやすい釣りをする事が出来ますし、短めのハリスにするとショートロッドでも扱いやすくなります。

こだわりを持つ事は釣りをする上で楽しみの一つでもあるので、自分にとって扱いやすい長さを選べばそれで問題はないので、基本の長さを2~3ヒロとして、様々な長さを試してみてくださいね。

安物は買わない

ハリスには様々な種類のものがあり、見た目は似たようなものばかりではありますがそれぞれメーカーによって性能が分かれています。

多くの方が最初に見るポイントとしては価格がありますが、注意してほしいのが安物を買わないという事です。

よくある例として、他のハリスよりもより多くのハリスが入っていて価格も安いというようなものです。

こういったハリスは一見お得感がありますが、簡単に切れてしまったりする可能性が非常に高いので、安くても1000円程度のハリスを選ぶ事を強くおすすめします。

せっかく掛けたグレをラインブレイクで逃したくないのは皆さん同じ気持ちなので、信頼出来るハリスを選びましょう。

グレ釣り用ハリスおすすめ8選

ダイワタフロンZα

ダイワのタフロンZαは、コスパに優れているハリスで、お財布に優しいのが嬉しいハリスです。

3号までなら巻き糸量が70mもあり、価格も抑えられているので長く使っていく事が出来ます。

もちろん強度は高く、しゃきっとした張りのあるハリスなので、初心者の方でも扱いやすいハリスとなっていますよ。

デュエルHDカーボンプロ100S

デュエルのHDカーボンプロ100Sは、大容量が嬉しい漁業者専用を謳うハリスです。

漁業者専用といっても一般の方が使える様なハリスで、強度もしっかりしています。

少し硬めなハリスですが、100mも使用する事が出来るためロングハリスを多用する方にとっては最高の相棒となってくれるハリスですよ。

デュエルパワーカーボンマックス

デュエルのパワーカーボンマックスは、プロアングラーの平和卓也さんも愛用している非常に強力でありながらもしなやかなハリスです。

磯場で絶対に切られたくない、絶対に獲りたいという場合の強い味方として使う事が出来るので、一つ持っておくと重宝するハリスとなっています。

シマノリミテッドプロ マスターフロロ タフマット

シマノのリミテッドプロ マスターフロロ タフマットは、価格こそ高めではありますがステルス性に優れたマッドグレーカラーを採用したハリスです。

ハリスを見切ってしまうグレを釣りたい時に役立つハリスでありながらも、強度も抜群に強いハリスとなっているので、尾長グレにも安心して使っていただけますよ。

シーガーJr.シーガー

シーガーのJr.シーガーは価格が大幅に抑えられたハリスで、少しでも釣り具に掛かる費用を抑えたいという方におすすめのハリスです。

安いから強度に不安があるという方もいらっしゃるかもしれませんが、シーガーが作るきちんとしたハリスなので、心配はいりませんよ。

筆者も鯉釣りでよく使いましたが、切られた事はほとんどありませんのでご安心くださいね。

シーガーシーガー エース

シーガーのシーガー エースは強さとしなやかさを備えた扱いやすさが魅力のハリスです。

価格も高くなく、がんがん使っていく事が出来るのが嬉しいハリスです。

もちろん、強度はしっかりと有しているので、魚の歯が擦れても簡単には切れないのもアングラーにとっては嬉しいポイントですよ。

シーガーシーガー グランドマックス

シーガーのシーガー グランドマックスは、ハリス界では多くの方が認知している最強に近しいハリスです。

強度は驚くほどに高く、結節強度や感度にも優れているのでどんな場面でも安心して使う事が出来ます。

価格は高めではありますが、遠征や大型の魚を狙う際などにぜひ使ってみてくださいね。

シーガーシーガー グランドマックスFX

上記で紹介したグランドマックスをさらに使いやすくするため、しなやかさをプラスしたハリスです。

張りのあるハリスでは使いにくい場合に役立つハリスで、強度も抜群に高くなっているのでここぞという場面で投入したいおすすめのハリスとなっています。

グランドマックスとグランドマックスFXの2種類を使い分けるのも面白いですよ。

まとめ

グレ釣りにおいてハリス選びはとても大切なポイントであり、面白いポイントでもあります。

こだわりを持って選び抜いたハリスはきっと釣果に結びついてくれるので、ぜひグレ釣りを楽しんでくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次