MENU

人気なエギングギャフおすすめ12選!激安も!タモとの違いは?

エギングで掛かったイカを確実にランディングさせるには、専用のギャフを使うのがおすすめです。

特に大型サイズのイカを取り込む時は、ラインが重みで切れたり、タックルが破損しかねません。

そういったリスクを回避して、釣果アップに役立つツールとして人気なのがギャフです。

そこで今回はタモとの違いを解説しながら、おすすめのエギング用ギャフを紹介致します。

激安モデルもありますので、ギャフ選びの参考にして下さい。

タップできる目次

エギングで使われるギャフとは?絶対に必要?いらない?

ギャフと言えば太い針が一本の、主に青物などに使う魚用を思い浮かべるのが一般的です。

それとは別にエギングに使われるギャフは、先端の針が4~8本装備されています。

タモよりも軽くてコンパクトなので、足場の高いフィールドでのランガンには欠かせません。

取り込みに不慣れな初心者は、エギング用ギャフが一本あることで安心感も違います。

またロッドに余計な負荷をかけないためにも、海面まで距離がある時はエギング用ギャフの使用がおすすめです。

エギングでギャフとタモの使い分け

ギャフを使うメリット・デメリット

エギングギャフ最大のメリットは、何といっても軽量かつコンパクトで使い勝手の良さが挙げられます。

ランガンを多用するエギングにおいて、タックルとしてのギャフの持ち運びやすさは必須条件と言えます。

またタモよりコンパクトなため、アオリイカなどのターゲットが警戒することもありません。

ただし取り込み時に針でイカの体を刺すので、リリース前提の釣りには不向きです。

また初心者は使い方に慣れが必要で用途も限定されることから、コスパにも注目して商品選びをしたいですね。

タモを使うメリット・デメリット

用途を限定せずに使えるタモは、エギング以外の釣りにおいても重宝して初心者にも使いやすいのがメリットです。

またイカの体を傷つけずに取り込む点では、ギャフよりも圧倒的に適しています。

逆に取り込み時にイカの足がタモ枠に引っ掛かりやすいのが難点で、身切れしてしまうことも少なくありません。

タモを見てジェット噴射で逃げるイカもいるので、使い方には注意も必要ですね。

エギングギャフの選び方

長さ

エギングに適したギャフは、フィールドの足場の高さに合わせて長さを選ぶことが重要です。

一般的な釣り場では3m前後、足場の高い堤防や磯では4~5mの長さが必要になってきます。

シャフトが短すぎて、水面にギャフが届かない状況は絶対に避けなければなりません。

ギャフは製品によって長さは異なるので、よく行くフィールドの高さを考えて最適なモデルを選んで下さい。

重さ

タモより軽く片手で使えるギャフですが、エギングではより軽量なギャフの使用が有利です。

時としてランガンをメインに釣り場を移動するエギングは、ギャフの持ち運びの便利さを考えなくてはいけません。

ギャフは長さに比例して重くなるので、同じ長さのモデルを実際に持って重量比較することが大切です。

持ち運びの苦にならず、片手で使いやすい重さのギャフを選んで下さい。

タイプ

ギャフにはランディングシャフトと一体型のモデルと、タモ用ランディングシャフトに取付けるモデルの2タイプがあります。

一体型タイプはシャフト内にギャフが収納され、針が出ていないので初心者でも安全性に問題は起きません。

コンパクトで持ち運びに便利で、振出し式のシャフトを伸ばして使います。

タモ網のシャフトに取付けるタイプは、サイズがコンパクトで価格が安いのが特徴的です。

ランディングシャフトを持っていれば、針部分のみを購入して使えるのがいいですね。

人気なエギングギャフおすすめ12選

【プロマリン】PGランガンイカギャフ300

一般的な高さのフィールドに十分な3mサイズのギャフで、仕舞寸法28cmのコンパクトさが人気です。

持ち運びがしやすくランガンにも便利なので、エギングタックルとして欠かせません。

振出式のギャフは伸ばすだけで使えるため、初心者用としても適しています。

手頃な価格で購入できるため、コスパ重視のアングラーにおすすめのモデルです。

【TAKAMIYA】H.B concept ラストウィニング ランガンイカギャフ500

水面までの距離がある足場の高い堤防や磯での使用に適した、長さ5mのロングタイプです。

小継で軽量コンパクトな設計でショルダーベルトが付いているため、ランガンスタイルに適しています。

ギャフ先端に蛍光イエロー色を採用し、視認性の面でも問題ありません。

6本の針で大型サイズのイカも確実にキャッチする、激安モデルの一つです。

【TAKAMIYA】H.B concept ラストウィニング ランガンイカギャフ360

カラビナ付きでランガンスタイルとして使え、リーズナブルな価格で買い求めることが可能なモデルです。

エンドキャップにエア抜き穴が装着され、片手での振出しもスムーズに行えます。

3.6mの全長は一般的な堤防やテトラ帯で使うのに最適な長さで、使い勝手も申し分ありません。

ギャフの出し入れ時に注意は必要ですが、初心者にも適したモデルです。

【カツイチ】IKAクラ イカギャフ(IP-30)

自前のランディングシャフトに取付けるタイプで、確実に取り込むために専用設計されたギャフです。

特にヤエンでの使用で効果を発揮しますが、通常のエギングに使っても全く問題ありません。

一人での取り込みが難しい状態でも、放射状に広がった針がアオリイカをしっかりキャッチしてくれます。

カンナに定評のあるカツイチならではの性能を堪能して下さい。

【遠里釣具】超小継フライデー イカギャフ300(ori-951858)

全長3mでありながら、10本継で仕舞寸法38cmのコンパクトさが人気のエギングギャフです。

グラス繊維を使った本体は耐久性も抜群で、デカイカを掛けても折れる心配がありません。

6本仕様の先端フックが、アオリイカを全方位から確実にキャッチしてくれます。

性能に対して激安な価格設定で、コストが気になる人の心をくすぐるモデルです。

【GLORY FISH】GF イカギャフ3 360(um-975962)

コンパクトに仕舞え、カラビナ付きで様々な所に引っ掛けれるおすすめのイカ用ギャフです。

一般的な3mサイズより60cm長く、海面に届かないといった失敗も起きません。

振出し時の滑り具合も良く、使用後に水洗いすることで長く愛用すすることもできます。

ランガンを多用するエギンガーに最適で、キロアップサイズを取り込むための必需品です。

【大阪漁具】スキッドギャフミニ350(SQGM35)

コンパクトならではの機動性を活かし、ランガンエギングのアイテムとしておすすめのギャフです。

振出式の本体は6本継の超小継仕様で、カラビナ付きは携行性にも優れています。

3.5mと短めの全長にすることによって、片手でも抜群の操作性を実現しました。

コスパと操作性の良さで、これからエギングを始める人にもおすすめのモデルです。

【タカ産業】Short Gaff390(CN-100)

軽量で使い勝手が良く、ランガン時の持ち運びも便利な人気のエギングギャフです。

大きめの4本針は収納時にスッポリ収まる安全設計で、移動時にケガ等をするリスクもありません。

ギャフ先端がホワイト色で視認性が良く、ナイトエギングで使うのも適しています。

価格的に安くはありませんが、高性能モデルとして初心者にもおすすめです。

【タカ産業】ロープT リールロープギャフ付き

メインで使用するギャフと言うよりも、一つタックルボックスに忍ばせておくと便利なアイテムです。

最大7m伸ばせるロープの先端にギャフが装着され、アオリイカのランディングにも使える優れものです。

ハンドルは巻き取りがしやすい構造で、使い心地も申し分ありません。

ロープなので慣れが必要ですが、激安価格が見逃せないモデルです。

【SANLIKE】Windstorm Gaff5m

足場の高い堤防や地磯での使用を想定した、5mのロングサイズが特徴のエギングギャフです。

長くても操作性が良いため、引き寄せたアオリイカを確実にランディングまで持ち込めます。

仕舞寸法が59cmと短く、ランガンで移動する際の持ち運びも苦になりません。

ロッド並みのカーボン含有率で強度と軽さに優れ、コスパ力も高いモデルです。

【第一精工】オートキングギャフ550X

アオリイカ専用のギャフとして、数あるモデルの中でも最高峰に位置するハイエンドモデルです。

ボタン操作でキャップが開き、振り出すことでギャフが出てくるので、手を針付近に持っていく必要がありません。

使っていない時はコンパクトに仕舞えるため、ランガンスタイルにも適しています。

多機能な高性能モデルとして、多くのエギンガーから評価を得るギャフです。

【第一精工】オートキングギャフCS300

エギングのランガンスタイルに合わせて設計された、コンパクトでスリムな持ち運びしやすいギャフです。

移動時、不用意にギャフが飛び出るのを防ぐカバー付きで、安全への対策もしっかり施されています。

付属のカラビナはベルト通しやバッグに装着でき、機動性も申し分ありません。

機能と軽さ、コンパクトさを両立したスタンダードモデルです。

エギングギャフの使い方

エギングでギャフを使う場面は、イカが掛かって手前に引き寄せたタイミングで訪れます。

片手でギャフを振出し、引き寄せたイカを海面で引っ掛けるのが基本的な使い方です。

その際に足やエンペラーに引っ掛けると、イカは簡単に外れてしまうので注意しなければいけません。

イカを引き上げる時は、手前に引く感じでシャフトが海面と平行にならないようにして下さい。

ギャフは伸ばすタイミングと引っ掛ける位置、そして引き上げ方を覚えることで簡単に使えます。

エギングギャフの自作はできる?

釣り場では、カスタムや自作したエギングギャフを見かけることがあります。

特に小型サイズのエギングギャフは部材を手に入れることが容易で、自作も可能です。

先端の針は釣具店にあるカンナをそのまま使えるので、後はシャフトと柄の部分を揃えるだけで構いません。

長さ的に30~50cmのギャフであれば自作も可能なので、是非チャレンジしてみて下さい。

ただし、振出し式の自作は難しいため、持ち運びできる長さに留めておいた方が無難ですね。

まとめ

エギングギャフは、アオリイカの確実なランディングのために必要なタックルです。

エギングはランディングツールも豊富で、長さや機能の異なる製品から最適なモデルを選べます。

使い勝手の良いエギングギャフで、キロアップのランディングを目指して下さい。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる