MENU

GT最強ロッドおすすめ10選!ショア用や3ピース竿も!

みなさんが一度は釣ってみたいと夢見るGT。

ジャイアント・トレバリーは、日本だけでなく海外でも人気のゲームフィッシュです。

ですが、日本で釣ろうとすると、沖縄など南方の海に行かないといけないので、なかなか機会がないですね。

釣りに行く機会がないと、釣るためのロッド選びにも苦労します。

そこで、GTを釣るためのおすすめ最強のロッドを10種類紹介したいと思います。

打ち込みやショア・オフショアなど、釣り方を分けて特徴や選び方を紹介しています。

コンパクトな3ピースロッドも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

タップできる目次

GT(ロウニンアジ)に使うロッドの特徴

釣り方問わず共通で求められるのが、ブランクスの強靭さとバットパワーです。

それを踏まえた上で、打ち込み竿は遠投が必要になるので、スピニングタックルが主に使われます。

ベイトタックルのようなキャストの正確さは必要ありません。

ショアからのルアーフィッシングは、ベイト・スピニングの両方のタックルが使われ、シーバスなどのソルトルアーゲームの延長の感覚ですね。

ルアーにアクションを加える必要があるため、操作しやすいようにタックルが小型化しているのも特徴ですね。

その分ロッドのパワーが落ちるので、GTにある程度走られてしまう覚悟が必要な釣りになってきます。

オフショアでは、キャスティングゲームやジギングなどがメインになってきます。

ショアよりも大型がヒットするので、打ち込み竿よりは小ぶりでショアのルアーロッドより強靭で重くなっています。

ただ、オフショアでもカヤックフィッシングなどでは比較的ライトなロッドで勝負できます。

GTに走られてもカヤックが動くので、そこまでパワーは必要ないんですね。

GTに適したロッドの選び方

では、GTに適したロッドの選び方には、どのようなポイントがあるのか紹介いたします。

長さ

打ち込み竿は、大体4~5メートルくらいを選ぶと良いでしょう。

長さが必要な理由は、根ズレの回避のため。

高い位置でファイトすることで、ラインが根でスレたりすることを回避しやすくなります。

また、高い位置から魚を引くことで、魚体を浮かせやすくなるので、早めに勝負を決めることもできますよ。

ジギングを含めたショア・オフショアルアーフィッシングでは、大体6~7ft(180~210センチ)くらいが使いやすいです。

ショアキャスティングの場合は、遠投が必要になることがあるので、8ft(240センチ)くらいが良いでしょう。

硬さ・対応ルアーウェイト

打ち込み竿については、錘負荷が20~55号のものが良いでしょう。

打ち込み竿は、キャストが必要なので、硬さとともにしなやかさも求められます。

あまりにも硬すぎるものは避けましょう。

ショア・オフショアのキャスティングでは、硬すぎるとキャストができなくなります。

硬さはMH(ミディアムヘビー)くらいがキャストもでき、パワーも十分なのでちょうど良いですね。

ジギングの場合は、ある程度柔らかさがないとジャークがとても大変。

MH(ミディアムヘビー)~ML(ミディアムライト)の間で、ロッドの調子とのバランスを見ながら選ぶと良いです。

調子

打ち込み竿には遠投できる性能が必要になるので、しなやかな胴調子がベター。

先調子すぎると仕掛けが投げられなくなるので注意してください。

ショアやオフショアのルアーフィッシングについては、基本ファストテーパー(先調子)の方がルアーアクションがつけやすいです。

ですが、ファストテーパーだとGTの引きに対応できないので、それを考慮して5:5のレギュラーテーパー(本調子)がベターですね。

メーカー

メーカーについては、シマノやダイワからは専用ロッドが出ていたりするので、この2メーカーから選んでおけばまず間違いはないでしょう。

ただ、これが全てではなく色々なメーカーが大型魚用のロッドを開発しています。

自分で、もっと良い自分にぴったりのロッドを探してみるのもひとつの楽しみですよ。

価格

GTロッドの価格帯は、大体3万円くらいからです。

高いものは5・6万するものも・・・

ですが、3~4万円台のロッドでも十分な性能を持っているので、十分GTに対抗できます。

特に初めての人は低価格のものから購入してみましょう。

GT最強ロッドおすすめ10選

それでは、GT最強ロッドのおすすめを10種類紹介いたします。

打ち込み竿やショアロッド・オフショアロッド・ジギングロッドなど、併せて紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【シマノ】グラップラー タイプC S80M

オフショアキャスティングでGTを狙うためのロッドです。

大型GTに対抗するためのシマノの技術を惜しみなく注ぎ込んでいます。

強靭でありながら、1日中キャストできるよう軽さにも配慮しています。

【シマノ】ゲームタイプJ B60-5

大型魚用ジギングロッドとして、パワーや軽さなどのトータルバランスの良さを意識したロッドです。

大型魚とのファイトを想定した強靭なバットパワーのジギングロッドでありながら、細身のロッドになっているので、軽くてジャークもしやすくなっています。

それだけでなくハイピッチからスローピッチまでいろんなジャークができるので、GTを誘って食わせるロッドです。

【シマノ】グラップラー タイプC 3ピースS82MH

オフショアキャスティングロッドのグラップラータイプCが、性能をほぼ落とさずに3ピースロッドになりました。

3ピースロッドのコンパクトさは、遠征などの釣行時にも威力を発揮します!

GTフィッシングのメッカである沖縄にも、気軽に最強ロッドを持って来れますね。

【シマノ】ボトムキング タイプG

ガーラやタマンなど、沖縄の強烈な引きの魚たちを釣り上げるために作られたボトムキング。

中でもタイプGは、その名の通りGT(ガーラ)を釣るための打ち込み竿です。

GTとのガチファイトで、強引に魚体を浮かせることができるほどのポテンシャルを持っています。

【ダイワ】ソルティガC 710-8

大型ヒラマサやGTを釣り上げるために作られた、パワーのあるキャスティングロッドです。

ロッドバランスにもこだわり、GTの引きに負けずファイト時の負担を軽減できるようになっています。

それだけでなくそのバランスの良さは、キャストし続けても疲れにくいので、まさにオフショアGT用のキャスティングロッドですね。

【ダイワ】OUTRAGE J60B-4

水深のある深場での大型青物を想定した、パワーのあるロッドなので、GTロッドとしても最適。

キビキビとしたジグアクションが可能なので、GTの捕食本能を確実に刺激し食わせます。

【ダイワ】ソルティガ エアポータブル C80-8

ダイワの大型魚用ロッドの代名詞である「ソルティガ」の性能をそのままに、持ち運びしやすい3ピースパックロッドにしたロッドです。

ロッドの長さを8フィートに限定しているので、キャストし続けても疲れにくい。

いろんなタイプのプラグを使いやすいようにロッドバランスを設計しているので、GTのトップゲームを楽しむことができます。

【ダイワ】バトルゲーム ガーラモンスター 12号

その名の通り、モンスター級のGTを釣り上げるために作られた、打ち込み専用竿です。

振出竿の継ぎ目で起きるパワーロスを無くすためのダイワ独自の技術が使われていたり、強靭で粘りのあるブランクスになっていたりと、その技術を惜しみなく注ぎ込んでいます。

このロッドで、夢の30キロオーバーのモンスターGTを釣り上げましょう!

【オルルド釣具】スーパーゴリルドBLUE

低価格で高性能が売りのオルルド釣具。

その中でも大物専用の「ゴリルドシリーズ」から出ている、GTにも対応できるパワーロッドがこちらです。

GT相手でもゴリゴリと引き寄せてこれるほどのロッドパワー。

初めての1本にオススメですよ。

【deps】HUGE CUSTOM

川に遡上してくるモンスターGTを、ルアーで釣り上げる「リバーGT」という釣り。

この釣りを沖縄で確立した宮城梓さんが、川で30キロオーバーのモンスターGTを釣り上げたのがこのロッドです。

性能をパワーに全振りしたと言ってもいいほどのパワーロッドで、GTを力でねじ伏せるためのロッドです。

まとめ

GTの釣り味は、一度味わってしまうと忘れられません。

もう一度味わいたいがために何度も釣行を重ねてしまいます。

その度にどんなロッドやルアーが良いかを試行錯誤していくのも、楽しみの一つですね。

自分の納得のいく最強の1本を手に、大海原に飛び出しましょう。

そのための参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる