MENU

フィッシュピックおすすめ10選!脳天締めがしやすい製品を厳選!

釣れた魚の鮮度を保ち、美味しく食べるために役立つ、脳天締めや神経締め。

近年では脳天締めや神経締めをする釣り人が増え、各メーカーからもさまざまなグッズが販売されるようになりました。

しかし、どのような道具が脳天締めに最適が悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、脳天締めにおすすめのフィッシュピックを紹介します。

神経締めワイヤーがセットになった商品も紹介するので、ぜひご参考にしてください。

タップできる目次

フィッシュピック(脳天締めピック)とは

フィッシュピックとは、アイスピックのように先端が尖った形状で、魚の脳に突き刺して脳天締めをする道具です。

魚の種類によりますが、目と目の間やえらぶたの内側の線の上にある窪みにフィッシュピックを刺して使用します。

脳天締めができると、魚の口がグッと開いたり、目の色が変わったりするので、目安として覚えておきましょう。

また脳天締めは魚を釣り上げて最初に行う処理です。

脳天締めをしてから血抜き、神経締めの順番で行い、クーラーボックスで冷やすこむ流れが一般的になります。

脳天締めをすると、魚の鮮度を保った状態で持ち帰ることが可能になり、より美味しい魚料理を楽しめます。

フィッシュピックを使うメリット

魚の身にダメージを与えない

フィッシュピックで魚を脳天締めすると、魚が暴れなくなります。

そのため、クーラーボックスやバケツのなかでも暴れず、魚に傷がつくのを防ぎます。

魚がバタバタと暴れると、打ち身のようになり、せっかく釣り上げた魚の身にダメージを与えることも。

魚を釣り上げたらなるべく早めにフィッシュピックで締めて、暴れないようにしておきましょう。

魚を美味しく食べられる

釣りたての魚にはATPと呼ばれるエネルギー源が豊富にあります。

そのATPが分解されるとうまみ成分であるイノシン酸が生成されるため、ATPが多い、釣り上げてすぐに脳天締めする必要があります。

フィッシュピックで素早く簡単に脳天締めができると、魚を熟成したときにも相性抜群。

特に根魚が釣れたときには熟成するためにも脳天締めを試してみてください。

フィッシュピックの選び方

形状

フィッシュピックには、先端からハンドルまで直線になっているタイプと、T型のハンドルがつけられているタイプがあります。

なかでも一般的なのが先端からハンドルまで直線になっているタイプで、多くの人が使用しています。

このタイプはコンパクトに折りたためるモデルもあり、持ち運びにも便利です。

一方、ハンドルがT型になっているタイプは、力強く操作できる利点があります。

そのため、大型魚や骨が硬い魚の脳天締めをするときに最適。

真鯛や青物用に購入する場合には、T型のハンドルがつけられた商品をおすすめします。

また手鉤と呼ばれ、先端が尖った鎌のような形状で、脳天締めができる商品も販売されています。

付属品

フィッシュピックには便利な付属品がつけられている商品があります。

特に人気が高いのが、神経締め用のワイヤーがつけられた商品です。

フィッシュピックの先端が注射針のように筒状になっていて、その穴に神経締めのワイヤーを通せるものもあります。

そのような商品を購入すると、難易度が高い神経締めもスムーズにでき、時間短縮になります。

締めると時間がかかるからと敬遠していた人でも、時間短縮できると試してみたいとなるのではないでしょうか。

神経締めも素早く簡単にやりたい人は、ぜひフィッシュピックとセットになっている商品をチェックしてみてください。

フィッシュピックおすすめ10選

【ダイワ】フィッシュピック85

ダイワが販売している釣り人の間で定番となっている、大人気のおすすめ商品です。

オーソドックスな形状をしたフィッシュピックで、誰でも扱いやすい点が魅力といえます。

ハンドルを折りたためる機構で、尖った先端をカバーして安全に持ち運べます。

魚を脳天締めするときはもちろん、オキアミのブロックを崩すときにも最適です。

【ダイワ】フィッシュピックライト

ダイワが販売するT型のハンドルを採用し、力強く操作して脳天締めができるおすすめの商品です。

先端はテーパー仕上げとなっていて、刺さりやすさも抜群。

骨が硬い魚でも簡単かつ楽に脳天締めができます。

先端を保護するキャップつきで、スクリューで固定できるようになっているため、不意に開く心配がありません。

【ベルモント】FISH PICK 一撃

釣り用品やアウトドア用品を販売している人気メーカーのベルモントがリリースするおすすめの商品です。

T型で大きなハンドルが採用されているため、小物だけでなく、大物でも楽々と脳天締めができます。

日本製で品質が高く、重量が62gとT型ながら軽量な点も魅力的です。

またピックを持ち手に収納し、コンパクトに持ち運べます。

【ベルモント】活け締めピック

ベルモントが販売する1000円前後と低価格ながら、大型魚に対応できるおすすめの商品です。

ロングとショートの2種類があり、ロングではブリクラス、ショートではワラサクラスにまで対応できます。

錆に強い18-8ステンレスを使用しているため、長期間愛用できる点が魅力的です。

また先端にはガードバネ付きで、安全に持ち運べます。

【タカ産業】MINI神経絞め&エアー抜き

コスパに優れた商品を販売し、人気があるタカ産業のエアー抜きにも対応しているおすすめの商品です。

脳天締めをするピックとして使用する場合には、メバルやアジといった小魚に最適。

先端は注射針の形状になっているので、刺さりやすさ抜群です。

また持ち手にピックを収納でき、コンパクトに持ち運べる点も魅力といえます。

【舞網工房】〆・しめピック

神奈川県秦野市に拠点を置き、マグロや真鯛、アカムツなどのロッドを販売している舞網工房のおすすめ商品です。

マグロやカンパチ、ヒラマサといった大型魚に対応しているフィッシュピックで、高い強度を誇ります。

パッケージの裏面には魚種別の使い方が記載されているので、初めて大型魚に使用する人でも安心して脳天締めできます。

【YOSHIMI】形状記憶合金神経絞め 鮮度たもつ君

形状記憶合金の神経締め用のワイヤーで有名な吉見製作所が販売する、ピックとワイヤーがセットになったおすすめ商品です。

脳天締めと神経締めができるアイテムがセットになっていて、別途ハサミやナイフがあると血抜きから神経締めまですべて賄えます。

ピックはもちろん、ワイヤーの作りが良く、神経締めもしたい人には特におすすめできます。

【ルミカ】神経絞め ミディアム

ケミホタルで有名なルミカが販売している脳天締めと神経締めの両方ができるおすすめのセット商品です。

注射針のような形状をしたピックとワイヤーがセットで、ワイヤーをピックの穴に通して簡単に神経締めできます。

神経締めのワイヤーが長さ60センチのメディアムサイズは、シーバスやハタ、真鯛に対応しています。

【プロマリン】締めカギ造

コスパに優れた釣具を数多く販売し、初心者からベテランまで幅広く人気があるプロマリンが販売するおすすめの商品です。

握り込みやすい形状をした柄にはラバーが巻いてあり、滑りにくく、力強く操作できる特徴があります。

またピックには厚みのあるステンレスを採用し、大物に対しても楽々と脳天締めができます。

【ナカジマ】手かぎっ子

ウキやエギ、釣り用の小物を販売するナカジマがリリースしているおすすめの手鉤です。

握り込みやすい形状をした天然木の柄を採用し、抜群の使いやすさを誇ります。

ピックの形状は曲がっていて、脳天に刺して軽く回すと簡単に脳天締めができます。

ステンレスを採用し、使用後真水で洗えば錆が発生しにくく、長期間愛用できる点も魅力的です。

フィッシュピックは100均などで代用品はある?

フィッシュピックは100均で購入できるアイスピックでも代用可能です。

だたし、脳天締め専用の商品とは違い、先端を保護するカバーがない場合が多いため、キャップを別途用意する必要があります。

アイスピックは錆びやすい場合があり、先端も劣化しやすく、鋭い状態をキープしにくいです。

また柄に木材が使用されているアイスピックは、水を吸い込みやすいものが多く、ニオイが落ちにくい場合も。

そのため、アイスピックでも代用できますが、基本的には専用品を購入することをおすすめします。

専用品は錆びる心配も少なく、先端の強度も高いので、安心して長期間使用できます。

まとめ

今回は、脳天締めに使用するおすすめのフィッシュピックを紹介しました。

フィッシュピックで脳天締めした魚は鮮度抜群、近年注目を集めている熟成にも相性抜群です。

フィッシュピックを導入し、より美味しい魚料理を堪能しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる