【レイドジャパン】GI(グラビティインパクト)の特徴や使い方!

レイドジャパンは、オカッパリで使いやすく、非常に釣れるルアーを数多く開発し、非常に人気のあるメーカーです。

そんなレイドジャパン初のジョイントプラグがG.I(グラビティインパクト)です。

普通のミディアムヘビータックルで扱えることをコンセプトとして開発された、ビッグベイトにも迫る集魚力を持ったコンパクトハイアピールルアーです。

あらゆるフィールドで使いやすいスペックで、入手困難は確実と思われますので、気になるアングラーはすぐに予約する方が良いですね。

G.Iはどんなルアーなのか、スペックや値段など、特徴を解説していきます。

【レイドジャパン】G.Iのスペック

【レイドジャパン】G.Iの特徴

G.Iは、専用タックルではない、通常のMHタックルで投げられるお手軽さがありながら、ビッグベイト並のインパクトでバスを引き寄せるルアーです。

カバー際でのストップ&ゴーがG.Iの真骨頂であり、急潜行からのゆっくりとした浮上アクションがバスを引きつけます。

ハイレスポンスにセッティングされたウォブンロールアクションは、クランキングも得意としています。

メタルプレートリップは抜群の強度を持ち、ボトムノックで削れたり、折れてしまったりといった破損がありません。

また、金属を採用することでウェイトの役目をはたし、急潜行を実現しています。

オリジナルデザインのエラストマーテールが、ボディアクションと絶妙なバランスを保つことで、ルアー全体の艶かしいアクションを発生させています。

【レイドジャパン】G.Iの使い方

ストップ&ゴー

ブッシュ・オーバーハング・浮きゴミ・アシ際など、あらゆるカバー際でのストップ&ゴーがG.Iの主な使い方です。

カバー際にキャストし、勢いよくリーリングしたあとに止めることで、急潜行したG.Iがゆっくりと浮上します。

このアクションを繰り返すことで、カバーに潜んだバスを引きつけます。

ただ巻き

G.Iはジョイントボディのルアーです、さらにエラストマーテールの部分にもくびれがあり、ジョイントに近い形をしています。

これにより、ただ巻きでなまめかしいアクションを発生させます。

広範囲にサーチしていきたい場合には、ただ巻きも非常に効果的ですよ。

【レイドジャパン】G.Iにおすすめのタックル

ロッド

G.IにベストマッチなロッドはMHパワーのベイトロッドです。

G.Iの開発コンセプトは、専用ロッドを必要とせず、「手持ちのミディアムヘビータックル」で投げられることをコンセプトとしています。

MパワーやHパワーのロッドでもキャスト可能ですが、ロッドの調子(テーパー)や、キャストの仕方に気を付けるようにしましょう。

長さは、6.6フィートから7フィート前後のロッドが取り回しがよく、オススメです。

リール

G.Iはクランクベイトとビッグベイトの中間のようなジョイントベイトルアーです。

パワフルなルアーなので、ある程度の引き抵抗もあります。

使用するリールは、ギア比6.3のような「ノーマルギア」がベストマッチです。

巻物で多く使われるギア比5.5のような「ローギア」も適しています。

クランクベイトを使えるタックルをイメージすれば問題ないでしょう。

ライン

G.Iの開発コンセプトでは「14ポンド」の使用をメインとされています。

太すぎず細すぎずの、まさにバーサタイルに使える14ポンドを基準とし、カバーやバスのアベレージサイズを考慮してラインを太くするようにしましょう。

20ポンドラインでもしっかりとアクションするように設計されているので、ヘビータックルでも使用することができますよ。

まとめ

G.Iは、普通のミディアムヘビータックルで投げられることをコンセプトに、コンパクトボディにまとめられたジョイントプラグです。

コンパクトながら、ビッグベイトに迫るアピール力を持ち合わせ、バスを引きつけます。

待ち遠しい発売日は2021年8月末に予定されており、価格は4180円(税込み)となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました